らーのろじーblog

メルマガ2014年07月01日

 いよいよ今年も後半に突入しました。7月19日(土)~20日(日)には「研修講師塾ブラッシュアップコース」を東京で開催します。また、8月23日(土)~24日(日) は「英語学習コーチ養成認定講座」することになりました。そして、本間正人の「学習学DVDセミナー」新発売です!

Continue reading “メルマガ2014年07月01日”

メルマガ2014年05月08日

「学習学的な公開講座」
 研修講師塾をスタートして十数年の月日が経過し、おそらくのべ2000名以上の方にご参加いただいたと思います。研修講師として必要な「立ち方、腹式呼吸、発声、滑舌」「朗読」などを指導したこともありますし、「わかりやすいインストラクションの基本」や「答えにくい質問に対する対処法」、「見せる資料、配る資料の作り方」などなど、研修講師にとってすぐに役立つ秘訣を紹介してきました。そして、アンケート結果を見ても、ご好評をいただいてきたわけですが、ふりかえってみると、案外、教育学的な進め方だったかも知れない、と反省しています。つまり、講師である本間正人の持っている知識やノウハウを、参加者に伝授するという部分に軸足が置かれてきたのではないか、ということに気づきました。

Continue reading “メルマガ2014年05月08日”

メルマガ2014年03月28日

「フィリピンの可能性」
 フィリピンという国名を聞くと、みなさんの頭なの中には、どんなイメージが浮かぶでしょうか?2月にマニラ、3月にセブを訪れる機会があったのですが、まさに高度経済成長の真っ只中という印象を持ちました。今や、人口は1億、一人あたりGDPは3000ドルに迫り、マニラやマカティのビジネス街はニューヨークかと見紛うほどの摩天楼が聳え立ち、瀟洒なショッピングモールやホテルが林立しています。他方、トタン屋根の貧しい地区が残っているのも事実ですし、昨年の台風・高潮の爪痕も残っている島もあります。ただ、10年後には、そんな風景も一変しているだろうと直感しました。

Continue reading “メルマガ2014年03月28日”

メルマガ2014年02月28日

「アマチュアだからこそ」
 先日、読んだ「JMAM人材教育」の2014年3月号のテーマは「組織を変える ゼロからわかる研修内製化」でした。多くの企業が、コストダウンのために、内製化を行なっています。プロの研修講師としては、あまり喜べない見出しだったのですが、もし、それが社会の趨勢だとするならば、プロはプロとして、プロしかできないコンテンツ、そして、研修内容にバージョンアップしていくべきだと思うのです。

Continue reading “メルマガ2014年02月28日”

メルマガ2014年02月04日

「立春が一年の始まり」
 古来から立春は二十四節気の第一。ここから新年がスタートする日という位置づけです。今年は、青森県・五所川原でのキャリア教育シンポジウムから始まり、宮崎、大阪、京都、秋田、呉、沖縄、岩手と、南北の移動がめまぐるしい年明けになりました。結果として、弊社メルマガを発行することができず、これが2014年の第一号になります。

Continue reading “メルマガ2014年02月04日”

メルマガ2013年12月26日

「1年間の感謝をこめて」

 12月23日に、やぶちゃん、こと薮原秀樹氏が主宰する聞く修行「わもん」の二段獲得者100人誕生記念イベントが、「わもん発祥の地」長野県小布施町で行なわれました。北は秋田、南は沖縄、全国各地から「修行好き」なメンバーが集まり、寒い小布施で会場だけは熱気に包まれました。

Continue reading “メルマガ2013年12月26日”

メルマガ2013年12月03日

「師走の声を聞いて」

 年齢とともに、時間が経過するスピードがどんどん上がっていくのを感じます。今年もあっという間に12月。「師走」の語源は「仕果つ」(しはつ = やり終える)だそうですが、来年に積み残しの「未完了案件」が発生するのは、ほぼ確実な状況です。

Continue reading “メルマガ2013年12月03日”

メルマガ2013年10月15日


「実験を続けよう!」

 大学で英語の授業を持ち、国際ビジネスコミュニケーション協会の依頼でTOEIC(R)TESTに関する講演を行なうと、必ず受ける質問があります。

Q: あのー、英語ができるようになりたいんですけど、どうやって勉強すれば良いですか?

Continue reading “メルマガ2013年10月15日”

メルマガ2004年5月11日

今、自分は組織の中で
 1.適材適所の状況にある。

 2.適材適所の状況にない。

あなたはどちらにあてはまりますか?

