秋のオンライン研修講師塾

 本講座は、4時間のプログラムで、プロ研修講師のオンライン研修スキル向上を目的とします。既存コンテンツの活かし方が分からない、Zoomでのファシリテーションに苦手意識がある、といった声にお応えして開催します。
本間正人自身は、EMS(エッセンシャルマネジメント・スクール)や京都芸術大学、松下政経塾などでのZoom授業を担当し、また、テレビの生放送で、カメラに向かって話をする体験を積み上げてきました。
 上達の鍵は「習うより慣れろ」です。経験値を積むことで、これまで培ってきたコンテンツをうまくネットの上に載せることができるはず。基本的には、どなたかをクライアントにして公開コーチングするような形で衆知を集めていく、というスタイルで、一人一人の参加者が自分で使えるノウハウを吸収してもらおうという仕組みです。
 こうすれば必ずうまくいくという「正解」を誰も知らない世界になりました。とりあえずの方針を立てて、果敢にチャレンジしていくスピリットが未来を開きます。この講座をきっかけに、オンライン時代にうまく適応し、活躍の幅を広げていただきたいと願っています。

【こんな方に特におすすめ】
 プロの研修講師・講演講師の方を主たる対象とします。大高中小、専門学校、塾などの教育機関で遠隔授業を担当している方、企業の人事研修担当の方なども、ぜひご検討下さい。意欲の高い学生、未成年の方もご参加いただけるよう「9割引」枠を設けました。

【プログラム内容】
 固定したプログラムは存在しません。参加者の方の個別・具体的なニーズに沿った形で、コーチング、グループ・コンサルティング的に臨機応変に進めていきます。その中で、ネット上での話し方(発声、滑舌、アイコンタクト、ボディランゲージ)など「デリバリーの技術」について、個別にアドバイスすることもあります。
・アイスブレーキングのネタを増やす
 ネット上でも活躍する研修講師として活躍していくために、参加者の雰囲気を和らげるアイスブレーキングのレパートリーを数多く持っていることが不可欠です。実際に、様々なアイスブレーキングの手法を体験していただきます。
・答えにくい質問に対応する
 自分が知らないこと、様々な差し障りがあること、全体には関係のないこと、など、答えにくい理由は様々ですが、講師にとって「答えにくい質問」に遭遇した時に、どう対応すれば良いのか伝授します。
・コンテンツの活かし方を見つける
 これまでリアルで提供してきたコンテンツの伝え方について、ブレインストーミングで衆知を集め、コーチング的に具体的な計画立案をサポートしていきます。

◆日時
2020年 10月31日(土)13-17時
*基本的に同じ形式のプログラムを2日連続で行いますのでどちらかにご参加ください。ただし、参加者が異なるので、自ずから内容も全く別物になります。両日とも参加したい、という場合には、割引があります。

◆参加費
一般 20,000円(税込み)
学生、未成年 2000円(税込み)

*Peatix でお申し込みください。
https://online-kenshu20001030.peatix.com/

◆会場
会場となるzoomのURLは当日メールにてお伝えいたします。
◆セミナーのキャンセル
前日までのキャンセル料は50%、当日のキャンセル料は100%申し受けます。
◆記録用写真の許諾
この講座進行中に、Zoomのギャラリービューの形で参加者の方の表情がわかる形で写真を撮影し、弊社のウェブサイト、Facebook、メールマガジンなどで使用する場合がありますので、予めご了承下さい。
◆ご参加にあたりご用意いただくもの
(1)A4サイズ以上の画用紙3枚程度(コピー用紙の場合、下敷きがあるとベター)
(2)太めのマーカー
(3)飲み物(ソフトドリンク)など。飲食OKです。

*Peatix でお申し込みください。
https://online-kenshu20001030.peatix.com/