メルマガバックナンバー

2008年09月02日

○o。. ○o。. ○o。. ○o。... 。o○ .。o○ .。o○ .。o○

       学びを科学する  ら~のろじすと

      組織と個人の可能性を開くメルマガ

○o。. ○o。. ○o。. ○o。... 。o○ .。o○ .。o○ .。o○

例年になく、集中的な激しい雨に空を見上げる今日この頃、
皆さま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
9月第1号の「ら~のろじすと」をお届けします!

今月から、学習学協会主任研究員の市瀬博基氏にも、
連載をお願いすることになりました。『AI: 最高の瞬間を
実現する組織開発』(PHP研究所)の訳者で、Oxford大学
からコーチングの研究で博士号を取得した気鋭の論客です。
どうぞご愛読下さい。

>>>>CONTENTS<<<<

1.お手軽Eラーニング

2.9月の公開講座をまとめてご紹介します

3.らーのろじー主催~公開講座のご案内~
    「研修講師塾  新基本コース」10月よりスタート
      研修講師塾  2009年1月、2月の開催日決定

4.10月31日「ワークプレイスラーニング2008」
      ~「企業教育」の新たな役割をさぐる~@東大・安田講堂  

5.市瀬博基「組織開発の文化論」 Vol. 1
      ~ウチとソト  その1~

6.二木郷子「いつしか学習の日々」vol.32
    ~「つまんない優等生」などいない~

7.編集後記  
      ~9月6日「親子コミュニケーション・イベント」~  


======================================================

■1.お手軽Eラーニング

======================================================

今年の7、8月は、僕のこれまでの人生の中でも、
移動が多く、また講演・研修日程の立て込んだ期間
になりました。その背景には、学校の先生向けの研
修が夏休みに集中していること、そして、僕が客員
教授をつとめている3つの大学・大学院の集中講義
もまた夏に組まれているという事情があります。

マスコミを通じて報道される学校をめぐるニュース
は悪いものばかり。Hな教師やいじめ、不登校、学
力低下、教員採用試験汚職など、全体から見れば例
外的な事象であったとしても、学校教育に対する不
信感を増幅する傾向があります。実際には、99%
以上の先生方は、様々な制約条件の中で、またころ
ころ変わる文部科学省の方針に翻弄されながら、毎
日、子ども達の方を向いて尽力されているわけです
が、そういう「普通のこと」はニュースにならない
のです。だからこそ、僕自身は微力ではありますが、
教師向けのコーチング講座、モンスターペアレント
対応講座などを引き受けているのです。

研修講師塾や教員向け講座では、よく申し上げるこ
とですが、Eラーニングの普及と発達は待ったなし
で進みます。だからこそ、一人ひとりの状況にあわ
せた個別指導(コーチング)、学び合いの場づくりと
促進(ファシリテーション)、そして、自分の生き方
・あり方を見せてお手本になること(メンタリング)
といった、生身の人間しかできないことが、教育者
に求められてくるのです。教師の人間力を高めるこ
とが学校を、真の学びの場にしていき、学習学の目
指す社会の実現につながっていくと信じます。社会
をあげて、学校と先生を応援する気運を盛り上げて
いきたいものです。

ちなみに、Eラーニングのプログラムを開発するソ
フトは、より安価に、高性能になっていきます。誰
でも簡単に気のきいた教育プログラムを作れるよう
になります。そう言われても、イメージの湧かない
方のために、僕の広島での研修事務局をお願いして
いるLSC(Life Style Concierge)の宮本和味さんが
創ってくれた、9月の広島講座のCMビデオをご笑
覧下さい。
http://cmizer.com/movie/4985

誰もが、ブログを使って世界に向けて情報発信できる
ようになったように、youtubeなど、画像メッセージ
を広く伝えることも現実のものになりました。こうい
う技術を善用しながら、新しい時代の学習と教育のあ
り方を提案していきたいと思っています。
                                    (本間正人)


===================================================

■2.「9月の公開講座」

===================================================

9月は本間正人が講師をつとめる公開講座のラッシュとなりました!
一挙まとめてご紹介いたします。

★9月3日(水)  「英語コーチング~英語とコーチングを一緒に学べ
                      る!」【Nalセミナー】
    詳細&申込→  http://blog.livedoor.jp/nal4smile/archives/54354.html  
      19:00~21:00  @TOC大崎ビル19F会議室(東京・大崎)
      参加費:3,150円