===================================================================
★ 学習学コラム(13)★
===================================================================

■ 適材適所と学習学

先日、開催した「The 学習学ワークショップ」でも触れたのですが、
組織の活性化をはかる上で、「適材適所」の人材配置はとても重要です。
ところが、「適材適所の定義を述べよ」と言われるとなかなか難しいので
はないでしょうか? Continue reading “メルマガ2004年5月11日”

メルマガ2004年6月1日

【Learning Harmony 特別版 】事務所移転のご挨拶・7月公開講座ご案内

★★ 事務所移転のご挨拶★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★★★ ★★★

弊社では、これまで千代田区神田神保町にオフィスを構えてまいりま
したが、このたび港区北青山にセミナールームを設けて移転しました。
絵画館に入る銀杏並木と青山通りの角にある細いビルの3階。窓から緑
が広がる都内ではめずらしいロケーションです。今後、この場所で、
学習学を深め、広げていく事業を積極的に進めていきたいと思います。
今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ラーノロジー 代表 本間 正人
★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★★★ ★★★★ ★★★

この2つの文章にピン!ときたら。是非、セミナー案内をご覧下さい。

■□————————————————————

1)「部下にどう仕事を任せれば、一番成果が上がるのか・・・?」
「自分は他の部署なら、もっと力がだせるはず・・・?」
そうお悩みのあなた!
本間正人と一緒に解決のヒントを探してみませんか?
→『適材適所コーチング セミナー』へ

————————————————————■□

■□————————————————————

2)「既存の組織開発手法は試した。アメリカ発の新手法AIについて
知りたい」
「コスト削減やリストラなど、後ろ向きな改革はもうたくさんだ」
「お互いに学びあい、夢を語れるような組織に変革したい」
そんな風にお感じの方も多いはず。
ぜひ、このWSで組織活性化の新たな糸口を見つけて下さい。
→『AI&組織学習 ワークショップ』へ

————————————————————■□

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆1)7月3日(土) 10 時 ~17 時
◆ 『適材適所コーチング セミナー』
◆ ~コーチングで適材適所を実現するために~
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

企業の管理職にとって、コーチングは必須科目の1つとなってきました。
そして研修の内容もコーチング一般に関するものから、次第に、目標管理
や評定面談にテーマを特化したり、営業やSEなど対象を限定したものが増
えてきています。今回のセミナーは「適材適所」をとりあげ、組織の中で、
人材の適正配置・起用をどう考え、どうコーチングを活かしていくのかに
焦点をあてていきます。

1)適材適所を見抜く会話
2)適所になっていないのでやる気が下がった部下へのコーチング
3)適材不適所の部下のパフォーマンスを最大化するコーチング
など、明日から即、実践で役立つ講座です。

詳しくは https://www.learnology.co.jp/news/index.html

*これまでの本間正人コーチング公開講座とエクササイズの重複があります
ので、過去にご参加いただいた方はあらかじめお含みおき下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆2)7月19日(月/祝日)
◆ 『AI&組織学習 ワークショップ』
◆ ~学習する組織をつくるための「プラスを引き出す問いかけ」~
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Appreciative Inquiryは、米国ケイス・ウエスタン・リザーブ大学
(CWRU)のDavid Cooperrider教授が提唱した全員参加型の組織開発手法。

これまで一般的とされてきた問題解決型の手法は、マイナス面に焦点
をあててきました。つまり、どこが悪いのか、どこがいけないのか、と
欠点や不十分な点を探す発想。しかし、これではマイナスをゼロにする
ことはできても、プラスを増やすことができません。組織の持つ潜在力
を引き出し、プラスを増やしていくために衆知を結集するのがAIの発想
なのです。

「こんなにシンプルな方法で、こんなに大きな成果が出るなんて!!」
AIを導入した組織(GTE、英国航空、US Navyなど)では驚きの声があがっ
ています。一人ひとりが、Change Agent としての自覚をもって行動を始
めていく「流れ」を起こすのがAIの真髄といえるでしょう。

今回は、AIの手法(プロトコール)に従って、「学習する組織」
(Learning Organization)を実現するためのアプローチについて検討し
てます。

CWRUからAIのサーティフィケートを取得し、現在「JMAM人材教育」に
AIの紹介記事を連載中の本間正人が、企業の人事・研修・戦略、組織開発
部門の方などにおすすめする「超参加型、創造型」のワークショップです。

(内容)
・ AIの基本的な考え方(5つの原則、4Dサイクル)
・ 従来の問題解決型手法とAIの違い
・ 学習する組織のポイント(ピーター・センゲの理論)
・ 学習する組織を実現するためのケーススタディ

日本で大ブレークする前に、いち早く、トレンドをつかんでおきたい方
には、特におすすめです。

詳しくは https://www.learnology.co.jp/news/index.html

===================================================================

■□ 人生から学び、人間として成長する □■
■□ それが学習学(ラーノロジー) □■

===================================================================

〒107-0061
東京都港区北青山2-2-5 青山永井ビル3F
ラーノロジー 代表 本間 正人
Learnology, Co. Ltd.

らーのろじーの理念


地図: http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=4&ino=BA475461&grp=mapionlight1

*4月7日からNHK教育テレビ「実践ビジネス英会話」の講師として登板中。
水曜夜23:10-23:30です。再放送は火曜朝6:50- 、と昼12:10- です。

===================================================================
Learning Harmony ~ 特別版 2004.06.01

最後までお読みいただき、ありがとうございました。(編集:粕野 智恵)
内容についてのご意見やご質問、今後取り上げて欲しいテーマ、
配信停止以外のご連絡はmag@learnology.co.jp までご返信下さい。
===================================================================
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を
利用して発行しています。
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000127986.htm
===================================================================