メルマガバックナンバー

2010年08月20日

☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.∴..∴.∴☆
  学びを科学する ら~のろじすと
   組織と個人の可能性を開くメルマガ
☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.∴☆

8月も後半戦。暑さに注意。
皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
ら~のろじすと8月第2号をお届けします。

┏━━━━━━━━┓
┃CONTENTS┃
┗━━━━━━━━┛

1.本間正人はどこへ行くのか?
2.NPOハロードリーム実行委員会(HD)
3.松野守峰先生 英語講座
4.市瀬博基「組織開発の文化論」 Vol. 45
 ~そして最後もウチとソト ~
5.二木郷子「いつしか学習の日々」vol.75
 ~教科の外側に~
6.らーのろじーDVDの紹介
7.本間正人の「共感コーチング実践ゼミ」開講中
8.編集後記


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■1.本間正人はどこへ行くのか?
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

すでにご案内しましたように、本郷のらーのろじー・
セミナールームは8月末日をもってクローズいたしま
す。ご来駕・ご参加いたただいた皆々様には、心から
感謝申し上げます。

多くの方から「で、本間さんはどうするんですか?」と
いう質問をいただきました。ご心配いただき恐縮です。
引き続き企業研修の講師も、CS朝日ニュースター
Learning Planetのアンカーも続けてまいります。
ちなみに8/28からの放送は「英語の社内公用語化、
企業英語力の向上」についての特集です。

書籍の執筆も、今年の1~6月は月刊ペースを達成し
ましたが、今後はより「学習学」に根ざしたテーマで
書いていこうと思っています。9月8日(水)には、
ディスカヴァー21で「世界とつながる Twitter英語
学習法」の出版記念イベントを行ないます。

NPOハロードリーム実行委員会の「笑顔のコーチング」
「夢の日イベント」、JCATの「コーチングフェスタ」、
「最高の居場所」などは、この秋もめじろ押しでスケジ
ュールが入っています。ですので、活動自体にさほど大
きな変化はありません。

2011年3月までの目標としては、
1)「学習学」という語がタイトルに入った本を出す
2)地上波TVで建設的なトーク番組を実現する
3)公開講座に代わる事業の柱を立てる
という3つを考えています。公開講座形式の「研修講
師塾」「組織活性化講座」などは当面、予定がありま
せんが、開催する場合には貸し会場を使うことになる
でしょう。また、公開講座形式以外のプログラムを目
下、鋭意検討中です。

今号まで、エッセイを寄稿して下さった二木郷子さん、
市瀬博基さん、そして「ら~のろじすと」の歴代編集長
である浅沼真由美さん、富田愛里さん、浅羽克彦さん、
そして、お読みいただいた読者の皆々様に心から感謝の
意を表する次第です。来月からは、新しいコンセプトで
再スタートします。乞うご期待!     (本間正人)


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■2.NPOハロードリーム実行委員会(HD)
     主催イベントのご案内
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

*らーのろじー株式会社はNPOハロードリーム実行委員会
の趣旨に賛同し、その活動を応援しています。
http://hello-dream.com/supporter/


●笑顔のコーチング●
全国に笑顔の花を咲かせる笑顔のコーチング。
笑顔を引き出しあう関わり方を、一緒に学んでみませんか?

~開催日程・場所~
8月21日(土)10:00~12:00
TOC大崎ビル1号館(東京都品川区)
(講師:本間正人)

8月28日(土)13:00~14:30
川崎市中原市民館(神奈川県川崎市)
(講師:認定ファシリテーター石田智子)


●笑顔のコーチングファシリテーター養成講座●
笑顔のコーチングをリードする講師(ファシリテーター)
の養成講座です。地域で笑顔を広める担い手に
なりませんか?(講師:本間正人)

~開催日程・場所~
8月21日(土)10:00~17:00
TOC大崎ビル1号館(東京都品川区)

8月28日(土)10:00~17:00
キャリア・マム内(東京都多摩市)

9月11日(土)10:00~17:00
鹿児島県市町村自治会館(鹿児島県鹿児島市)

9月18日(土)10:00~17:00
じばさん三重(三重県四日市市)

9月25日(土)10:00~17:00
金沢ビーンズ/明文堂書店金沢県庁前本店(石川県金沢市)


●笑顔のコーチングコーディネーター養成講座●

「笑顔のコーチング」公開講座を、地域で自主的に開催し、
笑顔の輪を拡げるリーダーシップを発揮していただく
「コーディネーター」を養成する講座をスタートします。
(講座料・登録料はかかりません)


~開催日程・場所~
9月4日(土)10:00~17:00【NEW】
TOC大崎ビル1号館(東京都品川区)
(講師:本間正人)


【詳細・お申込み】
http://hello-dream.com/schedule/
みなさまのご参加、お待ちしております!