★9月6日(土)「親子コミュニケーション・イベント『仕事ってな~
                    に?』」【Hello Dream】
  詳細&申込→  http://hello-dream-schedule.sblo.jp/  
    14:00~17:00  @TOC大崎ビル19F会議室(東京・大崎)
    参加対象:お子さま(小学生)と保護者のペアを基本ユニットとします。
    参加費:無料
    プログラム: 第一部『大人の仕事ってな~に?』【講師:天野敦之氏】
                   第二部『しごとインタビュー』【講師:マツダミヒロ氏】
                   第三部『親子の対話』【進行:本間正人】
    *「らーのろじすと」の購読者については、子連れでない方の
        オブザーバー参加も若干名お受けします。

★9月15日(月祝)  「笑顔コーチングin京都」【Hello Dream】
  詳細&申込→  http://hello-dream-schedule.sblo.jp/  
    10:00-12:00  @こどもみらい館(京都市)
     参加費:無料
  *原則的に弊社主催の「研修講師塾」卒業生の方に限り、
    「笑顔のコーチング」ファシリテーター養成講座(登録費
      10,000円)を10-17時に実施します。参加ご希望の方は
      info@learnology.co.jpへお問合せ下さい。

★9月17日(水)「笑顔コーチングin名古屋」【Hello Dream】
  詳細&申込→  http://hello-dream-schedule.sblo.jp/  
    13:30-15:30  @ウィルあいち(名古屋市)
    参加費:無料

★9月17日(水)「名古屋チームビルディングAIワークショッ
                      プ~成長する組織づくり~」 【NEW】
  詳細&申込→  http://www.emuzu.info/open_index.html#02
    対象:経営者、人事研修ご担当者、チームリーダー。マネージャー
    16:00~18:00  @ウィルあいち(名古屋市)【主催(株)エ・ム・ズ】
    参加費:3,000円

    企業の業績向上のためには、一人ひとりの能力開発とともに、
    チームとしてのコミュニケーションを活性化することが不可欠
    です。リーダーやマネジャーが独り相撲をとるのではなく、チー
    ムメンバー全員の意欲と持ち味を引き出すためには、「強み」
    に着目する発想が求められます。コーチングとポジティブ組織
    開発のオーソリティである本間正人氏を迎えて、AIの基本的な
    考え方と導入のヒントを紹介します。            

★9月21日(日)「笑顔のコーチングin東京」【Hello Dream】
  詳細&申込→  http://hello-dream-schedule.sblo.jp/  
    13:45受付開始-16:00  @こどもみらい塾(東京)
    参加費:無料

★9月25、26、27日  「広島講座」
  詳細&申込→  http://blog.miyamoto-arc.com/?eid=781953
  ・  9月25日(木)14:00~17:00「松下幸之助の経営哲学」
                  経営者・経営幹部のためのコーチングの極意
                  - 部下の意欲と能力を引き出すスキル」  
      @弘法フォーラム(広島市中区)
      参加費:  24,000円  (*5名以上で団体割引有り)
  ・9月26日(金)10:00~17:00「本間に学べ人前話法講座」
      @弘法フォーラム(広島市中区)
      参加費:60,000円
  ・9月27日(土)10:00~12:00「笑顔のコーチングin広島」【Hello Dream】
      @西区民文化センターホール(広島市)
      参加費:  無料

★9月29日(月)「Roses講座~愛嬌力を身に付けて愛され体
                       質になろう」【NEW】
  詳細&申込  http://www.roses-inc.jp/index_1.html
    11:00~15:00  @銀座たかまつ本店(東京)
    参加費:15,000円(昼食代込み)

★9月30日(火)「ライフアンドワークハーモニー講座」
                      【Nalセミナー】【NEW】
  詳細&申し込み  →http://www.learnology.co.jp/pdf/080930_life_work.pdf
    19:00~21:00  @TOC大崎ビル20F会議室(東京・大崎)
    参加費:7,000円


======================================================

■3.  らーのろじー主催  ~公開講座のご案内~

1)ポジティブ組織開発ファシリテーター実践講座
2)研修講師塾
    「新基本コース」と「コンテンツコース」

======================================================
----------------------------------------------------
1)ポジティブ組織開発ファシリテーター実践講座

