メルマガバックナンバー

2010年09月17日

==========================================

  学習学ファシリテーター本間正人が発行する
 【個人・組織・社会】の学習力を引き出すメルマガ
    ■□■ らーのろじすと ■□■

                 2010年9月17日号

==========================================

こんにちは。本間正人です。
一気に涼しくなりました。
読書の秋、食欲の秋ですね。

ホームページもリニューアルしました!

http://www.learnology.co.jp/

ツイッターでもつぶやいています。

http://twitter.com/learnologist

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ 9-10月のイベントのご案内   ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■「笑顔のコーチング」
  誰でも参加できて楽しいエクササイズを通じ
  笑顔の輪が広がる2時間プログラムです。
  9月23日(木・祝)10~12時 高松
  9月24日(金)15~17時 大阪府池田市
     10月  2日(土)10-12時、13-15時 札幌Wヘッダー【NEW】

■「笑顔のコーチング・ファシリテーター養成講座」
  ハロードリームの理念に共鳴した方を対照に
  2時間講座のネタとファシリテーションのコツを伝授。
  9月18日(土)10~17時 四日市【明日!】
  9月23日(木・祝)10~17時 高松【NEW】
  9月25日(土)10~17時 金沢

■「夢の日ウィーク」
  全国各地で夢のイベントに参加します。

* 以上の講座の詳細は下記サイトから
  http://hello-dream.com/schedule/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ らーのろじーDVDの紹介  ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本間正人のコーチングDVD5巻セット、
高原恵子の「メンタルヘルスコーチング」DVD
どちらも2万円(税込、送料込)です。
企業・団体の研修にご活用いただき好評です。

http://www.learnology.co.jp/dvd/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ インターネット講座開講中  ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「女性の部下」「年下の部下」「最近の若者の部下」を
お持ちの方向けにビジネスコーチングの手法を伝授する
「共感コーチング実践ゼミ」をネット配信中です。
(運営会社:NTTナレッジ・スクウェア株式会社)

http://n-academy.jp/business/m_honma.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ 今日のコラム  ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『世界とつながる  Twitter 英語学習法』
              (ディスカヴァー21)

楽天、ユニクロなどが火をつけた「英語の社内公用語化」
について、メディアから取材を受ける機会が増えていま
す。僕自身は、英語公用語化推進論者として紹介される
ことが多いのですが、決して日本じゅうの全ての会社の
全ての人が英語を使わなければならないなんて唱えてい
るわけありません。

ただ、人口が減少する日本市場だけでなく世界市場でビ
ジネスをしていこうと思えば、英語で仕事のできる人材
を確保・育成し、企業全体としての英語力を高めていく
ことは不可欠です。ここまでは、どなたにもほぼ合意い
ただけることです。

ところが、Mixi や Twitter での議論で気になるのは「英
語に対する苦手意識」を持っている人が非常に多くて、
それが公用語化に対して、感情的な反発を生み出してい
るということです。要するに「自分はイヤだ」と。

多くの日本人が数年間も英語の授業を受けて、英語力に
自信が持てない最大の理由は、「英語との実接触時間」
が短いこと。学校英語の授業はほとんど日本語が飛び交
い、生の英語に触れる時間数が圧倒的に少ないのです。
そしてインプット(リーディング、文法、単語)重視の
結果、アウトプット(スピーキング、ライティング)の
チャンスがほとんどありません。

せっかく学んだ情報も使わないでおくと、いつの間にか
さびついてしまいます。学んだことはアウトプットする
ことにより、使える知識へと定着していくのです。

ツイッターは、移動時間にナマの英文に触れながら、ほ
んの1語か2語付け加えるだけで自分の意見を発信でき
る便利なメディア。興味のあるテーマについて、誰かの
作文を参考にして「借文」すれば、ほとんど文法を意識
することなく気楽に同好の士と交流できます。

本書では、お気に入りアカウントの見つけ方、レスポン
スの返ってきやすいつぶやき方など、具体的なヒントを
紹介しました。始めて1週間のうちに10人の海外フォ
ロワーを獲得した人もいます。

ぜひ、英語でツィッター試してみて下さい!


* マイコミ・ジャーナル本多義則氏のコラムで紹介されました
  http://journal.mycom.co.jp/column/bizenglish/044/index.html

* 本書をはじめ、本間正人の近著については
  http://www.learnology.co.jp/publication/

↑ページ先頭に戻る