コラム_2022.1.21

明日、令和4年1月22日(土)開催!【未来の先生フォーラム】
学習する学校を描く―多様な目標や価値観が創り出される“発散型”の学校教育を創る
※オンライン開催・参加費無料
Schools that Learn 「学習する学校」という概念は、「学習する組織」の生みの親 MIT のピーター・センゲ氏が提唱すしたもの。「先生も生徒も進化し続ける学校をどのようにつくるのか」について、福谷彰鴻さん、田中理紗さん、宮田純也さんと本間正人の4人で探究します。
<スケジュール>
13:30-13:50  ”学ぶ学校組織づくりの意義と実践―本イベントの狙い―” 宮田純也
13:50-14:10 基調講演:“学び合い、変化し続ける学校づくり” 福谷彰鴻さん
14:20-15:00  学習する学校の実践 田中理紗先生
15:10-16:10  記念トーク”学ぶ学校組織づくりの意義と実践”本間先生×福谷さん×田中先生×宮田純也
16:20-16:50 参加者振り返り会
※2022年2月26日のvoicy”未来の先生radio”にて振り返りトークを行います。
<登壇者紹介>
・福谷 彰鴻氏(システム思考教育家)
米国MBA取得後、欧州系ヘルスケア企業マーケティング部門等を経て、ボストンのSoL(組織学習協会)にてMIT上級講師ピーター・センゲの各種ワークショップの運営をサポート。10年にわたってセンゲに直接師事し、継続的なメンタリングを受けながら、⽇本の教育分野における「学習する組織」および「システム思考」のツールや考え方の導⼊に従事。国公立大学、首都圏私立高校などで講義やワークショップを実施するほか、教職員向け講座を多数開催し、各種ツールを学校で実践するコミュニティづくりを推進している。現在、クマヒラセキュリティ財団システム思考教育アドバイザー、長野県立大学非常勤講師、SoLジャパン世話人、Loohcs高等学院特別講師などを務める。Hult International Business School MBA。ロンドン・シティ大学経営学修士。大阪大学人間科学部卒。神奈川県鎌倉市在住。
・田中 理紗氏(かえつ有明中・高等学校教諭)
1986年東京生まれ。9年の海外経験を持つ帰国生。私立かえつ有明中・高等学校教員。日本一帰国生に温かい学校づくりを目指し、現在4人に1人が帰国生という学校に。同校オリジナル科目サイエンス科、プロジェクト科において、生徒のワクワク感を大切にしながら、思考力・表現力育成のためのスキルやマインドを育成するための授業を目指す。2018年には東京学芸大学教職大学院教育実践創成専攻で新学習指導要領と国際バカロレアのTOKの趣旨を踏まえた授業づくりに関する研究に取り組んだ。2019年にマサチューセッツ工科大学で開催された” Introduction to the Compassionate Systems Framework in Schools”のワークショップに参加。今年度は中学2年生対象にシステム思考のツールを用いながら気候変動を考える授業を展開。「社会課題解決 総合学習ノート」ネリーズ出版(2018)、執筆協力。「ピア・フィードバック」新評論(2021)、共同翻訳。

https://peatix.com/event/3116042

(1/21 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2022.1.20

「主体性を育む」とか「アクティブラーナーを育てる」とか、僕も使いません。大人が子ども達の「主体性を奪わない」「アクティブラーナー度を下げない」ことが、本当に大切です。だって、人間は本来、主体的なアクティブラーナーなのですから。

https://note.com/nobukot/n/n5a059a3f73c5

(1/20 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2022.1.19_2

旧ソ連の共和国の一つであるアルメニアで2018年に、民衆の力により、腐敗した政権が打倒され、平和的な政権交代が行われたこと、全く知りませんでした。
野党党首ニコル・パシニャンは、地方都市から首都に向かってガンジーさながらの行進を始めます。SNSで情報が拡散されて、次第に参加者が増え、一度は旧政権に身柄を拘束されたものの、国民からの圧倒的な指示を背景に、首相に就任しました。
「そんなことをしても何も変わらない」と言っていた人々も、上からの命令に従って警備にあたっていた警察官も、最後は、国を一つにする方向に力を合わせたのです。番組はここで終わり。
その後、隣国アゼルバイジャンとの紛争もあり、国情は安定しているとは言えないようですが、民主主義は与えられるものではなく、獲得するものだ、と感じさせる番組でした。

https://www.nhk.jp/p/wdoc/ts/88Z7X45XZY/episode/te/V2XK9YK37Y/

(1/19 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2022.1.19

「私は現在の日本は、受動の我慢と能動の我慢を混同し、かつ受動の我慢の機会があまりにも多く、それに適応して希望や夢を抱く人が減り、希望や夢を持つ人に社会が否定的になり、夢や希望がなくなっていると考えています。人間の持つ能力は適応です。適応とは学習であり、受動であれ能動であれ人間は学習をしてしまいます。受動の我慢の過学習のことを、私たちは「学習性無力感」と呼んでいるのではないでしょうか。」
まさにその通り!為末さんと一緒に仕事をする未来が近いことを感じます。

https://note.com/daitamesue/n/nc136fa361c2e

(1/19 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2022.1.18

田中理紗先生が1/22のイベントをシェアして下さいました。
++++++++++++++++
こちらお話させていただく予定ですー!
「かえつの実践すごいでしょ!」っていう発表にはしたくない私がいて、どんな発表になるのか、パソコンの前でずっと悩んでいる私です(笑)準備が一進一退・・・
福谷 彰鴻 さんと 本間 正人 先生、尊敬するお二人とお話出来るのが楽しみ!!よかったら遊びにいらしてください(^▽^)/

https://peatix.com/event/3116042

(1/18 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2022.1.17_2

「キャリア」という言葉は、元々の意味をたどると、馬車の轍(わだち)という意味ですから、人が現在から過去を振り返った時にどんな足跡を歩んできたのかというニュアンスでした。昭和には「キャリア官僚、ノンキャリ」といった公務員の種別を表す語として用いられることが増え、現在、大学などでは、学生の将来進路、さらに言えば「就職支援」の文脈で使われるケースが多いですね。僕自身は、キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会の理事を務め、学校教育と「仕事」の橋渡しをする人材の育成にも取り組んで来ました。
また、昨年の11/8に「一般社団法人 クロスオーバーキャリア 」を立ち上げ、目下、書籍も執筆中なのですが、今年に入ってから、先週の「退職学フェス」も含め、キャリア関連のイベントが増えています。
明後日1/19(水)の調和塾は、旭川医科大学教授の山本明美先生にご登壇いただきます。今回は、ご専門の皮膚科学の話ではなく、旭川医大の「復職・子育て・介護支援センターのセンター長」としてのご経験などから、「人生100年時代のキャリア」と題してお話いただきます。イベント情報はコメント欄からご確認下さい。

https://www.facebook.com/events/2167797006701895

(1/17 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2022.1.15

カタリバの今村久美さんがヒアリング協力者を緊急募集中。
++++++++++
【募集】
明日日曜日か、月曜午前にヒアリングさせていただける「先生・SC・SSW・教委の担当者等」の方を募集
とある提言をまとめていまして、全国の、スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーさんが、実際どんな働き方をしているか、配置の実態や、価値や難しさについて、ヒアリングを重ねています。
明日日曜日15時までか、月曜午前中で、30分ほどオンラインでお話を聞ける方、コメント欄にコメントいただけると泣いて喜びます。

https://www.facebook.com/kumi.imamura/posts/6764376690299000

(1/15 Facebookに投稿された記事です)