コラム_2020.12.11

 京都芸術大学 の副学長として、ちょっとだけ「らしい仕事」をしているのが、このインタビューシリーズ。

 サイボウズ 青野慶久社長ご自身もエッセンシャルマネジメント・スクール(EMS)などで「最新学習歴」を更新し続けています。劇的に変化し続ける社会のなかで社員の「学び直し」を応援することが持続的発展に不可欠な時代です。

 芸術教養学科 卒業生の #田中由香子 さんは。テレビ局のカメラマン、フリーランスを経て、現在は世界の芸大の最高峰 英国 Royal College of Art(#RCA)で科学的なリサーチをベースにした作品制作を行い、Princess of Wales Award も受賞。スイスの #CERN が建設する博物館の企画にも参画しています。

 そして、本学の通信教育部に在学しながら、#京都伝統文化イノベーション研究センター(#KYOTOT5)の研究員としても活動し、職人の技と素材にフォーカスしたプロジェクトに参加されている小島さん(デザイン科 空間演出デザインコース)と杉浦さん(芸術学科 アートライティングコース)のお二人にもお話を伺いました。
 それぞれの最新学習歴の更新の物語が、多くの皆さんの参考になりますように!
第4回:伝統工芸にイノベーションを。職人との出会いで見つけた新たな価値
第5回:経営戦略としての「学び直し」変化し続ける社会で求められる働き方とは
第6回:世界最高峰の美術系大学院 Royal College of Art で学ぶ卒業生
https://uryu-tsushin.kyoto-art.ac.jp/detail/737

(12/11 Facebookに投稿された記事です)