メルマガバックナンバー

2008年01月09日

○o。. ○o。. ○o。. ○o。... 。o○ .。o○ .。o○ .。o○

       学びを科学する  ら~のろじすと

      組織と個人の可能性を開くメルマガ

○o。. ○o。. ○o。. ○o。... 。o○ .。o○ .。o○ .。o○

寒中お見舞い申し上げます!
冬本番を前に、澄んだ青空が-美しいこの季節-
皆さま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
本年第1号の「ら~のろじすと」をお届けします!

>>>>CONTENTS<<<<

1.組織って生き物?

2.「組織変革ワークショップ」  5月10日(土)【日程変更】
    ~『私が会社を変えるんですか?』出版記念イベント~

3.「組織開発ファシリテーター講座」【らーのろじー新企画】
      5/16-17、6/20-21、7/11-12【NEW】

4.「研修講師塾」ご案内  *新日程追加
      基本コース  3/20-22、5/22-24、7/18-20【NEW】
      コンテンツコース  2/8-10、8/14-16【NEW】

5.二木郷子「いつしか学習の日々」vol.18
    ~ホンモノの目標~

6.編集後記


======================================================

■1.  組織って生き物

======================================================

  新年のご挨拶を申し上げます。
  2008年は、組織開発を軌道に乗せる一年にしたいと思います。
年末に上梓した『私が会社を変えるんですか?』(JMAM出版)は
紀伊国屋書店新宿本店で、12/31-1/6の単行本 第一位!に
輝きました。(ビジネス書部門でもトップ)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/hb/storebest.cgi?str=G2&cat=tanko
  実はこの時期に、共著者である中島崇昴さんと若干冊購入したの
ですが、まさかトップになるとは思ってもみませんでした。私たち
以外にも買って下さった方がたくさんいらっしゃったということな
ので、感謝感謝です。
  やはり現代のビジネスピープルにとって、組織変革・組織開発が
喫緊の課題になっているということなのだろうと思います。私自身、
企業の管理職を対象としたコーチング研修をここ数年、ずいぶん実
施してきましたが、個人のコミュニケーション能力を高めることと
組織のパフォーマンスをあげることの間にギャップを感じることが
あったのも事実です。
  それは、組織は単なる個人の寄せ集まりではなく、一体感という
か、グループダイナミクスというか、相乗効果というか、プラスα
のものをもっているということ。organization(組織)という言葉は、
organize (組織化する)という動詞の名詞形で、それ自体が
「動き」を持った言葉なのです。
AI 組織開発手法の創始者デイビッド・クーパーライダー先生は、
「4Dサイクル」の最終ステップに当初の Delivery ではなく、
Destiny という名前をつけました。それは、組織変革の動きがいっ
たんスタートすると、その取組みそのものが一つの「いのち」をも
って自然に発展していくという意味をこめてのこと。
  『私が会社を変えるんですか?』の主人公が体験したプロセスも
また、企業組織の「いのち」の強さを引き出すイニシアティブだっ
たのです。                  
                                                          (本間正人)

======================================================

■2. 「組織変革ワークショップ」  5月10日(土)【日程変更】

*前号で 2月16日(土)開催とお伝えしておりましたが、
日程変更となりました。恐れ入りますがご確認の程、
よろしくお願い申し上げます。    
                                
======================================================

あなたが組織変革の担当者に指名されたら何から手をつけますか?
どうすればたくさんの人をうまく巻き込んでいけるでしょうか?
あなたは本気で改革に取り組む覚悟はありますか?

その答えを一緒に探していきましょう!

-------------------------------------------------------
「私が会社を変えるんですか?」(JMAM出版)の出版を記念して
企業の組織変革担当者を主な対象としてシンポジウムを開催します。
組織開発・変革の専門家によるパネル・ディスカッションと、AI
(強みを引き出す未来志向の問いかけによる全員参加型の組織開発手法)
によるワークショップの二本立て。どうかふるってご参加下さい。

【開催日時】
2008年5月10日(土)14:00~17:00(13:40 開場)
会場:学士会館本館 203号室(地下鉄神保町駅A9出口すぐ)
       東京都千代田区神田錦町3-28    Tel:03(3292)5936
地図:http://www.gakushikai.or.jp/facilities/facilities.html
参加費 : 5000円(税込)
主催:特定非営利活動法人学習学協会
協賛:株式会社 フォーティ ウィンクス、らーのろじー株式会社
協力:JMAM人材教育
-------------------------------------------------------

【プログラム】
14:00-15:30 第一部  
  ~組織開発・変革の専門家によるパネルディスカッション~

「組織変革の成功の方程式」
成功事例と失敗事例の比較などから、企業変革の取組がうまくいく
ための秘訣を抽出していきます。

パネリスト(予定、敬称略、五十音順)
谷口真美(早稲田大学大学院商学研究科准教授、ダイバシティ)
辻本  篤(東京大学情報学環助教、組織論)
豊田義博(リクルートワークス研究所主任研究員、『上司不要論』)
中島崇昴(大手メーカー広報、CPCCプロフェッショナルコーチ)
根本英明(自在株式会社代表取締役、前JMAM人材教育編集長)
  
