メルマガ2019年3月号

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
    らーのろじすと
      2019年3月号
ゴールデンウィークのご案内
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 今年のGWは最長10連休と言われていますが、4/29-30は「英語学習コーチ養成認定講座」を、5/2-3は「研修講師塾」を東京で開催します。どちらも2日間の集中コース。
 日本には英語に対して苦手意識を持っている人が多いのですが、それは学校の「英語教育」で教わるモードでは、発話能力が育たないのが大きな原因です。言葉は自ら学ぶもの。しかし、一人では方法がわからなかったり、根気が続かなかったりすることも多いのでコーチングと組み合わせるのが効果的です。英語学習コーチは、英語や英会話を教えるのではなく、クライアントの自律的な英語学習計画策定をサポートし、それぞれの目標実現を応援する役割です。エッセンシャルマネジメント・スクールの西條剛央先生が主宰されている「レベレスト」もコーチングがベースになっています。2日間でその基礎を身につけていただきけます。
 一方、研修講師塾は、様々な専門分野の方が参加する学び合いの場になります。冒頭に「参加の目的」について1分スピーチをしていただき、それぞれの人のニーズに対応しながら、フレキシブルに進行します。トータルとしては、ファシリテーターとしての力量が上がる用に仕上げますので、どうかふるってご参加下さい。
 また、3/22は京都で増原ひろこ先生の「大学教職員のための LGBT 学生対応セミナー」、3/30は東京で成瀬まゆみ先生とトークライブ「これまでの教育、これからの教育」を開催します。
 今年の春からGWにかけて、みなさまが最新学習歴を楽しく豊かに更新されますように!
                    (本間正人)

+++++++++++++++++++++++++++++
■英語学習コーチ養成認定講座
日時・場所
2019年4月29日(月祝)10-17時
2019年4月30日(火祝)10-17時
【2日連続でご参加いただくプログラムです】
貸会議室・内海(JR・メトロ水道橋駅徒歩3分)

プログラム内容
a) 学習学の基本の考え方
b) 英語学習の体系
c) 学習スタイル論
d) コーチングの基本スキル
e) 学習者の学習意欲を高めるために
f) 英語学習コーチの心構え
g) コーチング実習
h) 英語学習方法論
i) 英語学習リソースの研究
j) 実践的ロールプレイ
k) 面接試験により「特定非営利活動法人 学習学協会」が資格を認定します。

参加費
162,000円(税込)*事前に所定の銀行口座にお振込下さい。

※ 今回は、EMSゼロ期生及びスタッフの方は50%割引の税込81,000円でご参加いただけます。

https://www.facebook.com/events/1009064782616045/

+++++++++++++++++++++++++++++

■研修講師塾 ファシリテーション・スキル編
 本講座は、2日間の短期集中プログラムにより、企業・自治体・学校・組織・地域などの現場で、すぐに活用できるファシリテーション・スキルを伝授することを目的とします。

日時
2019年5月2日(木)10-17時
2019年5月3日(金)10-17時
【2日間通してご参加いただくプログラムです】
貸会議室・内海(JR・メトロ水道橋駅 徒歩3分)

プログラム内容
様々な利害関係者が参加してビジョンを構築するミーティングに求められる基礎的なファシリテーション・スキル、地域や組織の資源を活かし新しい選択肢を生みだす提案のスキル、など、Appreciative Inquiry(ポジティブ組織開発)の理論を背景とした実践的な内容です。
ご紹介する主な項目(予定)
・参加の目的、手に入れたい成果(1分スピーチ)
参加者全員が一人ずつステージに立ち、自分が手に入れたい成果を語っていただきます。ここで、立ち方、話し方(発声、滑舌、アイコンタクト)など「デリバリーの技術」に関して改善の余地がある場合には、個別にアドバイスします。
・ファシリテーターとしての基本スキル
 自己紹介・つかみのトーク
 参加型エクササイズのインストラクション
 ふりかえりのツボ
 全体を見る力、時間感覚
・アイスブレーキングのネタを増やす
・地域や組織の資源を発見するブレーンストーミング
・参加者からの答えにくい質問への対処法
・ビジョンを策定する模擬会議
・パネルディスカッションの方法
・個別の具体的課題解決コーチング
*上記のプログラム内容は、参加者の構成・ニーズ、当日の進行などにより、変更する場合があります。

参加費
5万円(税込み)*事前に銀行口座にお振込いただきます。

※ 今回は、EMSゼロ期生及びスタッフの方は40%割引の3万円(税込み)でご参加いただけます。
https://www.facebook.com/events/582573662258603/