Appreciative Inquiry (AI)をはじめ「ポジティブ組織開発手法」
を中心に「グループコーチング」の観点を加え企業変革の取組みに
すぐに役立つヒント満載のプログラム構成です。特に、企業の中で
プロジェクト推進の途上で直面する「現実の壁」を克服するヒント
を提供するところに力点を置きます。AIで言えば Destinyフェ
イズ
について、日本企業の文脈に則して現実的な対応策を考えていき
ます。
----------------------------------------------------
☆  2008年  9月12~13日(金土)  東京  【残席わずかです】
☆  2008年 11月27~28日(木金)  京都
☆  2008年 12月 5~  6日(金土)  東京  
対象:研修講師、コンサルタント、企業の組織開発・変革ご担当の方、
        人事・研修、経営企画などご担当の方、経営幹部の方など

【備考】2008年5月、6月の「組織開発ファシリテー
ター講座」とは
        内容がかなり重複しますので予めご了解下さい。

●  講師 : 本間正人
●  時間帯:  各日とも 10:00~17:00
●  東京会場:本郷「らーのろじー」セミナールーム
    京都会場:キャンパスプラザ京都
●  参加費 : 12万円(税込126,000円)
【詳細&申込】http://www.learnology.co.jp/open_lecture/index.html

-----------------------------------------------------
2)研修講師塾  ~講師としての力量を高める2コース~

【新基本コース】
2日間に圧縮してバージョンアップしました!
研修講師としての「心構え」「知識」「スキル」を科学的・体系的に学
びます。
-----------------------------------------------------
☆  2008年10月  3~ 4日(金土)  東京
☆  2008年12月19~20日(金土)  東京
☆  2009年  2月13~14日(金土)  東京  【NEW】

【備考】従来の基本コースと内容がかなり重複します。重ね
ての受講はお勧めしませんが、復習のためにどうしても参加
をご希望される場合には直接お問合わせ下さい。

●  講師 : 本間正人
●  時間帯:  各日とも 10:00~17:00
●  東京会場:本郷「らーのろじー」セミナールーム
●  参加費 : 12万円(税込126,000円)
【詳細&申込】http://www.learnology.co.jp/open_lecture/index.html#basic

-----------------------------------------------------
【コンテンツコース】
本間正人が開発した「管理職向けコーチング研修」
「キャプテンシップ研修」などのネタ&ノウハウを大公開!
「ブラインド・ウォーク」や「ヒーロー・インタビュー」など、
本間正人の研修の定番エクササイズの「インストラクション」や
「ふりかえりレクチャー」のポイントを惜しみなく伝授します。
-----------------------------------------------------

☆次回は 2009年1月29-31日(木金土)東京にて開催します【NEW】

対象:原則的に2005年1月以来「研修講師養成塾」「研修講師塾」
       基本コース、新基本コースを修了された方。未修了の場合、
       後日、新基本コースにご参加いただく条件でご参加いただける
       場合もあります。これまでの講師実績などを詳しくお聞かせ下さい。

●  講師:本間正人
●  時間帯:  各日とも 10:00~17:00
●  会場:本郷「らーのろじー」セミナールーム
●  参加費:210,000円(税込み)
【詳細&申込】http://www.learnology.co.jp/open_lecture/index.html#contents

-----------------------------------------------------
☆★  終了直後の参加者の声~コンテンツコースより  ★☆

コーチングを理解し、課内、研修に取り入れることが目的で
したが、レクチャー&ワークの内容の濃さは期待以上でした!

自分自身の講座運営の見直しのために参加しました。
本間先生からフィードバックを頂けたことと共に、
個性豊かな参加者の方々から、個性の大切さを学びました。

参加者の中で同じ悩みを持ち、様々な共有ができたことが
とても良かった。

コーチングのロールプレイがが最も印象に残った。
コーチングをすることとコーチングを受けること、
両方体験することの重要性を実感した。


===================================================

■4.「ワークプレイスラーニング2008」
      ~「企業教育」の新たな役割をさぐる~

===================================================

「企業・組織における人材育成」の「明日」を提案するカンファ
レンス「ワークプレイスラーニング2008」が、開催されます。

  主催:  東京大学 大学総合教育研究センター
  日時:  2008年10月31日(金)  午前10時~午後5時
  場所:  東京大学 本郷キャンパス  安田講堂
  参加費:4,000円
  詳細&お申し込み→  http://www.educetech.org/wpl2008/  
      * 弊社は協力企業として、サポートしています。    