*今後、認定ファシリテーターの方が、PTAや公民館
 など、それぞれの地域で「笑顔講座」を開催してい
 く機会を増やしていきたいと思います。特に、東北、
 四国地方での開催を希望しています。開催したい、
 とお考えの方は、 info@hello-dream.com までご連絡下さい。


●夢の日ウィーク●

10月29日から11月7日は「夢の日ウィーク」として、
全国各地でイベントが開催されます。

イベントに加えまして、
「夢宣言」「夢の日ソングの歌詞作詞」などWeb上でも
「夢の日」に参加していただくことができます。

詳しくは下記HPを御覧ください。
http://www.dreamday.jp/



∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■3.松野守峰先生 英語講座
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

『はじめて受けるTOEIC(R) TESTパーフェクト攻略』
(桐原書店)などのベストセラーで知られ、本間正人の英語
の師匠でもある松野守峰(まつのしゅほう)先生が、渾身
の情熱を傾ける講座です。
外資系コンサル企業などで活躍したい、仕事の中で高度な
英語力を必要としている、就職・昇進のためにTOEICのスコア
アップをはかりたい、英検1級・準1級合格をめざしている、
といった方などを対象にします。NPR(National Public
Radio)、
International Herald Tribune などの教材を使って、他で
は学べない本物の英語力を磨きましょう。

毎週木曜日 1830-2100【開講中】
新宿 ルノアール新宿西口エステックビル店
最寄駅: 新宿駅(丸ノ内線)、都庁前駅(大江戸線)


毎週土曜日 1830-2030【開講中】
女性のためのTOEIC講座
表参道 東京ウィメンズプラザ
最寄駅: 表参道駅(銀座線、半蔵門線、千代田線)
 * 男性も参加できます。


一度、表参道でご見学いただき、松野先生の指導法を十分
ご理解いただいた上で、ご都合の良い場所でご参加下さい。

詳細情報・お申込みはこちらから
http://www.matsunoshuho.com/


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■4.市瀬博基「組織開発の文化論」 Vol. 45
 ~そして最後もウチとソト ~
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

免疫学者の多田道雄がこんなことを書いています。

「免疫というシステムは、先見性のない細胞群をまずつくりだし、
その一揃いを温存することによって、逆に、未知のいかなるものが
入ってきても対処しうる広い反応性を、すなわち先見性をつくり
だしている」

非自己、つまり自分のソト側という未知なるものに対処するためには、
まず自分のウチ側にソトなる存在を確保し、揺るがない自分の輪郭を
固めることが大切だ、という話です。


一昨日から、自治体の方を対象とした組織開発の研修を行っています。
毎年夏に開催されるこの研修会へ参加される方々は、マスメディアで
喧伝される「公務員」のイメージの正反対に見える自治体職員の方々
ばかり。

人員、コスト、仕事のやり方や、突発事態への対応などなど、自治体
組織を取り巻く状況がますます厳しくなる中、ここに全国から集まって
こられた職員の方々は、現状に対する高い問題意識を持ち、職場の
あり方や人と人との関係性を変えていくためのきっかけを常に
探し求めている方々ばかりです。

が、そういう人たちって往々にして職場で孤立することがあるんですね。

研修初日の事例発表にいらした福島県相馬市の総務課職員の方が
こんなことをおっしゃってました。組織改革で大事なことは結果
じゃなくて、実現までの課程にある。制度上の壁、物理的な壁、
経済的な壁、そして人的な壁を乗りこえるための行動。たとえそれが
結果をもたらさないとしても、行動を生みだし、これを継続して
いくことが大切。

誰もが職場で浮いてしまうこと、つまり職場のソトに出てしまうこと
を恐れている。なぜなら誰もが「恥ずかしがりや」だから。
この状況を変えるためには、まずは自分が動き、周りを巻き込み、
決してあきらめることなく仲間を増やしていくアクションを
つづけることが大事なのだ。


ウチとソト。

日本の文化を特徴づけるものとして、海外の日本研究者なら誰もが
最初に習うコンセプトですが、これはつねに古くて新しい問題で、
たとえば組織内部の人間が組織開発に取り組むにあたって、おそらく
もっとも重要なことは、どうすれば組織のウチ側にソト側を
作りだすことができるのか、ということ。

なんて疑問からこのコラムをはじめたのが、すでに2年も前の話
なんですね。そしてこのコラムは今回が最終回(涙)。

この2年の間に出会った方々、そして一昨日からの研修に参加
されているみなさんから日々の取り組みに関するお話をうかがって
思うのは、組織開発を成功させるのは、シンドさを厭うことなく
組織のソト側に立ちつづけようとする方々の熱意と行動なのだ、
ということ。

免疫というシステムが、そのウチ側にあえてソトを作り出すように、
組織の中にこうした人々がいることで、激変する環境に組織が
対応するための「予行演習」が可能になるのだと思います。

こうした「志士」の方々がさらに増えていくことを心から
願っています。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■5. 二木郷子「いつしか学習の日々」vol.75
 ~教科の外側に~
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

