メルマガバックナンバー

2009年11月17日

☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆
  学びを科学する ら~のろじすと
   組織と個人の可能性を開くメルマガ
☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆

11月半ばとなりました。
皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
ら~のろじすと11月第2号をお届けします。

┏━━━━━━━━┓
┃CONTENTS┃
┗━━━━━━━━┛
1.世代を越え、国境を越えた叡智
2.らーのろじー主催~公開講座のご案内~  
3.NPOハロードリーム実行委員会(HD)
4.おすすめイベント紹介
5.市瀬博基「組織開発の文化論」 Vol. 27
 ~「組織」と「システム」をめぐる3つの言葉 ~
6.二木郷子「いつしか学習の日々」vol.58
 ~ぬるいパンドラの箱~
7.編集後記


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■1.世代を越え、国境を越えた叡智
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

人間は「学習する存在」(ホモ・ディスケンス)で
あるというのが、学習学の基本テーゼですが、個人
に限らず、企業や家族といった人間集団も学習主体
であると考えています。そしてピーター・センゲを
はじめとする「学習する組織」論については、企業
研修も実施し、また、公開ワークショップを開催し
てきました。

家族を一つの学習主体としてとらえる見方の一つに、
「おばあさん仮説」というものがあります。人類が、
最も優勢な種として繁栄したのは、おばあさんが、
食事や子育てなど、生きる知恵を伝承したからであ
るという考え方です。他の動物は「生殖年齢=寿命」
ですが、人類の女性だけは、自らの生殖期間を終え
ても、さらに長生きして、世代を越えた知恵のかけ
橋になったのです。ところが、核家族化という世界
的な現象は、この人類最大の強みを阻害するファク
ターになっています。

逆に言えば、現代社会の子育てに関わる様々な問題
の多くは、三世代の交流と、おばあちゃん世代の活
躍によって、解決できるものがあるはずなのです。
この「おばあさん仮説」の提唱者である長谷川真理
子先生の講演会が11月20日開かれます。これは
見逃せません。

そして、24日には、ノーベル平和賞にもノミネー
トされてきたA・T・アリヤラトネ博士の講演会も
開催されます。スリランカで農村開発に取り組む、
サルボダヤ運動の創始者であるアリ博士は、リトル
ガンジーと呼ばれ、世界的に尊敬されています。今
回は、「欲望に基づかない本当の豊かさとは?」と
いうテーマで、人類の進むべき道を語って下さいま
す。アリ先生の講演は、不肖、私が通訳をつとめ、
外務副大臣の福山哲郎氏、龍谷大学の中村尚司先生
と鼎談形式で、考えていきます。仏教精神に裏打ち
されたアリ博士の言葉は、深く、暖かく、私たちの
心に入ってきます。こちらもぜひご参加下さい。
                (本間正人)

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■2. らーのろじー主催 ~公開講座のご案内~
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

現在申込可能な講座は下記のとおりです。
ご参加をスタッフ一同おまちしています!

●研修講師塾
http://www.learnology.co.jp/lecture/
 講師 : 本間正人
 会場:東京・本郷「らーのろじー」セミナールーム

  研修講師塾 自己ブランド確立コース(1日間)
 ★2010年01月18日(月)10-17時
 ★2010年02月08日(月)10-17時
  参加費 42,000円(消費税込み)

  研修講師塾 新・基本コース(2日間)
 ★2010年01月29~30日(金・土) 10-17時
 ★2010年02月26~27日(金・土) 10-17時
  *参加費 126,000円(消費税込み)

 研修講師塾 スキルコース (2日間)
 ★2010年02月09日~10日(火・水)  10-17時
 *参加費 73,500円(消費税込み)

 研修講師塾 コンテンツコース (3日間)
 ★2010年02月11~13日(祝・金・土) 10-17時
  *参加費  210,000円(消費税込み)

----------------------------------------
●社長力講座
http://www.learnology.co.jp/lecture/president/

 講師 : 本間正人
 会場:東京・本郷「らーのろじー」セミナールーム
 参加費 73,500円(消費税込み)

 ★2009年12月12日(土)10-17時

----------------------------------------
●組織活性化ファシリテーター実践講座
http://www.learnology.co.jp/lecture/orgactive/

 ★2009年12月05~06日 (土・日)10-17時
 ★2010年01月16~17日(土・日)10-17時

 講師 : 市瀬博基(学習学協会主任研究員、東京学芸大学特任講師)
 会場:東京・本郷「らーのろじー」セミナールーム
 参加費:52,500円(税込、特別価格!)