コーディネーター:本間正人


15:45-17:00 第二部  AI 手法によるミニ・ワークショップ
Appreciative Inquiry の手法(4DサイクルのDiscover、Dreamフェイズ)を
用いて、企業変革に携わる方の成功体験・充実体験を引き出し、求めら
れるコンピテンシーを洗い出し、共有したいと思います。実際に組織開発
に取り込む際のヒントをつかんでいただければ幸いです。
(ファシリテーター:本間正人)

【お申込み&詳細】
http://www.learnology.co.jp/open_lecture/seminar_20080510.html

*お問い合わせは、info@learnology.co.jp(担当:富田まで)
  メールでお願いします。


======================================================

■3.組織開発ファシリテーター講座【らーのろじー新企画】

    ●  主たる対象
        企業の中で組織変革に関わるご担当の方
        フリーランスのコンサルタント/講師の方

【詳細】http://www.learnology.co.jp/open_lecture/index.html
======================================================

*年末に告知をさせていただいてから、早速多数のお申し込み
  をいただき、第1回(5月16~17日)が、 【残席わずか】と
  なりました。ご希望の方は、どうぞお早めに。
----------------------------------------------------
    「AI 組織開発手法」を中心に「グループコーチング」と
    「学習する組織」の観点を加え、企業変革の取組みに
      すぐに役立つヒント満載のプログラム構成!

組織開発ファシリテーターに求められる「基礎理論」「スキル」を
体系的に学び、エクササイズやケーススタディを通じて、現実の
企業の中で応用するヒントをつかんでいただく講座です。
2日間の講座そのものも、AI の4Dサイクルに準拠して展開し、
お互いに学び合い、フィードバックしあって実力を身につけます。

----------------------------------------------------
      *AI:Appreciative Inquiry については
        ⇒  http://www.learnology.co.jp/ai/index.html


☆  第1回(D1)【第1回のみ特別割引価格】
    2008年5月16~17日(金土) 【NEW】
    *残席わずかとなりました。

☆  第2回(D2)
    2008年6月20~21日(金土) 【NEW】

☆  第3回(D3)  
    2008年7月11~12日(金土) 【NEW】

●  講師 : 本間正人
●  時間帯:  各日とも 10:00~17:00
●  会場:本郷「らーのろじー」セミナールーム
●  参加費 : 10万円(税込105,000円)
    [第1回のみ特別割引価格]  8万円(税込84,000円)

【詳細&申込】http://www.learnology.co.jp/open_lecture/index.html


======================================================

■4.研修講師塾
  講師としての力量を高める「基本コース」と「コンテンツコース」
【詳細】http://www.learnology.co.jp/open_lecture/index.html

======================================================
---------------------------------------------------
【その1】  研修講師塾  基本コース  【大好評!】
研修講師としての「心構え」「知識」「スキル」を
科学的にかつ体系的に学びます。
---------------------------------------------------
レクチャーと受講者の参加のバランスのとれたプログラムで、
志を同じくする仲間と、3日間集中して学び、新しい気づきを重 ね、
講師としての土台を築きませんか。自ら体験(挑戦)し、
フィードバックを受けて、大きく成長するチャンスです。

☆  第8回(F8)
    2008年3月20日(祝)~22日(土)
    *新年度を前に、ぜひ学びの時間を!

☆  第9回(F9)【NEW】
    2008年5月22日(木)~24日(土)

☆  第10回(F10)【NEW】
    2008年7月18日(金)~20日(日)
    *新しい日程が決定しました!

●  講師:本間正人
●  参加費:168,000円(税込み)
【詳細&申込】http://www.learnology.co.jp/open_lecture/index.html#basic

-----------------------------------------------------
【その2】  研修講師塾  コンテンツコース  
本間正人が開発した「管理職向けコーチング研修」
「キャプテンシップ研修」などのネタを大公開!
半年に1度だけ本間正人が開発したノウハウを伝授!
-----------------------------------------------------
基本コース修了者の方を対象にして、3日間をかけて、
「ブラインド・ウォーク」や「ヒーロー・インタビュー」など、
本間正人の研修の定番エクササイズの「インストラクション」や
「ふりかえりレクチャー」のポイントを惜しみなく伝授します。

☆  第2回(P2)【☆★最終募集中★☆】
    2008年2月8日(金)~10日(日)    

☆  第3回(P3)【NEW】
    2008年8月14日(木)~16日(土)    
    *第3回の日程が決定しました!

