コラム_2021.2.27

さっきまで「SDGsを身近に感じるWS」をzoomでやってました。SDGsを「海外の問題」ととらえるのではなくて、「わがこと」として認識し、自分自身の身の回りでできることを探すこと、行動の判断基準とすることが大切であることをあらためて感じました。
僕は知らなかったのですが、東名高速道路の海老名サービスエリアのトイレの個室に、疲労度測定までできるタッチパネル操作の最新鋭設備が導入されたとのこと。しかし、このタッチパネルは視覚障害者にとっては使えないものだったというお話を聞いて、「誰一人として取り残さない」というSDGsの精神を社会のあらゆる場面で実現していくために、多様性を理解し、思いを巡らす想像力が必要だと思いました。
明日(2/27 日曜日13-17時)は、クラブハウスでモデレーターをつとめる時、zoomなどでファシリテートする時に役立つスキルをコンパクトに紹介する「オンライン研修講師塾ミニ」を開催します。まだ、席に余裕がありますので、ご関心があればぜひご参加下さい。ちょっとした工夫で、圧倒的な盛り上がりの違いを実現できるでしょう。

https://peatix.com/event/1824746/

(2/27 Facebookに投稿された記事です)