コラム_2021.1.7

 情熱大陸でも紹介された探究学舎代表の宝槻泰伸さんは、「5児の父」でもあります。 親にとって子育てコミュニケーションは永遠の課題。人は、一人ひとりキャラが違うので、こうすれば必ずうまくいくという魔法の処方箋は存在しません。
 しかし、基本的なガイドラインとして、ガミガミ怒らない方が良いし、長所を見つけて伸ばした方が良いし、対話の機会は多い方が望ましいのです。ところが、「子育て」について学ぶ機会は学校教育の中では皆無に近いのが実情です。
「子どもは親の思った通りにならない」という大原則は、経験者にとっては当たり前のことですが、こんなに大切なことを学ばないまま親になることが、虐待やDVなどが発生する原因の一つになっていると考えます。
 最近、一番多いご相談が「子どもがゲームばかりやってて、ちっとも勉強しないのです。どうしたら良いでしょうか?」というもの。この質問に対する答えも、一つではありませんが、いくつかのパターンを知っていれば、色々試してみることが可能になります。
 今回は「コーチングを子育てに活かすには!? 」というテーマで、やっちゃんが僕に質問をぶつけてくる、という趣向。2月からは連続講座の開催も検討しています。僕も楽しみにしています。
【日時】2021年1月15日(金)20:00-21:30
【参加費】 1,000円(事前申し込み制)
【申し込み締め切り】1月14日(木)19:00
【開催方法】 Zoomウェビナー (録画配信あり)
※Peatix からお申し込みの方に、開催前日までに視聴用リンクをお送りします。

(1/7 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.1.6

 本日(1/6)京都芸術大学2020年度の通学課程入学式が行われました。コロナ禍のために4月の開催予定がずれて今日になったのですが、この9ヶ月あまり、1年生はそれぞれの葛藤を味わいながら、それぞれの自己ベストを更新してきたのだと思います。
 「だから〜できなかった」こともあるでしょう。一方「だからこそ、学べたこと、気づけたこと」もきっとあったはず。誰も予測できなかった状況でチャレンジし続けることが、人生の中で必ず役に立つと僕は信じています。
 写真は、僕ではなくて、尾池和夫学長。地震学者で、元・京大総長、そして、日本を代表する俳句同人「氷室」を主宰する俳人です。式辞の中でコロナ対策として「栄養、休養、教養」の大切さを説かれました。そして、芸術学の大学院に進むことを検討されているとのこと。京大理学部から直接、助手に就任し、博士号は論文で取得されたので、修士課程で学ぶことにワクワクされていらっしゃるそう。誰もが最新学習歴を更新する社会を提案している僕としては、まさに我が意を得たり、と言う気持ちでいっぱいです。
 2013年に学長に着任されてから8年間、重責を担われて3月で退任され、吉川左紀子先生に後を託されます。19歳年長の尾池先生の謦咳に接し、教育機関のリーダーとしての「あり方」を学ばせていただけたことは光栄であり、かつ、とてもありがたいことでした。心から感謝申し上げます。

(1/6 Facebookに投稿された記事です)

コラム_2021.1.3

 第8回菊池道場全国大会まで1週間になりました。僕もオンラインで講演させていただきます。
 菊池省三先生は、北九州市立の小学校で教鞭をとり、「ほめ言葉のシャワー」「白い黒板」「価値語」「学習ディベート」など、様々な教育実践を開発。今は、全国で「菊池道場」を主宰し、志高い先生方とともに、日本の教育を進化させる最前線で挑み続けていらっしゃいます。


日時 2021年1月10日(日)12時~16時半
●会場 日本橋社会教育会館ホール or オンライン
●後援 東京都公立小学校長会、東京都中央区教育員会
●詳細はこちらをご覧ください。
http://k-dojyo.net/?page_id=1159
お申し込みは、「会場参加」か「オンライン参加」のどちらかをお選びください。
【会場参加】https://kokucheese.com/event/index/604219/
【オンライン参加】https://210110-8th-k-dojyo.peatix.com/

(1/3 Facebookに投稿された記事です)