メルマガバックナンバー

2009年06月26日

○o。. ○o。.○o。. ○o。... 。o○ .。o○ .。o○ .。o○

  学びを科学する ら~のろじすと

   組織と個人の可能性を開くメルマガ

○o。. ○o。. ○o。.○o。... 。o○ .。 o○ .。o○ .。o○

6月もあと数日。夏の足音が聞こえます。
皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
ら~のろじすと6月第2号をお届けします。

>>>>CONTENTS<<<<

1.ボトム・オブ・ピラミッド

2.らーのろじー主催~公開講座のご案内~  
  「研修講師塾 新・基本コース」締切迫る!

3.NPOハロードリーム実行委員会(HD)
    三世代笑顔のアルバム・笑顔のコーチング

4.おすすめイベント紹介
  J-SOL2が6月27、28日開催!
  第2回メンター推進フォーラム   

5.市瀬博基「組織開発の文化論」 Vol. 18
   ~自治体とNPOがつくる「学習する地域社会」~

6.お勧めの新刊紹介!
  『もっとつながる英文法 1週間で高校英語総ざらい』

7.編集後記

========================================

■ 1.ボトム・オブ・ピラミッド

========================================
The Bottom of the Pyramid とは、C. K. プラハラード博士
が提唱した概念で、現在の地球社会で年間3000ドル以下の
所得で暮らしている40億人を指す言葉です。そして、この
層が、世界最大の成長市場であり、ビジネスチャンスでもあ
ります。逆に、このBOP層の生活・教育水準がらないと貧富の
格差が増大し、社会の不安定要因になります。

ここ40年ほどの日本企業のビジネスモデルは、世界の富裕層を
主たる対象としたものでした。
日本のメーカーが得意とする高品質の製品は、
世界市場の中では、トップ数パーセントの顧客を相手にした
商品だったわけです。ところが、少子高齢化は進み、
いわゆる先進国は軒並み人口減少社会に突入していく
ことになると、この狭い市場だけでは立ち行かなくなる
可能性があります。

25日に収録が行なわれ、27日から放送される
CS朝日ニュースターのLearning Planetでは、
英国ユニリーバ社がインドで展開している
「シャクティ」プロジェクトの事例を取り上げました。
1個2.5円の石鹸や洗剤などを、夫を喪った女性が、
商店の存在しない村々を自転車でまわり、行商するのです。
また、手洗いやシャンプーの習慣がない子ども達に基本的な
衛生教育を行なっていきます。
http://asahi-newstar.com/program/learning/

政府の手が届かない奥地の村で、就業機会を創出し、
社会教育活動も行ない、しかも営利企業として、
子ども達に自社ブランドへの愛着を高めていくという
プログラムで、2001年のスタート以来、
試行錯誤の連続だったと言いますが、しかし、今では、
BOP層への最も効果的なアプローチとして高い評価を得ています。

収録中に気づいたのですが、戦後すぐの日本の農村部では、
似たような事例があったのかも知れません。
スーパーやコンビニに慣らされた私たちは、
人と人とが直接触れ合いながら、少額のお金と商品を
やりとりする商売の原点を見失っていたのかも知れません。

この番組では、もう一社、日本のIHIが、ODAを活かして、
ベトナムで1200メートルの斜張橋を架け、地元社会に
貢献した話も紹介しました。
日本国内のインフラ整備は、更新需要を除き、かなり
飽和しているので、世界最高水準を誇る日本の
土木・建設技術を活かせる場は海外になっていきます。

最近は、経済産業省もBOPに注目して研究会を始めている
と聞きました。経営者の方も、ビジネスピープルも、
世界的な視野で物事を考えることがますます必要な時代
なのです。
                    (本間正人)

========================================

■2. らーのろじー主催 ~公開講座のご案内~

========================================

現在、お申込いただけるのは下記の講座です。
どうぞ、奮ってご参加くださいませ!

●研修講師塾
 http://www.learnology.co.jp/lecture/
 講師 : 本間正人
 会場:東京・本郷「らーのろじー」セミナールーム

学びのお土産が多くて持ちきれないくらい!と好評の
「研修講師塾 新・基本コース」の開催が
7月3、4日に迫っております。
ご参加をお待ちしております!