私の手足には、傷跡というものがない。
ほとんど怪我をしない子供だったからだ。
幼いころ、派手に転んで泣く子を見て、反面教師にしていた。
公園や学校のそばに必ずある、「幼児とびだし注意」という
看板を見るたび、「とびだしたりしないって」と思っていた。
けっこう飛び出す奴がいる、と知った時は驚いた。

反対に、ウチの亭主の手足は傷だらけだ。
右手の親指には、ゼロ歳の時の傷が残っている。
近くにあった剃刀を「これは何ばぶ?」と思ってギュッと
握ってしまい、「ばぶー!!」と泣いたそうだ。
その後も、自転車で坂道をこいで下って電柱に激突し4針、などなど
懲りない生活を送り、もちろん「とびだし注意」なところでは
必ず飛び出していたそうである。

だが今、私はそんな亭主をバカにできない。
むしろ、命を落とさぬ程度に無茶をすることは必要だと思う。
余りに憶病で、怪我をしなさすぎた私は、大人になっても今ひとつ
自分の経験値やタフネスに自信が持てないのだ。
だから私は今、「無茶のしかた」を学びたい。

――無茶スキルの高い人々よ、こんな私に、頼むから
「そんなものは学ぶものじゃなくて、自然に…」とか言わないで。
あなた方はその舌の根も乾かぬうちに
「喧嘩の仕方を知らない奴は、かえって危ない」とか
「痛い目に遭わなきゃ、わかんないことってある」とか言うんだから。
それなら、あなたがたの叡智をちりばめた
「チャート式 高校無茶」とか「無茶 自由自在」とか作ってくれよ
――って、それこそ無茶な要求か。

無茶ついでに、ほかにもニーズの高そうな「教科」を考えてみた。
たとえば「コケットリー」。
たとえば「ウソの見抜き方」。
たとえば「バカになる方法」。
たとえば「自分を知る方法」。

こういうジャンルは、大っぴらに教えられることも、学ばれることもない。
教育現場でなされる学び――教養であれ実学であれ――の外側には
こうした、「各自で学ばなくてはならない領域」がある。
人が不安を覚えるのは大抵、この領域に自信が持てないときだ。

不安を消すこと、強い心を持つこと、「自分の生き方」を知ること。
それを私たちは、どのように人に教えればよいのだろう。
そして私たち自身はどのようにして学べばよいのだろう。
教えること・学ぶことの定義と領域――その「輪郭線」は
これからも大きく広がるだろう。
それは私たちと、この先の世代をも、大きく変えていくに違いない。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■6. らーのろじーDVDの紹介
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

企業の人事・研修担当者をはじめ各種団体での
勉強などに幅広くご活用いただいています。


本間正人のコーチングDVD5巻セットは
コーチング研修の復習にもぴったりです!
http://www.learnology.co.jp/dvd/

【サンプル映像はこちらから】
http://www.learnology.co.jp/dvd/item/detail/1-5set/


カウンセラー(臨床心理士)でコーチの
高原恵子さんのメンタルヘルス研修のDVDです。
http://www.learnology.co.jp/dvd/mental/

【サンプル映像はこちらから】
http://www.learnology.co.jp/dvd/item/detail/mental/


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■7.本間正人の「共感コーチング実践ゼミ」開講中
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

「女性の部下」「年下の部下」「最近の若者の部下」を
お持ちの方向けにビジネスコーチングの手法を伝授する
インターネット講座を開講中です。
(運営会社:NTTナレッジ・スクウェア株式会社)

実際の職場シーンを想定した課題や添削指導も豊富。
好きなときに好きな場所で、インターネットを使って学べるので、
忙しい方、遠方の方も安心です。
ぜひご受講下さい。

<詳細>
http://n-academy.jp/business/m_honma.html


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■8.編集後記
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

今回のら~のろじすとを持ちまして、
市瀬博基さんの「組織開発の文化論」、
二木郷子さんの「いつしか学習の日々」は最終回となります。
これまでのご愛読をありがとうございました。
そして、毎回エッセイを寄稿してくださったお二人にも
大変感謝しております。

なお、弊社ホームページにて、
バックナンバーもお楽しみ頂けます。
お読みになっていないものがございましたら、ぜひお読みください。
http://www.learnology.co.jp/mailmagazine/

次回からは、「新しいコンセプトで再スタートします!」と
本間の冒頭の挨拶があるように、メルマガの内容も変えてお届けいたします。
ぜひ、今後もご愛読下さいますようお願い申し上げます。


気がつけば8月も末で、甲子園もクライマックスに近づく時期ですが、
まだまだ暑い期間が続きそうです。
(今月末までは暑いみたいですね…)

夏の終わりと、秋のはじまりを、元気に笑顔に過ごしましょう。
次回からもよろしくお願いいたします!

(浅羽克彦)

↑ページ先頭に戻る