らーのろじーblog

メルマガ2014年11月07日

アリヤラトネ博士 講演会のご案内
A. T. アリヤラトネ博士A. T. アリヤラトネ博士の講演会が、11月20日、京都で開催されます。

 スリランカで仏教思想に基づく農村開発運動(サルボダヤ運動)を1958年に開始。「サルボダヤ」とは「全ての人の覚醒」という意味。「欲望」(greed)に基づく物質文明を超えて、「必要」(need)に基づく新しい文明のあり方を提唱されています。現在、スリランカの15,000以上の村(総人口の2割)で活動を展開し、アジア最大級のNGOとなり、政府の行政施策の届かない農村部を中心に、医療・福祉・教育・職業訓練・マイクロクレジットなど様々な活動を展開してこられました。

Continue reading “メルマガ2014年11月07日”

メルマガ2014年10月30日

夢の日ウィークス進行中
全国でハロードリームのイベント
 今から7年前、「ハロードリーム憲章」を掲げて、設立されたNPOがハロードリーム実行委員会。2007年の11月1日には、半蔵門の東京FMホールで、第1回の「夢の日イベント」が行なわれました。

Continue reading “メルマガ2014年10月30日”

メルマガ2014年08月27日

英語学習コーチ養成認定講座 本格始動へ
 8月23、24日の両日、水道橋・内海で初めての「英語学習コーチ養成認定講座」を開催しました。第0期、ということは、まだ、カリキュラムが確定していなくて、実験しながら進めていった訳ですが、大学、小学校、英会話学校、企業の現場などで、英語力向上に取り組んでいらっしゃる素晴らしい参加者の方に恵まれて、有意義な時間になったと思います。

Continue reading “メルマガ2014年08月27日”

メルマガ2014年07月29日

英語学習にコーチング・モデルを普及したい
 これまでの「学校における英語教育」の代表的パターンは、一人の教員による教室での一斉授業が中心で、あらゆるトピックについて、文法的に正しく理解し、正確に訳せること、が中心になってきました。
僕が通っていた中学・高校にも、LL教室があり、自分のペースでスピーキングを行なうといった取組みもないことはなかった訳ですが、やはり、教科書を使った授業が中心でした。

Continue reading “メルマガ2014年07月29日”

メルマガ2014年07月01日

 いよいよ今年も後半に突入しました。7月19日(土)~20日(日)には「研修講師塾ブラッシュアップコース」を東京で開催します。また、8月23日(土)~24日(日) は「英語学習コーチ養成認定講座」することになりました。そして、本間正人の「学習学DVDセミナー」新発売です!

Continue reading “メルマガ2014年07月01日”

メルマガ2014年05月08日

「学習学的な公開講座」
 研修講師塾をスタートして十数年の月日が経過し、おそらくのべ2000名以上の方にご参加いただいたと思います。研修講師として必要な「立ち方、腹式呼吸、発声、滑舌」「朗読」などを指導したこともありますし、「わかりやすいインストラクションの基本」や「答えにくい質問に対する対処法」、「見せる資料、配る資料の作り方」などなど、研修講師にとってすぐに役立つ秘訣を紹介してきました。そして、アンケート結果を見ても、ご好評をいただいてきたわけですが、ふりかえってみると、案外、教育学的な進め方だったかも知れない、と反省しています。つまり、講師である本間正人の持っている知識やノウハウを、参加者に伝授するという部分に軸足が置かれてきたのではないか、ということに気づきました。

Continue reading “メルマガ2014年05月08日”

メルマガ2014年03月28日

「フィリピンの可能性」
 フィリピンという国名を聞くと、みなさんの頭なの中には、どんなイメージが浮かぶでしょうか?2月にマニラ、3月にセブを訪れる機会があったのですが、まさに高度経済成長の真っ只中という印象を持ちました。今や、人口は1億、一人あたりGDPは3000ドルに迫り、マニラやマカティのビジネス街はニューヨークかと見紛うほどの摩天楼が聳え立ち、瀟洒なショッピングモールやホテルが林立しています。他方、トタン屋根の貧しい地区が残っているのも事実ですし、昨年の台風・高潮の爪痕も残っている島もあります。ただ、10年後には、そんな風景も一変しているだろうと直感しました。

Continue reading “メルマガ2014年03月28日”

メルマガ2014年02月28日

「アマチュアだからこそ」
 先日、読んだ「JMAM人材教育」の2014年3月号のテーマは「組織を変える ゼロからわかる研修内製化」でした。多くの企業が、コストダウンのために、内製化を行なっています。プロの研修講師としては、あまり喜べない見出しだったのですが、もし、それが社会の趨勢だとするならば、プロはプロとして、プロしかできないコンテンツ、そして、研修内容にバージョンアップしていくべきだと思うのです。

Continue reading “メルマガ2014年02月28日”