コラム_2021.8.31

今夜(8/31火曜日)21時から調和塾で「アイデンティティ・ポートフォリオ」のワークを長めに行います。そもそも学習の目的は、自己理解、他者理解、そして、人と物事との関係を結ぶこと、にあるのではないかと考えています。
自己理解のツールは様々、存在しますが、これは30年くらい前に僕が作って、国際交流や組織開発、英語学習など、いろんな文脈で活用し、そのたびに振り返りのレクチャーが厚くなってきました。
調和塾は世代を超えた学び合いの場。多くの方のご参加をお待ちしています。
https://fb.me/e/KNvs7slb

(8/31 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.8.21_3

桜さんに刺激を受けて、「夏休み活動」の僕の提案もシェアします。
昨日、子育てコーチングのWSで、「夏休み、子ども達にもっと体験させてあげたかった」という声をたくさんの方から聞きました。本当にその通りだと思います。でも、生きてさえいれば、夏休みはまた来ます。そして、感染リスクを最小限に抑えて、それなりに面白い体験をすることも可能です。まさにアイディア次第です。
僕が提案したのは、人通りの少ない時間帯に自分の地域、ご近所を探索すること。お寺や神社、石碑、建築物など歴史遺産が色々あるはず。家族と一緒にハザードマップを現地確認するのも、これからの台風シーズン、有意義だと思います。街道沿いの自動車ディーラーのクルマの値段当てゲームも楽しいかも。
自然大好きの子どもには、植物図鑑、昆虫図鑑を持って、近所をしっかり観察したり、フィールドノートを書いたり(描いたり)するのも素敵な探究学習。来年、同じところを調べると、地球温暖化の影響が見えてくるかもしれません。ご近所でもSDGsを実践調査することが可能です。
言葉が好きな子どもには、「目に見えたものしばり」でしりとりをしたり、表札の漢字を勉強したりするのも良いかも。歴史好きならば、地名や寺社仏閣の由来を調べたり、地元出身の歴史上の人物の足跡を辿るのも面白いですよ。
地理、地学に関心があるのなら、「地元でブラタモリ」風に歩くのも良いと思うなあ。断層や河岸段丘、地層や岩石が露出した「露頭」は、大都市でも見られます。ブラタモリを3回くらい見てから出かけると、今まで気づかなかったことに気づくようになります。
別に無理に屋外に出なくてもOK。インドア派は、ゲーム、ネット以外の様々なアクティビティを体験するチャンス。料理、工作、読書、写真整理、ビデオ鑑賞、刺繍、裁縫、折り紙、手品、靴磨き、窓拭き、食器棚の整理、防災グッズの確認。子ども達にとって初体験のことは小さなアドベンチャーなのです。

(8/21 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.8.23

NHK BS1スペシャル 「中国共産党100年 “紅い遺伝子”の継承」見応えありました。毛沢東の生家に近い湖南省の二つの村。「半分の布団」で観光開発が進む村と「一枚の借用書」を売りにしようとしても観光客が訪れない村、それぞれ末端の行政責任者には重圧がかかります。さまざまな会議の様子、本音に近いインタビューなど、よく取材できたなぁ、という感想を持ちました。現場にディレクターが相手と信頼関係を築かなくてはこんな映像、音声取れなかったはず。
それにしても現在の中国で繰り返される思想統制の風景が、80年前の日本に見える瞬間が何回もありました。これは持続可能な道ではないと感じました。
https://www.nhk.jp/p/bs1sp/ts/YMKV7LM62W/episode/te/L8R9Z118Z4/

(8/23 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.8.24_1

明日8/25(水)20:30から!お見逃しなく!
https://www.facebook.com/yummy130/posts/4365973790150126
https://graphicfacilitationbook.peatix.com/
山田夏子著『グラフィックファシリテーションの教科書』刊行記念! 本間正人先生が紐解く、グラフィックファシリテーションの本質

(8/24 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.8.21_2

NPO学習学協会研究員のブラッドリー桜ミシェルさんが、夏休みにできる(その後もできる)「言葉の探究学習」のメニューをリストアップして下さいました。いつもながら、よくできているなあ。みなさま、ぜひ、お試しください。
さっきまで「未来の先生フォーラム」で「教師は最新学習歴を更新するロールモデルになろう!」という演題で講演しておりました。僕の前は敬愛する木村泰子先生が心に沁みるお話をされていました。「先輩とは、数多く失敗し、やり直しの回数が多い人」という言葉。僕は「最新学習歴」という言葉を使いますが、木村先生の表現はハートに届くなあ、と感じます。
僕自身も偉そうなこと言ってる訳だから、学び続けるぞ、と思っております。木村先生のような素晴らしい先輩がいて、桜さんのような後輩に追いかけられていますから、頑張らなくっちゃと痛感します。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=410658614095888&id=100054552593938

(8/21 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.8.25

コーチングについて研修は受けたけれど、プロのコーチが実際にコーチングをしているところを見たことがない、という人がとても多いのを感じます。通常、コーチとクライアントの間には守秘義務がありますから、第三者が観察する機会は限られます。
でも、必ずしも人前で話せないテーマとは限りません。エッセンシャルマネジメント・スクールの単科コースとして設定された講座ですが、EMS関係者でなくてもご参加いただけます。どのようにセッションを始めるのか、どんな質問を発し、どんな聴き方をするのか、どんな風に論点を整理し、どんな風に提案するのか、本間正人流のコーチングから盗んでいただきたいのです。
上達の秘訣は場数を踏むこと。3回の集中講座で、そのきっかけをつかみ、仕事もプライベートも好循環をスタートして欲しいと願っています。

https://ems-sc005v5.mystrikingly.com/?fbclid=IwAR3ZA7jrrsa-gUiL6OXRwqcZ6joi259AiX0nJLf0lC4Ybc2inIo_ysYl9eI

(8/25 Facebookに投稿された記事です)