コラム_2021.1.31

 NHKのBS1スペシャル「中国“改革開放”を支えた日本人」を偶然、再放送で見ました。土光敏夫さん、稲山嘉寛さんという二人の経団連会長、コマツの河合良一会長など財界トップ、そして、わが師匠・大来佐武郎先生が登場されました。番組のハイライトは、コマツがTQCを指導したこと、そして新日鉄の宝山製鉄所の建設プロジェクトでしたが、「信頼」の重要性を改めて痛感しました。そして、今、それが失われてしまったことが残念でなりません。
 日本が戦後の混乱期に行った物資の配給から、傾斜生産、所得倍増計画、全国総合開発計画へと連なる経済政策の知見などを、中国の政策担当者に伝授する「日中経済知識交流会」が番組の後半に紹介されました。僕は、1985-86年にその事務局の末席でお手伝いしていたのです。1993年に亡くなられた大来先生とテレビ越しに「再会」できて、感激しました。
 日本側も中国側も主要メンバーの方々は鬼籍に入られていますが、土光さんのように言うべきことは直言しつつも、大来先生のように先見性をもって、日中協力を深化させるような仕事がしたいものだと思いました。

(1/31 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.1.27

 「空気の暴力」! なんと重い言葉でしょう。
最初に脳裏に浮かんだのは、人事権を持ったボスが「少しでも異をとなえようものなら飛ばすぞ」という暗黙の圧力をかけて、考え方の多様性を封じ込めて、誰もがおかしいと思っている変な方針がまかり通ってしまう状況です。
 そして、その延長線上に、ネット言論があり、誰かターゲットが定まったら袋叩きにする風潮が蔓延しています。おそらく太平洋戦争に突入する前の日本には、そんな空気が流れていたのだと思います。
 松下政経塾の後輩である物江潤君が書いた「空気が支配する国」(新潮新書)は、まさにこうした状況に警鐘を鳴らした一冊。まだお読みでない方には、ぜひ手にとっていただきたいです。
 「空気の暴力」に沈黙していると、次第に「どうせ何をやっても」という、学習性無気力が広まります。これが本当の危険です。テラルネッサンス創設者である鬼丸昌也さんの「僕たちは微力かも知れないけれど無力ではない」という言葉を僕は信じています。
 「ほめ言葉のシャワー」や「価値語」といった菊池省三先生の実践や、NPOハロードリーム実行委員会の「笑顔のコーチング」、探究学舎の「子育てコーチング」など、ポジティブなエネルギーをできるだけ多くの人々に届けたいと願っています。「空気を良くする」活動を広めていきたいです。
https://www.facebook.com/photo/?fbid=2036296669845225&set=gm.3519089704807519

(1/27 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.1.25

 京都芸術大学の尾池和夫学長は、日本を代表する地震学者(元・京大総長)であると同時に、「俳人」としても活躍され、「氷室」を主宰されています。角川書店の月刊「俳句」で「日本の俳人100」に選ばれています。文武両道ならぬ「文理両道」をきわめていらっしゃる方です。
 その尾池先生の新著「季語の科学 」(淡交社)がamazonで予約可能になりました。考えてみれば、僕たちが季節を感じるのは、地球が太陽の周りを公転しているからこそもたらされる天文学的な現象。季語の中には、雪や雨、風、雲といった気象用語がふんだんに含まれています。
 また尾池先生の句には、断層や褶曲山脈、河岸段丘、など、他の作家は滅多に使わない地学用語が登場します。こうした地形は、長い歴史を映し出すタイムマシンのようなもので、現在の形の奥に、造山運動やプレートテクトニクス、風雨による浸食などを見ていらっしゃるのでしょう。
 科学者と俳人は、アプローチは違えど、自然を観察するということにかけては、共通するものがあるのだと考えます。
ポチしました!
https://www.amazon.co.jp/dp/4473044580/

(1/25 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.1.23

 明日1/24の18時から、馬場 雄基君の主催による連続講座の一回目を僕が担当します。彼は松下政経塾の後輩で、福島で地域コミュニティの力を引き出し高める活動を推進しています。
 テーマは「未来の授業づくり」。ライブ・エデュテーナーを自称する本間正人としては、楽しく進行したいと思っております。ご都合合えばぜひ。
https://onefukushimadlec.peatix.com/

