第一人者ふたりによる豪華共演☆出版記念セミナー。「本間正人(コーチング)」×「守屋智敬(アンコンシャス・バイアス)」

 コーチングの第一人者「本間正人」氏と、アンコンシャスバイアスの第一人者「守屋智敬」氏のおふたりによる豪華セミナーの開催が決まりました!

おふたりの新刊本の発売を記念して、豪華2本立てのセミナーを関西地区(京都)で開催します!
お申込みは先着順での受付。
お誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。

<開催日>
2019年6月15日(土)18:30~20:30
※開演15分前(18:15)より受付をスタートします

<会場>
キャンパスプラザ京都(京都市大学のまち交流センター)
京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路939
第4講義室
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

<参加費>
2,000円

<登壇者>
●本間正人(京都造形芸術大学 副学長)
●守屋智敬(一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所 代表理事)

<本間正人氏の新刊本のご紹介>
仕事で「敵をつくる言葉」「味方ができる言葉」ハンドブック(PHP研究所)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569842658/

<こんな発言をしていませんか?>
□ちょっとは休んでね
□こうすればよかったのに
□オレ、確認したよね?

 私たちの周りにあふれる「無神経」「無自覚」。なんでもない一言を、相手はずっと根に持っている。自分が言葉を発する前には、少し間を置いて、敵をつくる発言を抑えましょう。そして味方ができるような言葉を使って、自分も相手も気持ちよくなるコミュニケーションを心がけたいものです。

<本間正人プロフィール>
 1959 年、東京生まれ。 東京大学文学部社会学科卒業、ミネソタ大学大学院修了(成人教育学 Ph.D.)。 ミネソタ州政府貿易局、松下政経塾研究主担当、NHK教育テレビ「実践ビジネス英会話」の講師や、CS朝日ニュースターの国際的情報番組「Learning Planet」のアンカーなどを歴任。 「教育学」を超える「学習学」を提唱し、大人数の参加型研修講師として定評がある。 コーチングやポジティブ組織開発、ほめ言葉、英語学習法などの著書76冊。 2012年4月から6月まで、NHK教育テレビ「三か月トピック英会話」講師。現在、京都造形芸術大学 副学長、NPO法人学習学協会代表理事、らーのろじー株式会社 代表取締役、NPO法人ハロードリーム実行委員会理事、一般財団法人しつもん財団理事、一般社団法人キャリア教育ネットワーク協議会理事などをつとめる。
https://www.learnology.co.jp/

<守屋智敬氏の新刊本のご紹介>
「アンコンシャス・バイアス」マネジメント (かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4761274204

<こんなことはありませんか?>
□つい「これまでのやり方」や「前例」に固執してしまう
□何をするにしても相手との「上下関係」を意識してしまう
□「普通は●●だ」「たいてい●●だ」という言葉を使うことがある
□「男のくせに」や「女のくせに」と思うことがある

 リーダーが身につけておきたい必須知識として、注目をあびている「アンコンシャス・バイアス」がテーマの新刊。「無意識の偏見」「無意識の思い込み」「無意識の偏ったものの見方」などと表現されるアンコンシャス・バイアスは、知らず知らずのうちに、人間関係を悪化させたり、チームワークを阻害したり、イノベーションが起きないなど、人や組織に大きな影響をおよぼしています。経営者や管理職をはじめとするリーダーが、自分自身のアンコンシャス・バイアスを「知る」「気づく」「対処」する。 たったそれだけで、組織の未来は劇的に変わる。

<守屋智敬プロフィール>
 1970年大阪府生まれ。神戸大学大学院修士課程修了後、都市計画事務所を経て、1999年人材系コンサルティング会社の立ち上げ期に参画、ビジョン策定や、組織開発プログラムを通した数多くのリーダーシップ研修を提供。2015年、「株式会社モリヤコンサルティング」を設立。管理職や、経営層を中心に、2万人以上のリーダー育成に携わる。2018年、ひとりひとりがイキイキする社会をめざし、「一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所」を設立、代表理事に就任。アンコンシャス・バイアス研修の受講者はこれまでに5万人を超える。
https://www.moriyatomotaka.com/profile

 本間正人氏も、守屋智敬氏も、「無意識」「無自覚」「無神経」が、まわりに、知らず知らずのうちに与えている影響について語っている。それぞれの分野における第一人者のふたりによる豪華2本だてのセミナー。ぜひお誘いあわせのうえご参加ください。

お申込みはこくちーずサイトからになります。