----------------------------------------
●6時間で完結!中学高校6年分の英文法復習講座

 ★ 12月13日(日)10-17時

 講師 : 浅羽克彦(『つながる英文法』シリーズ著者)
 会場 : 東京・本郷「らーのろじー」セミナールーム
 参加費: 16,800円(税込、特別価格!)
 対象 : TOEIC600点を目指す方、英文法全体を短期間で復習したい方

『つながる英文法』シリーズの好評を受けまして、
このたび、中学高校の6年間分の英文法を、
6時間で振り返る講座を開講します。
主要なテーマに絞って、コンパクトにお伝えします。

TOEIC対策、英会話の勉強などのため、
忘れてしまった英文法を効率よく一日だけで振り返ることができます。
英文法の基礎を確認したい方にお勧めの講座です。

《お申し込みはこちらから》
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=43526
《『つながる英文法』の紹介》
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4887596588


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■ 3. NPOハロードリーム実行委員会(HD)
     主催セミナーのご案内
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

*らーのろじー株式会社はNPOハロードリーム実行委員会
の趣旨に賛同し、その活動を応援しています。
http://hello-dream.com/supporter/


●世界一受けたい授業 長谷川眞理子先生講演会 
「みんなで支えあう子育て」フォーラム

第一部では、日本テレビ「世界一受けたい授業」にも出演され、
動物や人間の行動生態学、進化生物学などの専門分野から、
ユニークで説得力のある講義をなさることで有名な長谷川眞理子先生を
おむかえし講演をして頂きます。

第二部では、「孫と留学」という方法にてひきこもりの問題に取り組んで
いらっしゃる難波三津子氏(カナディアン・アカデミー・セタガヤ代表)と
長谷川先生のトークセッションを行います。

「女性の生き方」「これからの子育ての在り方」にご興味のある方は
ぜひお誘い合わせのうえお越しくださいませ。

【長谷川眞理子先生 講演テーマ】
おばあさん仮説~子育ては血縁をこえて助け合うもの~

 動物は生殖期間を越えて長く生きることはありませんが人類の女性のみが
 自らの生殖期間を終えてなお長く生きる仕組みになっています。
 それには、現代の課題解決の糸口ともいえる理由がありました・・・

 ◆日時  11月20日(金) 19時~21時
  受付開始 18:30  
 ◆場所   東京都品川区大崎 TOC大崎ビル19F
  http://www.sanrio.co.jp/corporate/about/overview/tokyo.html
  山手線、りんかい線、大崎駅より、徒歩3分です
 ◆対象:三世代、女性の生き方などに興味のある方ならどなたでも。
 ◆参加費:2000円

【詳細・申込】
http://hello-dream.com/schedule/page-1179.html


●笑顔のコーチング
(家庭や職場を笑顔にするヒントがわかる2時間の講座です)

~開催日程・場所~
12月26日(土)10:00~12:00
TOC大崎ビルディング1号館19階(東京都品川区)
(講師:本間正人)

【詳細・お申込み】 
http://hello-dream.com/smilingface/


●笑顔のコーチングファシリテーター養成講座
~開催日程・場所~
12月26日(土)10:00~17:00
TOC大崎ビルディング1号館19階(東京都品川区)
登録料:10000円(講師:本間正人)

【詳細・お申込み】 
http://hello-dream.com/smilingface/

みなさまのご参加、お待ちしております!