今年度のテーマは、"「企業教育」の新たな役割をさぐる。"
「企業教育」は、今後、どのような「かたち」に変わっていく
のでしょうか。それは、いったい「誰」の手によって担われ、
「誰」と連携することで達成されるべきなのでしょうか。
昨年より問いを一歩進め、今年度は、これらの問いに対す
る答えを、企業事例を通して探求します。
一見、「企業教育」というカテゴリの中には含まれる取り組み
ではないものの、「学習」という観点から見ると、実は、人材
育成につながっている現場発あるいは全社ニーズに基づく
事例を3つとりあげます。これらの事例は、いわゆる企業教
育部門が主導しているプロジェクトではありませんが、「企業
教育」の新たな役割を考える上でのヒントを提供してくれるも
のと思います。
最後に、企業教育部門の役割やあり方を再定義し、企業の変
革に深くコミットしようとする取り組みをとりあげます。この事例
からは、今後、企業教育部門がどのような役割を担うことが求
められているか、について考えるヒントを得ることができると思
います。
本カンファレンスは、産学協同の体制で開催され、社会学、心
理学、教育学のアカデミックバックグラウンドをもつ大学研究者
と、企業・組織の担当者が、ともに知恵をだしあい、ディスカッシ
ョンを深めることをねらっています。
「企業・組織における人材育成」に関係するすべての人々の
ご参加をお待ちしております!

詳細&お申し込み→  http://www.educetech.org/wpl2008/  


======================================================

■5.市瀬博基「組織開発の文化論」 Vol. 1
      ~ウチとソト  その1~

======================================================

ウチとソト。

この言葉は、おそらくホンネとタテマエと並んで
(あるいは表裏一体となって)、海外の日本研究者なら
誰もがまず最初に習う言葉の一つです。

私はつい最近まで、日本の企業社会をテーマに
英国の大学で文化人類学を学んでいたのですが
日本社会を扱った修士課程の最初の授業では
「ウチ」と「ソト」という象徴的な境界線がどのように
作られるのかについて、先生がエンエンと説明して
いました。

ソトから帰ってウチに入ったら、まずは手を洗って
うがいするとか、神社の鳥居と手を洗う「儀式」について
それから会社における座席や部屋の配置などなど。

でもこれ、純粋にジャパニーズな学生にとっては
まるっきり面白くないわけですよ。
少なくとも四十年以上前からさんざん言われていることを
いまさらこんだけ長々と話さなくてもいいんじゃないの?
とか何とか思いながら半分(以上)寝てました。

ところが先日、さる場所でコーチング系の研修を行った折に
やっぱりこれって古くて新しい問題なのだということを
痛感したんですね。

その研修は、とにかくやりづいらいものでした。

なにしろ参加者の中には、コーチングの本家本元である
心理学やカウンセリング、あるいはファシリテーションに
ワークショップといった方面の専門家や実務家が
ゴロゴロいるわけです。

そういうわけで、研修を終え、カウンセリングの専門家である
主催者の方に、「いや~、恥ずかしかったです。これ、私が
やる意味あるんでしょうか?」てなことを尋ねたら、こんな
答えが返ってきました。

「いえいえ。こういうことは、組織のウチ側の人間がやっても
なかなかうまいこといかないんです」

(少なくともその職場では)まったく同じことをやろうとしても
やはりウチ側の人間、つまり組織内で「何らかの」立場にある
者がやるとなれば、どうしてもそこに「政治的な」意図を
詮索する目が向けられてしまう。

だから狙いどおりの「場」、すなわち組織人 vs 組織人という
関係のソト側にある情況(たとえば自由に発言できる「場」)を
作りあげることが難しいそうなんですね。

組織内部の人間が組織開発に取り組むにあたって
おそらく最も重要なことは、組織のウチ側にソト側を作り出すこと。
でも、それってどうやったらいいんだろう?

近所の氷川神社の鳥居をくぐり、参道を歩いて、手を洗い
本殿の前でかしわ手を打ちながら、ときどきそんなことを
考えたりしています。


=====================================================

■6.二木郷子「いつしか学習の日々」vol.32
    ~「つまんない優等生」などいない~

=====================================================

「学校の勉強だけがすべてじゃない」という言葉がある。
それは真実で、悲しいまでに真実で、
成績優秀だったのに社会で評価されない人は山ほどいる。
「だから、学校の勉強や成績なんて当てにならないよ」
……という話を、したいわけではない。

そもそも「学校の勉強だけがすべてじゃない」は
人を判断する基準がステレオタイプになりがちなときに
批判や自戒を込めて語られるフレーズである。
が、人は悲しいもので、この言葉を多用することでまた
新たなステレオタイプを作ってしまう。
すなわち「つまんない優等生」というステレオタイプを。

