コラム_2021.6.16

岐阜の在宅医療の拠点、かがやきロッジの隣に難病に立ち向かう子ども達のリハビリ拠点「かがやきキャンプ」が完成し、日本財団のHPでも紹介されました。プールを使った画期的なメディカルフィットネスができる他、日夜、看病に当たっているご家族の方が一息つける宿泊施設も用意されているとのこと。設計は、かがやきロッジでグッドデザイン賞金賞を受賞された安宅研太郎さん。
コロナ禍が明けたら、僕も見学に伺いたいと思っています。
https://www.facebook.com/ryoichi.ichihashi/posts/4133388826743882

(6/16 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.6.15

明日6/16(水)19時から 『やさしい英語でSDGs!』(合同出版)の出版記念オンライントークライブ を開催します。この本は、NHKワールドのキャスターなど幅広く活躍している山本ミッシェールのぞみさんとの共著で、世界の諸問題と英語をまとめて学べる一冊。
日本橋「誠品生活」の特設スタジオから生中継で配信します。楽しみだなぁ!
https://peatix.com/event/1939394

(6/15 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.6.14

今夜(6/14)20時からです。
2月からスタートした「調和塾」では、時代の最先端を生きる若者達から歳上の世代が学ぶ、というところに力を入れていますが、今日は満を持して、ブラッドリー桜ミシェルさんに登場していただきます。
筑波大学の現役の学生さんで、卒論のテーマは夏目漱石の「永日小品」。とにかく、物事の全体像を曼荼羅的に把握する認識能力、そして、表現能力が卓越しています。彼女のあまりの優秀さに驚愕して、NPO学習学協会の「国語4技能プロジェクト主査」を委嘱しました。
先般、教育実習を経験してこられたのですが、国語の授業だけでなくHR活動などを通じて、生徒達から慕われ、こんなに熱い色紙見たことない、というような色紙を贈られていました。
どんなプレゼンをして下さるのか、超楽しみです。調和塾は初めての方もぜひ、ご参加ください。
++++++++++++++
【6/14(月)調和塾・予告】
 皆様、夜分に失礼致します!ブラッドリーです。
 いよいよ明日になって参りました。国語教育ならびに国語学習に関して、新たなものの見方・考え方を、皆様と共に錬磨できたらと思っております。
 アクティビティーも複数ご用意し、多彩な分野を専攻している友人たちも参加してくれる予定ですので、学際的な交流・対話の場をお楽しみ頂ければと思います。忌憚のないご意見・ご感想をお聞かせ頂けますと幸いです。調和塾の名に懸けて、全力で臨みます。
 それでは、どうぞ宜しくお願い致します。
  ブラッドリー桜ミシェル
https://www.facebook.com/events/956809391736512

(6/14 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.6.11

贄川加代子(にえかわかよこ)さんとは、一緒にヒプノシス(催眠)を学んだこともあります。師匠は、「ピンポン」で有名な松本大洋さんの父上の松本東洋さんでした。催眠というと、TVのバラエティでは大根をかじらせたり、変な行動をさせたりする見世物のイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、僕の認識では「誘導瞑想(guided meditation)」の一種で、身体をリラックスさせ、顕在意識を休めることで、潜在意識からのメッセージを、主として映像の形で受けとる感じです。これ、言葉で説明するのは難しいのですが、体験してみると、ほー、こんな世界もあったのか、と思うかも知れません。
今は、山梨県白州のログハウスにお住まいで、大自然の中で暮らしていらっしゃいます。
明日6/12の調和塾では、特にテーマを決めずにその時、降ってきたテーマを、好きなようにお話しいただきたいなあ、と思っています。タイミングよく参加できる「ご縁のある人」が参加して、その時に一番、意味の深い形で、言葉と時が紡がれるのだと思っています。
https://www.facebook.com/events/309226897329288/

(6/11 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.6.9

調和塾で、東京都美術館アートコミュニケーション係長の稲庭彩和子さんの素晴らしいお話を伺った後、深夜、NHKのBSプレミアムで、エミール・ギメのことを知りました。
廃仏毀釈の風が吹く明治9年に日本を訪れ、日本の仏教と美術を学び、600体の仏像をフランスに持ち帰ったギメのこと、全く知りませんでした。国立ギメ東洋博物館には、元々、法隆寺にあった勢至菩薩像まで収蔵されているとのこと。東寺の立体曼荼羅に感銘を受け、レプリカを日本の仏師に作らせた、というのですから恐れ入ります。
また、西本願寺の僧侶と仏教哲学について問答した記録も残っています。キリスト教よりも、仏教の因縁論の方が当時、急速に進化していた自然科学と相性が良いことを発見したり、対話的で主体的な深い学びの極致だったのかも知れません。
また、西陣のジャカード織の織機は、同時期にフランスのリヨンからもたらされた縁もあったとのこと。病気によってフランスの養蚕業がダメージを受けた時に、日本のカイコと生糸が役に立ったというのも面白いご縁でした。
「歴史から学ぶ」という一項が、僕の中で飛躍的に深まった1日だったという感慨を持っています。
https://www4.nhk.or.jp/pcafe/x/2021-06-08/10/7762/2325609/