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■4.おすすめイベント紹介
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

コーチングフェスタ2009 in Tokyo
2009年11月22日 東京・大正大学

主催:日本コーチ協会東京チャプター(JCAT)
http://www.coach-tokyo.org/cf2009_top.html


日本コーチ協会東京チャプター(JCAT)では、コーチングに
関わる方のための初のビッグイベント、
「コーチングフェスタ2009 in Tokyo -Beginning 原点-」
を開催することになりました。
JCAT会員の発表やワークショップをはじめ、多彩なゲストに
よるバラエティに富んだ内容で、まさに学園祭です。

【開催概要】
◆ 日時:2009年11月22日(日)9:30~17:30 (開場 8:30)
     (ネットワーキングパーティは17:50~19:00) 
◆ 会場:大正大学 【巣鴨校舎】

◆ 参加費:
  ◇ 一般 :8,000円    
  ◇ 学生 :3,000円
  ◇ 会員 :6,000円
  ・日本コーチ協会(JCA)および各チャプター会員、ICF会員

◆ ネットワーキング パーティー参加費:2,000円
◆ お申し込み:下記URLよりお願いします。
http://www.coach-tokyo.org/cf2009_top.html

----------

欲望に基づかない本当の豊かさとは?
―平和・環境・参加・自治―
スリランカ・サルボダヤ運動の実践から学ぶ


日時:11月24日(火曜)18時から20時30分
会場:JICA地球ひろば 3階 講堂
主催:サルボダヤJAPAN設立準備会・ワンワールド・ワンピープル協会 
協賛:JICA地球ひろば 後援:社団法人協力隊を育てる会 

1958年、経済発展こそが豊かさの物差しであった時代に
「サルボダヤ・シュラマダーナ運動」は心の豊かさの重要性を唱え、
スリランカの伝統文化や価値観に基づいたオルタナティブな開発を
目指して始まりました。

「サルボダヤ」とは「万人の目覚め」、
「シュラマダーナ」とは「ともに働き分かち合う」ことを意味します。

マハトマ・ガンジーの平和思想や仏教の教えに学び、
人々自らが問題解決の主役として資源や労働を分かち合い、
物質的貪欲さにではなく、平和で安全に生きるための必要に基づいた開発。

サルボダヤの半世紀にわたる実践は、住民参加型開発、
持続可能な開発と呼ばれる、極めて今日的なアプローチであり、
今こそ、私たちはその経験から多くのことを学ぶことができると考えます。

欲望に基づかない豊かさを追求したアリヤラトネ博士50年の経験を分かち合い、
サルボダヤ運動を実体験した経験を持つ、
参議院議員の福山哲郎外務副大臣と、
南アジアをフィールドにした地域経済学、民際学者として有名な
中村尚司元龍谷大学教授の3人を中心に、
平和、環境、住民参加、自立と自治といった世界共通の課題を、
サルボダヤ運動の哲学と実践をベースに語り合います。

定員:150名
参加費:1,000円

参加方法:氏名・所属・連絡先Emailアドレスを明記し、
下記にメールにてお申込ください。 

問合せ先:サルボダヤJAPAN設立準備会 世話人(中本 啓子)
Eメール:sarvodayajapan@yahoo.co.jp
ホームページもご覧ください。
http://sarvodayajapan.jimdo.com/


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■5.市瀬博基「組織開発の文化論」 Vol. 27
~「組織」と「システム」をめぐる3つの言葉~
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

熱が出て、クシャミと鼻水が止まらないうえにセキも出る。げほげほ。

という状況は、通常「最低な」状態であって、健康から「ほど遠い」と
感じられるわけですが、いまから約150年前に書かれた、かの
フロレンス・ナイチンゲールの「看護覚え書」によれば、これを正反対の
状況としてとらえることが可能です。

「すべての病気は、その経過のどの時期をとっても、程度の差こそあれ、
その性質は「回復過程」であって、必ずしも苦痛をともなうものではないの
である。
つまり病気とは、毒されたり、衰えたりする過程を癒そうとする自然の
努力の現れである。」

そういえば、50年近く前に書かれた天才整体師、野口晴哉の書「風邪の効用」
にも、こんなことが書かれています。

「風邪を引くということ自体がもう治ろうとする要求だから、感応をはかり
さえすれば良くなる。」つまり「治すという事は病気を治すのではなくて、
病気の経過を邪魔しないように、スムーズに経過出来るように体の要処要処の
異常を調整し、体を整えて経過を待つというのが順序です。」