(1/23 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.1.17

 パレスチナの難民キャンプでは、新型コロナウィルスへの対応がきわめて困難な状況があります。手を洗う水にさえ事欠く場所では、感染予防のためにマスクが切実に必要です。
 日本でも、陽性者数の上昇にブレーキがかかりませんが、人類共通の課題として考え取り組むことが大切だと思うのです。感染者が増えれば、変異の可能性も高くなりますし、地球上に無関係ことなんて何もないのだと考えます。
 NPOあおぞらの葉田甲太さんの想いから始まったこのプロジェクトにご協力をお願いします!

https://readyfor.jp/projects/aozora4

(1/17 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.1.17_2

テレビ朝日「#サンデーステーション」で #N高 の特集が組まれてました。高校の整理統廃合が進む中、オンラインで多彩な授業が行われ、自分のペースで学習できる #通信制高校 は、教育の未来の一つの形であることは間違いありません。すでに、生徒数15800名とのこと。コロナの影響もほとんど受けてないのがすごいところです。

 #京都芸術大学附属高校 は、#広域通信制 と言っても関西限定ですが、アートやデザインに関心を持つ中学生にとって有力な進路選択肢となるように頑張っていきたいところです。

(1/17 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.1.16

 1月30日(土) 17:30~20:30、zoomで開催します。
「これからの時代におけるARTの役割と共創の可能性」
というテーマのイベントを、なんと松下政経塾が主催。それは、東京藝術大学大学院を修了し、作品がお買い上げになった重岡晋君が政経塾に入塾し、アートを活かした地域おこしや、企業研修のあり方を探究し実践してきたから。彼が3月の卒塾を控えて、その集大成を発表する機会です。本当は京都で対面で実施する予定でしたが、オンライン開催になりました。でも、だからこそ、全国、どこからでもご参加いただけます。
 ご関心のある方、ぜひ!
https://www.mskj.or.jp/event/event582.html

(1/16 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.1.13

 去年も今年も「成人の日」の三連休は「地域学」の集中講義でした。去年は、大学近辺で「市内観察」のミニフィールドワークができたけれど、今年はオンライン。写真をアップしたとしても、zoomの画面になっちゃいます。
その分、実用重視というか、これから新しい街で就職する学生と一緒に、賃貸住宅を探すワークとか、ハザードマップを検討するとか、自社のクライアント候補を検討し、地域の特性を活かした営業戦略を考えるとか、コーチング&ケーススタディが中心になりました。教科書に書いてあることよりも面白かったのではないかしら?
 また、山形県遊佐町、沖縄県久米島町で地域おこし協力隊員として活躍してきた福岡要さん、千本桜で有名な奈良県吉野町で「シダ」を活かした観光開発に取り組む木下茉美さんをゲストスピーカーにお招きし、他では聞けない話を語っていただきました。ありがとうございました!
 彼らが、京都芸術大学を巣立った後も、最新学習歴を更新し続け、自分らしく活躍してほしいと願っています!

(1/13 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.1.12

「ビリギャル」本人 小林さやかさんが、朝日新聞でインタビューされています。数年前、NHKだったかなあ、センター試験の前日くらいに、さやかさんと和田秀樹先生が出演していて、和田さんは受験スキルみたいなことを縷々お話しになる一方、さやかさんは不安を感じる受験生の気持ちに寄り添うコメントを語っていて、とても対照的だったのを覚えています。
 「心と心の通い合うコミュニケーション」の大切さを、企業研修でも、大学の講義でも強調するのですが、現職の政治家、政府高官にもニーズがあるなあ、と痛感する今日この頃です。

(1/12 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.1.11

【社会貢献を志す大学生、若手社会人必見】松下政経塾のオンライン説明会を 1/20(水)19:30からzoomで行います。2022年4月の入塾を考えている現3年生だけでなく、応募時38歳まで出願可能です。
https://www.mskj.or.jp/event/event591.html
 今回は卒塾して3年目の35期生のトークセッションがメイン。写真の左端は、昨秋、初当選した広島県三原市長の岡田吉弘さん、もともとロボットの研究をしていました。中央の木村誠一郎さんは工学博士で離島エネルギー研究所代表理事。洋上風力発電のエキスパートで日本をエネルギー輸出国にする壮大なビジョンのために奮闘しています。右の山本将さんはNPO法人トイボックス 箕面事業部マネージャーとして、子どもたちの学びの機会を担保するために地域で活躍中。
 塾生としてどんな学びがあったのか、卒塾後、どのように最新学習歴を更新しているのか、していくのか、語っていただきたいと思っています。参加者の皆様からの質問も大歓迎です。
https://www.facebook.com/mskj.or.jp/posts/3629092913792896

(1/11 Facebookに投稿された記事です)