(6/9 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.6.9

今年も「価値語コンクール」が開催されます。語彙力は思考力に直結しています。現在の世の中は、「賛成、反対」「最高、最悪」「与党、野党」などという二極化した表現に溢れています。豊かな言語表現力を身につけることで、より精細に物事を見つめ、自分の意見を的確に伝えることができるようになるはず。
「ほめ言葉のシャワー」などの実践を通じて、学校におけるコミュニケーション教育の推進・定着を図っている菊池省三先生と季刊誌「白熱する教室」を刊行されている中村堂さんのイニシアティブに敬意と感謝を送ります。
大人も子どもも参加できるジャンルがありますので、ぜひ、トライしていただきたいと思います。
https://www.facebook.com/groups/879570438759088/posts/3933465190036249/

(6/9 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.6.8_2

一瞬、何が起こっているかわからなかったけれど、お店の電光掲示看板の上に2連のポスターを貼るとこうなるのね。これは、ある意味、目立ちますね。
長引く緊急事態宣言で、飲食店の皆さんは本当にご苦労されていると思いますが、「政治」の役割の大きさについて実感されたのではないでしょうか?7/4には東京議会議員選挙、秋までには衆議院総選挙があります。有権者の見識も試されているのだと思います。
https://www.facebook.com/yuji.kawana/posts/5409287789146044

(6/8 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.6.8_1

「商業界」の編集長をつとめられ的た笹井清範(ささいきよのり)のご著書「繁盛の法則」(同文館)の出版を記念して調和塾でトークライブを、6/10(木)開催します。これまでのマーケティングの「4P」に代わる新しい「4つのP」を提案されています。
PHILOSOPHY
商いの「哲学・理念」を確立する
STORY-RICH PRODUCT
「物語性豊かな商品」をつくる
PERSONALITY
あなたらしい「個性・人柄」を磨く
PROMISE
お客様との「約束」を果たし「絆」を結ぶ
明後日、超楽しみです!
https://www.facebook.com/events/466110944650587

(6/8 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.6.7

明日(6/8)20時から、Zoomの調和塾に、東京都美術館学芸員の稲庭彩和子さんにお越しいただきます。稲庭さんは「メディアとしてのミュージアム」を推し進める「とびらプロジェクト」でも中心的な役割を発揮されています。これは都美館(とびかん)と東京藝術大学が組んで、人と作品、人と人、人と場所をつなぐ活動を展開するものです。コメント欄にビデオのリンクを貼っておきますが、子ども達が美術館を訪れ、とびラーと小グループで対話型鑑賞のWSをする様子は、まさに過去と現在・未来をつなぐ営みだと感じました。
僕自身は学習学の目指すべきビジョンとして「Learning Planet」というコンセプトを提案し、「自然から学び、歴史から学び、文化の多様性から学び合う」と言ってきたのですが、まさに Museum, Library, Archive がその担い手だということに気づきました。でもICOM(国際博物館協会)の国際大会が2019年に京都で開催されたこと、迂闊にも知りませんでした。この大会で「ミュージアムの定義」が更新が発議されました。
+++++
ミュージアムは、多様な人々を迎え入れ、さまざまな声に耳を傾ける民主的な空間です。私たちの過去や未来について、物事の前提や判断が本当に正しいか、なぜそうなのかを多角的に検討し、思考する、対話のための場所です。現在の利害の対立や課題を認識して取り組みつつ、社会から託された美術品・歴史資料・標本などを保存し、未来の世代のために多様な記憶を守ります。また、そうした文化的遺産への平等な権利とアクセスをすべての人々に保証します。
ミュージアムは、営利を目的としません。参加性・透明性を重視し、多様なコミュニティと積極的に協働し、収集、保管、研究、解説、展示し
世界についての理解を深めます。そして、全世界の平等と、地球のウェルビーイング(良い状態)に貢献することを目指しています。(稲庭氏訳)
+++++
まさにSDGsのスピリットそのものではないですか!この新定義、京都大会では決議に至らず、2022年のプラハ大会に持ち越しになったのですが、僕自身も俄然、関心を持ちました。明日の稲庭さんのお話、多くの人に聞いていただきたいです。
https://www.facebook.com/events/466629994439729

(6/7 Facebookに投稿された記事です)