「ハックション」ときて、「アッ風邪を引いた」と思うと本格的な風邪になる。
本来それは風邪が出て行く兆候なのに、そう思い込んでしまうと、
「恢復的な生理機能そのものまでが次の風邪の元になってしまう。」だから
風邪には、「生理的なもの以外に自分の心で作り出している風邪が非常に
多い。」

これ、人体の「組織」や「システム」にかぎった話ではありませんよね。

ということで、クーパーライダーさんが4年前に書いた「AI」本は、組織の
あるべき成長を「邪魔しないように、スムーズに経過出来るように」組織を
調整し、経過を待つためには、こんな認識を持つことが重要だと説いています。

「人によって構成されるシステムは、常にそのシステムのメンバーが望む
方向へと成長していく。」

とりあえず私は、こんど「ハックション」ときたら「よ~し、いい調子で
回復しているぞ」と思うことにします。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■6.二木郷子「いつしか学習の日々」vol.58
~ぬるいパンドラの箱~
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

「考え過ぎたら気が狂いそうになる疑問を入れて封印する箱」
を、誰しも頭の中に持っていることと思う。
(これ、平穏に生きるには欠かせないアイテムですよね)

ところが、幼少期の私の「箱」は、密閉性がイマイチだった。
強烈な疑問(たとえば「死ぬってどういうこと?」とか)は
フタを閉めても閉めても飛び出してきて、手を焼いた。

一方で、そこまで強く悩んでいない疑問は
フタを押し上げる力もなく、箱の中でおとなしくしていた。
つまり、私の箱の中にあるのは「ぬるい疑問」ばかりだったのだ。

最近ときどきこの箱を開いて、過去の疑問を検分してみるのだが
あらためて、「ぬるい」と思う。
本当に、取るに足らぬ疑問ばかりなのだ。たとえば…

・私は人類史上何番目に生まれた人間なんだろ?
・世界中で今この瞬間、泣いてる人は何人いる?今は?今は?
→呆れるくらい、ど~うでもいい。

ほかにも…

・どんだけ変な顔をしたら私の顔は私の顔と認識されなくなるの?
・どんだけ変な発音をしたら、言語は言語じゃなくなるんだろう?
→呆れるくらい、ヒマだったらしい。

しかし今でも、ぬるいながらも私を落ち着かなくさせる疑問もある。
・モーツァルトって戦国時代の日本人だったら何やってたんだろ?
・紀元前に生まれてたら、ジャンヌダルクはやることあったのか?
・野球のない時代に生まれてたら、王貞治は「何王」だったんだ?

……「そりゃ、別のことでなんか成し遂げてたんじゃないの」と
人は答えるだろう。でも、本当にそうだろうか。
情熱やエネルギーを注ぎ込むツールとの出会いとは
もしかしたら「偶然」にゆだねられているのではないのか。

答は、誰に聞いても分からない気がする。
だから、自分で考えるしかないと思う。
この疑問は、最近ぬるいものではなくなってきていて
少しずつ、少しずつ、沸点に近づいてきている。

余り考えすぎたら、気が……狂いはしないけどね。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
■7.編集後記 
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

秋は全国的に各種イベントが目白押しです。


イベントは、参加するのもいいですが、
開催する側にまわるのも、面白いものだなぁと
常々思っています。

あぁ、準備にてんやわんや。
参加者の方が満足してもらえるのか?
滞りなく進むかな?

と、いろいろと考えることができ、
振り返ってみると、開催した方が印象的なことが
多いように思います。

大きくても、小さくても、
ぜひ、ご自身で何か「イベント」を開いてみると
発見があるかも知れません。

あなたはどこで、誰のためにイベントを企画したいですか???


 ~  今回も「ら~のろじすと」をお読みくださり        
     本当にありがとうございました。    ~
                       (浅羽克彦)  

↑ページ先頭に戻る