コラム_2021.8.21_2

NPO学習学協会研究員のブラッドリー桜ミシェルさんが、夏休みにできる(その後もできる)「言葉の探究学習」のメニューをリストアップして下さいました。いつもながら、よくできているなあ。みなさま、ぜひ、お試しください。
さっきまで「未来の先生フォーラム」で「教師は最新学習歴を更新するロールモデルになろう!」という演題で講演しておりました。僕の前は敬愛する木村泰子先生が心に沁みるお話をされていました。「先輩とは、数多く失敗し、やり直しの回数が多い人」という言葉。僕は「最新学習歴」という言葉を使いますが、木村先生の表現はハートに届くなあ、と感じます。
僕自身も偉そうなこと言ってる訳だから、学び続けるぞ、と思っております。木村先生のような素晴らしい先輩がいて、桜さんのような後輩に追いかけられていますから、頑張らなくっちゃと痛感します。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=410658614095888&id=100054552593938

(8/21 Facebookに投稿された記事です)