+++++++++++++++++++++++++++++

■ 大学教職員のための LGBT 学生対応セミナー(京都)
日時:2019年3月22日(金)19:00-20:30
場所:キャンパスプラザ京都 第4講義室
参加費:無料

LGBTは13人に1人といわれ、世の中の認知度もあがってきました。大学教職員として「LGBTのことを知らなかった」ではすみません。組織運営上も教育活動の上でも万全の対応が求められる時代になりました。
今回のセミナーでは、レズビアンの当事者でありダイバーシティの専門家である増原ひろこ先生をお招きし、LGBTをとりまく課題を洗い出し、必要な取り組みに関して講話していただきます。
性的マイノリティへの偏見や差別を恐れて自身がカミングアウト出来ないで悩んでいる方が、大学キャンパスにも少なからずいることでしょう。誰もが、自由にそして自分らしく生きられる社会にしていくためにも社会の理解が必要となります。
「LGBTで悩んでいる学生がいるのはわかっているけれど、どう対応していいかわからない」「大学として、どのような取組みをすればよいのか迷っている」といった疑問を解消するための第一歩になるでしょう。

増原ひろこ先生プロフィール
慶應義塾大学文学部卒。2003年に同大学院フランス文学修士課程修了後、ジュネーブ公館に在外公館派遣員として勤務。その後、会計事務所やIT関連会社を経て、2013年に企業や団体向けにLGBTコンサルティングや研修に取り組む社会的企業「トロワ・クルール」を設立し、代表取締役に就任。京都造形芸術大学 学生支援アドバイザーもつとめている。主な著作に『ダイバーシティ経営とLGBT対応』 (SBクリエイティブ、2018年9月)など。

https://www.facebook.com/events/556945404805171/

* お申込みは、このFacebookイベントページの「参加する」ボタンをクリックして下さい。大学教職員の方を主たる対象としますが、それ以外の方でも、このテーマに関心をお持ちいただきたいと思ってます。一人でも多くの方のご参加をお待ちしています。

主催:一般社団法人 大学イノベーション研究所
協力:らーのろじー株式会社

+++++++++++++++++++++++++++++

■トークライブ「これまでの教育、これからの教育」

とき: 2019年3月30日(土)19:00-20:30
ところ:お茶の水 ソラシティ5階 エデュプラ

参加費:1000円(当日、受付でお支払下さい)

お申込:このイベントの「参加する」ボタンを押して下さい。
https://www.facebook.com/events/385576481992836/

教育の世界の常識が急速に変わりつつあります。Eラーニングの発展によって、いつでもどこでも様々な分野の学びを行なうことができるようになりました。この春からは「専門職大学」という新しい枠組みも誕生します。大学でも通学部・通信教育部のイノベーションが色々な形で進んでいます。
僕自身もエッセンシャルマネジメント・スクールのゼロ期生として学び、アルタナ・ユニバーシティにも協力しています。
 今回は「ポジティブ心理学 実践インストラクター 資格取得講座」をスタートした成瀬まゆみ先生、京都造形芸術大学副学長の本間正人のトーク、そして、 2020年4月に開学を目指す i 専門職大学(設置認可申請中)からも 稲岡克彦さん(設立準備室長長補佐、調整中)も加わり、新しい教育のあり方を見通したいと思います。

++++++++++++++++++++++++++
【お詫び】
昨日(3/10)一部の方には、2018年12月号が配信されてしまいました。すでに開催済みの講座のご案内をすることになり戸惑われたことと思います。心からお詫び申し上げます。

++++++++++++++++++++++++++
【発行者】らーのろじー株式会社
【代表者】本間 正人

らーのろじー(株)では経営幹部の合宿研修、管理職向けのコーチング研修などについて個別のご相談を承っています。また、全社員を集めて行なう周年行事や経営方針発表会などでも、AI(組織の強みを引き出すポジティブ組織開発)の手法を使った参加型の講演がご好評をいただいています。お問合せはinfo@learnology.co.jp 宛にメールをお送り下さい。

【発行責任者】本間正人
このメルマガは、本間正人が名刺交換をさせていただくなど、ご縁をいただいた方にお送りしております。メールアドレスは、弊社からのご案内をさしあげる以外の目的で使用したり、第三者に公開することはありません。

配信停止を希望される方、他のアドレスへの送信を希望される方は、大変お手数ですが、learnologymailmag@learnology.co.jpまでご連絡くださいませ。