研修講師塾 新・基本コース(2日間)
 ★2009年07月03~04日(金・土) 10-17時【締切間近】
 ★2009年08月15~16日(土・日) 10-17時
  参加費 126,000円(消費税込み)

研修講師塾 スキルコース (2日間)
 ★2009年08月13~14日(木・金)  10-17時
  *参加費 73,500円(消費税込)

研修講師塾 コンテンツコース (3日間)
 ★2009年09月19~21日(土・日・祝) 10-17時
  参加費  210,000円(消費税込み)



●会社と社員の可能性を引き出す社長力講座
http://www.learnology.co.jp/lecture/president/
 
 ★  7月18~19日 (土・日)10-17時
 講師 : 本間正人
 会場:東京・本郷「らーのろじー」セミナールーム
 参加費:147,000円(税込、初回特別価格!)


●組織活性化ファシリテーター実践講座
http://www.learnology.co.jp/lecture/orgactive/

 ★  8月22~23日 (土・日)10-17時
 ★  9月22~23日 (火・水)10-17時

 講師 : 市瀬博基(学習学協会主任研究員、東京学芸大学特任講師)
 会場:東京・本郷「らーのろじー」セミナールーム
 参加費:52,500円(税込、特別価格!)

詳細は http://www.learnology.co.jp/ をご覧下さい。

========================================

■ 3. NPOハロードリーム実行委員会(HD)
     主催セミナーのご案内

========================================
* らーのろじー株式会社はNPOハロードリーム実行委員会
の趣旨に賛同し、その活動を応援しています。
 http://hello-dream.com/supporter.html

----------------------------------------

■三世代笑顔プロジェクト「三世代 笑顔のアルバム」
7月25日(土)14~16時@東京都品川区

家族の写真とお互いへのメッセージを作品にします。
懐かしく写真を選んだり、その時の気持ちを思い出したり。
会話しながら家族の歩みを振りかえりこれからの夢へとつなげる
ワークショップです。
日常に埋もれてしまっていた宝物を発見するような
わくわく楽しい2時間をお楽しみ下さい。

■笑顔のコーチングin倉敷
7月25日(土)14時~16時@岡山県倉敷市

全国に笑顔の花を咲かせる笑顔のコーチング。
7月は日本コーチ協会岡山チャプターの皆様の
ご協力をいただき、岡山県倉敷市で開催することとなりました。
笑顔あふれる毎日を、一緒に過ごしませんか?

詳細・お申込みは http://hello-dream.com/schedule/

========================================

■4.おすすめイベント紹介

========================================

■第二回日本ソリューションフォーカス活用事例共有大会

第二回日本ソリューションフォーカス活用事例共有大会(J-SOL2)
が、6月27、28日に東京・秋葉原で開催されます。

キルステン・ディロルフさん(独)の基調講演
「ビジネスでこんなに使えるSF」では、
大企業からスモールビジネスまで幅広く応用可能な
ソリューションフォーカスの柔軟性を感じられる内容です。

詳しい情報はhttp://www.j-sol.org/

第二回日本ソリューションフォーカス活用事例共有大会(J-SOL2)
開催日:2009年6月27、28日(土・日)
会場:東京・秋葉原 UDXカンファレンス
参加費:32,000円
(但し、ラーノロジー紹介と備考欄に書けば、2000円割引有)
問合先:info@solutionfocus.jp
主催:株式会社ソリューションフォーカスコンサルティング


■第2回メンター推進フォーラム

2009年8月8日(土)に株式会社エ・ム・ズ主催で、
「第2回メンター推進フォーラム」が開催されます。

メンターとは精神的な支援をし、悩みや壁にぶつかった時に
いつでも相談できる相手です。
メンターは常に心の支えとなってくれる存在です。

メンター推進フォーラムが目指しているのは、
あなたが今よりもっと自分らしく輝く人生を送れる
「キッカケとなった3時間のフォーラム」になることです。

「メンターに出会いたい、メンターになりたい」
「シアワセな生き方を追求したい!」
「仕事は順調だが、なんとなく何かが足りないような気がする」
そんな気持ちを持つ方にぜひ参加してもらいたく思います。

開催日時:2009年8月8日(土)13:30~16:30
会場:すみだリバーサイドホール
ホームページ:http://www.emuzu.info/mentor-forum/
問合先:info@emuzu.info
主催:株式会社エ・ム・ズ

========================================

■5.市瀬博基「組織開発の文化論」 Vol. 18
   ~自治体とNPOがつくる「学習する地域社会」~

========================================
全国市町村国際文化研修所、略してJIAM。

琵琶湖のほとりに建ち、比叡の山々を見わたすことのできる
立派な宿泊設備を備えたJIAMでは、
自治体の職員の方々を対象に、他文化共生による地域づくりや、
さまざまな政策実務など、幅広い範囲の研修を行っています。

