らーのろじーblog

コラム_2021.3.31

岐阜にできた不登校の生徒のための公立中学校の除幕式における京都大学総合博物館准教授、塩瀬隆之先生が行ったスピーチ。全面的に賛同します。
学習の選択肢を増やすことが、教育者の役割であり、教育側が定めた「大人の都合」にしばりつけ、「勉強」を強制することは虐待だと考えます。
杞憂に終われば良いのですが、心ないバッシングが起こるのだろうなぁ。この学校の関係者の皆さんに対して、僕ができることがあれば、お手伝いさせていただきたいと思います。
竹内美紀さん、この記事をご紹介くださり感謝します。

(3/31 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.3.30_1

明日3/31、映画監督の古新舜さんとトークライブ行います。パーキンソン病について扱う作品「いまダン」制作に向けてクラウドファンディング進行中。
僕の大好きなマイケル・J・フォックスも罹患したこの病気の原因はまだ判然とせず、従って予防方法もはっきりしませんが、症状に早く気づけば、対処する方法はあります。
明日の対談のテーマは「ライフデザイン」ですから、僕としては健康面での「最新学習歴」の更新についてしゃべることになる予感がします。
楽しみ、楽しみ!
https://www.facebook.com/events/471844870675284/

(3/30 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.3.30_3

僕の人生の中で、何千本の書評を読んできたかわからないが、これはおそらく忘れられないものになるでしょう。
レビューの対象になっているのは、熊平美香さんの「リフレクション」(ディスカヴァー21)。「学習する組織」を抽象的な理想論に終わらせることなく、具体的なHowをわかりやすく示した良書です。
この書評は、その内容を的確に伝え、意義を紹介するだけでなく、プラスアルファの展開があって意表をつかれました。
先入観を持たずに、この書評、お読みいただきたいので、コメント欄での「ネタバレ」はご遠慮下さい!いやぁ、素晴らしい書評です!

(3/30 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.3.30_2

本日(3/30)17:30から京都芸術大学名物「ねぶた」の点灯式です。読売新聞が記事にしてくれました!芸大というと、孤独な制作活動というイメージを持つ方も多いのですが、チームワークやコラボレーションを体験的に学ぶこともとても重要です。
来年度2021年度は、感染症対策を万全にして、ワークショップが復活する予定。キャンパスに「静かな活気」が戻ってくることを期待しています。

https://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20210329-OYTNT50093/

(3/30 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.3.29_2

昨夜(3/28)「世界のための日本のこころセンター」のトークライブにご登壇いただいた、「ダイアローグ・ラーニング」の井上真祈子さんが主催する面白そうな読書会をご紹介します。
普通、読書会と言えば、読む本が予め決められいるのがこれまでの常識でしたが、目次の一部や「問い」などの情報を元にダイアローグを通じて、読む本をみんなで決めていくのが前半。そして2週間後に、実際に読んでみた気づきや感想を話し合うのだそう。
合意形成して決定するまで、本のタイトルもわからないというのですから、「ミステリーツアー」みたいな読書会ですね。理論的に考えると、自分の可能性を広げていくためには、セレンディピティ(偶然性)を活用するのが重要なので、「本とのプランド・ハプンスタンス」とも言えます。
昨日は、Co-musubi で実践してこられたさまざまな体験学習、探究の取り組みに舌をまきました。次回開催は、4/10と24の土曜日の午前中2時間x2回ですって!楽しそうだなぁ!

(3/29 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.3.29_1

かつて、商工会議所の経営相談と言えば、「こんな補助金があります」とか「こんな融資が受けられます」とか、外枠の制度の説明ばかりでした。富士からスタートして、岡崎で大きく花開いた相談スタイルは、とてもコーチング的で、その企業の経営者がまだ気づいていない強みや可能性を引き出しすことで、事業の中身そのものを発展させるサポートを行っています。
今や、全国各地に広まっていますが、相談員のコーチング能力に負うところが大きいので、いかにこれを高めていくかが課題だろうと推察しています。秋元さんの次のステージはそんな人材の育成になるのではないかしら?

(3/29 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.3.29_3

これは4/1だけど、エイプリルフールではありません。まじめな話。「いじめ」という言葉が学校教育界で氾濫していますが、この問題を解消・緩和するためには、「いじめ」という言葉を使わない方が良い、という逆説的な話をしたいと思っています。
「学校、教室内での望ましいコミュニケーションをどのようにすれば実現できるか?」に焦点をあてて知恵を集め、行動に移していくことが大切。菊池省三先生の「ほめ言葉のシャワー」も有力なメニューだし、朝山あつこさんの「わくわくエンジン」も素晴らしいプラクティスだと思います。
古新 舜さんと3人でお話しするの楽しみです。
https://www.facebook.com/events/153684636622701/

(3/29 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.3.29_4

山里亮太さんが司会をつとめる「逆転人生」に薄井シンシアさんが登場。最新学習歴を更新し続けることで、今まで気づかなかった可能性を広げてきた生き方。
まだお目にかかったことないけれど、同い年なので、きっといつか接点ができてくるだろうと予感しています。

(3/29 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.3.28

「ダイアローグ・ラーニング」を主宰されている井上真祈子さんとのトークライブ、zoomで今夜(3/28)20:00 からです。
++++++++++++++
大変光栄なことに、日本型リベラルアーツセンター推進委員会でご一緒させていただいている、京都芸術大学副学長の本間正人先生と対談させていただけることになりました。わー、恐れ多いですが、私にお声をかけてくださる懐の深さがありがたく、勇気を出して挑戦します。
豊かな知識と巧みな話術でファシリテートされる本間先生の胸をお借りし、見えない世界を捉え、自分で考え言葉を紡ぎ、他者と協働し歩みを進める力を育む日本的なエッセンスを大切にしたリベラルアーツについて、私自身も理解を深めていく時間にしたいと思っています。
ぜひ皆さんにもご参加いただき、ご一緒に考えていただきたいです。シェアもご協力いただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。
https://www.facebook.com/events/859169067980210

(3/28 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.3.26

すごい、すごい!
奈良県吉野町で「しだのすみか」という小さなシダ植物園を経営している木下茉美さんが Yahoo! ニュースに!
+++++++++++++++
Yahoo!ニュースにも、掲載していただきました。。そしたら、なんと、、、、、あの「検索入門 しだの図鑑」の著者であられる【光田重幸先生】からご連絡いただきました!!!👁✨ドヒャー!!!!
光田先生にご連絡いただけたことが嬉しすぎる。。。。サインまでいただき、家宝にしているあのハンドブック。あれがなきゃシダライフは無い。
あ、変な人からも、自己紹介?お見合い?メール来たwウケるw 想像力が豊かな人やな。。いろんな人がいるんだな〜。
とにかく、全国のシダ好きさんからのフォローや連絡の数よ!出会いの数がすごい。集さんありがとう!
気合い入る。ゴリゴリ切磋琢磨、学び続けるべ
まだまだ途中なのだ
https://news.yahoo.co.jp/articles/6882d6ab346fbc8a1b888310edb80a8ff21a99a5

(3/26 Facebookに投稿された記事です)