私は思う。つまんない優等生(以下「つま優」)にも
ひとりひとり、違った個性や魅力があるのだと。
それをいちいち挙げているときりがないので、ここでは
私のお気に入りの「つま優」をひとつだけ紹介しよう。

それは、「いい学校出てんのに仕事デキナイ子」。
皆さんの回りにも一人くらい生息してはいないだろうか?
学歴や入社試験の成績は良いのになぜ…、という人材が。

確認や連絡を忘れて現場に混乱をもたらしたり
指示の飲み込みに不思議なほど時間がかかったり
アイデアがあまりに大まかで現実性が低かったり
思い込みが激しく、ひとりアサッテの方向へ駆け出したり。

彼らはしばしば、「デキナイ子」として切り捨てられる。
しかし、彼らが「デキナイ」理由を考える人は少ない。
思うに彼らは、頭の中に飛び交う情報量が多すぎて
外界まで気が回らないのかもしれない。
脳内の活動が旺盛であることが、皮肉なことに
現実の処理能力の低さにつながってしまうのではないか。

そんな彼らも、30代になると欠点を克服することが多い。
だが一方で、淘汰され仕事の場から敗れ去る人もいる。
彼らは仕事人としては優秀でなかったかもしれないが
「つま優」として忘れ去られるにはあまりに、あまりに…
魅力あふれる人々だと、思わずにいられないのである。


======================================================

■7.編集後記  
      ~9月6日「親子コミュニケーション・イベント『仕事ってな~に?』」~  

======================================================

今週末、『仕事ってな~に?』」をテーマとした
「親と子のコミュニケーション・イベント」がいよいよ開催されます。
楽しいエクササイズを通じてお互いの理解が深まり、
毎日の親子の対話が増えるきっかけを提供するイベントです。

テーマのとなっている、『仕事ってな~に?』は、
村上龍氏の『13歳のハローワーク』が、130万部のベスト
セラーになるなど、現在、とても注目されているテーマです。
そして、一番身近な社会人である親は、子どもにとって、
仕事について知る大きな存在です。

北京オリンピックで、こどもの前で金メダルを取り
「これが親父の仕事だから。」と語ったお父さんアスリート。

普段、働く姿をみせることがなかなかできない親が、
懐いている様々な思いや願いを、自らの子ども時代を
思い出しながら、子どもと語る。
そして、子どもは、様々な質問を、自分の親や他の参加者である
親に聞き、好奇心や夢を膨らませていく。

そうして、お互いの理解が深まって、毎日の親子の対話へと
つながっていく――。

ゲスト講師は、『質問で学ぶシンプルコーチング』の著者で
「魔法の質問」メルマガを主宰するマツダミヒロさん、
『価値を創造する会計』の著者で、「真善美」メルマガを発行
している天野敦之さん(ヨーガにも詳しい)という
お二人の若きベストセラー作家です。

日時:2008年9月6日(土)14:00~17:00
場所:東京大崎  TOC大崎ビル19F会議室
参加対象:お子さま(小学生)と保護者のペアを基本ユニットとします。
          子連れでない方のオブザーバー参加も若干名お受けしますので
          お申込みの際に「らーのろじすと購読者」とお伝え下さい。
参加費:無料
★詳細&問合せ&お申込→  http://hello-dream-schedule.sblo.jp/


        ~今回も「ら~のろじすと」をお読みくださり
                  ありがとうございました!
            初秋の候、素敵な日々をお過ごしください。~

                                                                (富田  愛里)

--------------------------------------------------------
☆★☆  最後までお読みくださりありがとうございました  ☆★☆
--------------------------------------------------------

【皆様からご意見・ご感想・ご要望、お待ちしております】

・ご意見&ご感想、ご質問
・取り上げてほしいテーマ

  等ありましたら、お気軽にメールをください。
  メールはこちらまで  info@learnology.co.jp
【発行者】らーのろじー株式会社
http://www.learnology.co.jp/
【責任者】本間正人
【編集者】富田愛里
【mag2ID】0000127986
【登録変更・解除】http://www.mag2.com/m/0000127986.html
【バックナンバー】http://blog.mag2.com/m/log/0000127986/


◎個人の成長と組織の学習をつなぐ本間正人の「学習学」
 のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000127986/

↑ページ先頭に戻る