8月にここで、「学習する組織をめざして」と題された
2泊3日の「組織・経営改革型研修」が開催されるのですが、
私はこの中で、「学習する組織」との関連を強調し、
自治体職員の方にアレンジした「組織活性化」講座を担当させて
いただきます。

ということで、先日、ご担当の方と打合せをさせてもらいました。

2007年からはじまったこの研修、じつは今年からちょっと趣向を
変えたそうで、これまで「市区町村等職員」としてきた研修対象者の
条件を今年から「地方公共団体と協働実績があるNPO等の方」にまで
拡大したそうなんですね。

これ、ホントにすばらしいことだと思います。

昨年、本間さんが担当されたこの研修をオブザーブさせて
いただいたのですが、参加者の方に話をうかがうと、
やはりみなさんが最終的にめざしていらっしゃるのは、
学習する「組織」をつくることじゃなくて
それが「地域社会」にまで広がることなんですよね。

そのためには自治体だけでなく、さまざまなかたちで
協働の取り組みが広がってきているNPOをも含めた
研修を実施するというのは、とても意義があることだし、
ここで構築されるネットワークそのものが「学習する地域社会」を
構築する上での礎となっていくに違いありません。

参加を希望するNPOの方は、協働実績のある自治体からの推薦という
ちょっと面倒くさい形で申し込むことが必要になりますが、
宿泊費を含む2泊3日の研修が驚愕の低価格で提供されています。
ご興味のある方は以下のページをご参照ください。

JIAM 「学習する組織を目指して」案内
http://www.jiam.jp/workshop/seminar/21/tr09042.html

それはそうと、打合せを終えた私にとっての目下の懸案事項は、
「のだめカンタービレ」で竹中直人が演ずるドイツ人指揮者、
フランツ・シュトレーゼマンの映像を、「組織・経営改革型研修」の中
で使っていいものかどうか…だったりします。

========================================

■6.お勧めの新刊紹介!
『もっとつながる英文法 1週間で高校英語総ざらい』

========================================
ら~のろじー新編集長の浅羽克彦の著作第2段
『もっとつながる英文法 1週間で高校英語総ざらい』
が6月15日発売されました。

中学校の英文法を扱った前作には、
「どの参考書よりわかりやすい!」「英語が好きになった」と
中学生だけでなく幅広い層から熱心な支持が集まりました。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4887596588

そして、高校の英文法をカバーした本作。
「仮定法過去」など扱うレベルが上がっているのにも関わらず、
その難易度を感じさせない「分かりやすさ」と「スッキリ感」には脱帽です。

「分かりやすさ」を追求する浅羽克彦は、日々、
英文法を初め、さまざまな社会の仕組みなどを、
分かりやすく説明しようと、取り組んでいます。
前作を発表してから9ヶ月――。
そんな日頃の取り組みの成果が存分に反映された本著。

「わかるっ!」という手ごたえをもって、
英文法を学べる、とてもお勧めの第2段です!
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4887597169
                    (富田 愛里)

追伸:前号で、編集長交代のご挨拶をさせていただいてから、
皆さまから温かいメールを頂き、驚きと喜びをいただきました。
今後は、弊社が応援しているNPO「ハロードリーム実行委員会」での
活動に力を入れて参ります。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

========================================

■7.編集後記 

========================================
今号より富田愛里に代わりまして、ら~のろじすとを担当します、
浅羽克彦と申します。
読みやすく、楽しく、学びの豊富な、メルマガとしていきたく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

今更なことかもしれませんが「ら~のろじすと」とは、
学習学(learnology)を実践する人、という意味を持っています。
ピアニスト、コラムニストと同じ活用です。

「学習学とは何か?」という説明は本間正人に譲るとしても、
個人としては、「自ら楽しく学び続けよう!」という、
ややくだけたところに理解をおいています。

学ぶテーマも、学ぶ手段も無数な恵まれた現代で、
生活に一つ「学」というアクセントが加わると、
また質の異なった毎日になるのでは、と思います。

暑い夏の予感を感じ始める季節です。
新しい季節の始まりに、新しい「学」を始めるのも、
趣あることかもしれません。


 ~  今回も「ら~のろじすと」をお読みくださり        
     本当にありがとうございました。    ~
                       (浅羽克彦)  

↑ページ先頭に戻る