【対象者】
    原則的に2005年1月以来「研修講師養成塾」「研修講師塾」
    基本コースを修了された方。未修了の場合、ある程度、講師
    実績のある方。ただし後で基本コースにご参加いただきます。

●  講師:本間正人
●  参加費:210,000円(税込み)
【詳細&申込】http://www.learnology.co.jp/open_lecture/index.html#contents

----------------------------------------------------

    ☆★1/4-6基本コースより届きたての声★☆

  私は講師をやってよいのか、という迷いが少しあったのですが、
  伝えたいものがやはりあること、そして、それに共感して下さる
  方がいることが分かりました!これから更なるスキルアップを
  して参ります!

    ☆★第1回コンテンツコース終了直後の声★☆

  社内での研修に応用することが参加の目的でした。
  具体的な流れ、例話、手法が、すべてわかりました!

  普段講師をやっていると、本講座のような、レベルが
  高くかつ心のこもったフィードバックをもらう機会はな
  いので、本間先生や他の参加者からフィードバックを
  もらえたことがレベルアップへの大きな財産でした!


============================================================

■5.二木郷子「いつしか学習の日々」vol.18
        ~ホンモノの目標~

============================================================

子供のころ通っていた小学校では、毎年新年最初の始業式に
「今年の目標」を半紙に書いて提出することになっていた。

私の目標は毎年、「早寝早起き」であった。
ちなみに、私は筋金入りの夜型である。
できるわけもないことを冗談で言ってみるイベント、
それが新年の目標宣言――そう私は思っていた。

しかし、4年生のときのこと。
同じ組のC子ちゃんの目標は「体を柔らかくする」だった。
私の目標とは何かが違う。何が違うのか、私は考えた。

(↓そのときの私の頭の中)
「新年の目標」って「廊下に貼ってある標語」と似てる。
「廊下を走るな」とか「あいさつをきちんと」とか…
あれのかわりに「早寝早起き」て貼ってあってもおんなじ。
でも、もし「体を柔らかく」と貼ってあったら…
おかしい。あはは。あきらかに可笑しい。

(↑以上を大人の言葉で翻訳すると)
「彼女の目標は、非常にパーソナルかつリアルである」

と思いながら、私は帰路、彼女に言ってみた。
「廊下の標語って結局、誰も守らへんやん?
新年の目標も、似たようなもんやと思うねん…」
C子ちゃんは聡明そうな目を向けて言った。
「廊下のやつとは違うよー。目標は自分で決められるもん。
廊下のやつは守らん子も出てくるけど、目標は私ひとりが
ちゃんと守ればいいねんやん」

ああ、そうか…。
目標は、上からのお達しではなく、自分の意志で決めるもの。
自分の意志さえあれば達成できるもの。
空虚にしか映らなかった目標という言葉が、初めて美しく見えた。
「よし、私もこれからは意志をもって目標を掲げよう」
…とは思わなかったが、とにかくこの一件は心に刻まれた。

このエピソードを、新年、ふと思い出した。
今年こそ、嘘のない目標を心に掲げようと思う。


============================================================

■6.編集後記  

============================================================

「いつしか学習の日々」~ホンモノの目標~に感化され、
私の2008年「ホンモノにこだわる年」としたい!と宣言したい。

「ホンモノ」というものに一種の憧れを抱き、
何事も「ホンモノ」にアプローチできる自分でありたいと、
これまでも、思ってきました。

しかし、ふと昨年の自分を振り返ると、
「人の為、社会の為」という自分より大きな事柄を大儀名分に、
自分自身から逃げていたことがあったと、気がつきます。

行動の軸であるはずの「自分自身」から目を背けることで、
「ホンモノ」がすり代わっていたり、歪んでいたりしなかったでしょうか。

「ホンモノ」と「自分自身」…
この二つの関係をじっくり味わい考えられる2008年
としてゆきたいと思います。

皆様は、どんな年始の目標を持っていらっしゃいますか?

2008年が
皆様にとって素晴らしい1年となりますように!


本年も、ら~のろじすとは、「学び」という活動に焦点をあて、
「日々の生活や仕事、活動を、様々な角度で考え味わう」
きっかけを提供してまいります!
その為にも、自ら意識して学び続けるメルマガでありたいと
願っております。

  ~本年も、「ら~のろじすと」を、
                          どうぞよろしくお願い申し上げます  ~

                                                    (富田  愛里)
--------------------------------------------------------
☆★☆  最後までお読みくださりありがとうございました  ☆★☆
--------------------------------------------------------

【皆様からご意見・ご感想・ご要望、お待ちしております】

・ご意見&ご感想、ご質問
・取り上げてほしいテーマ

  等ありましたら、お気軽にメールをください。
  メールはこちらまで  info@learnology.co.jp
【発行者】らーのろじー株式会社
http://www.learnology.co.jp/
【責任者】本間正人
【編集者】富田愛里
【mag2ID】0000127986
【登録変更・解除】http://www.mag2.com/m/0000127986.html
【バックナンバー】http://blog.mag2.com/m/log/0000127986/


◎個人の成長と組織の学習をつなぐ本間正人の「学習学」
 のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000127986/

↑ページ先頭に戻る