メルマガバックナンバー

2007年04月05日

○o。. ○o。. ○o。. ○o。... 。o○ .。o○ .。o○ .。o○

        
       学びを科学する  ら~のろじすと

 ~~組織と個人の可能性を開くメルマガ~~

  ホームページ:http://www.learnology.co.jp/

        4月からリニューアルしました!

○o。. ○o。. ○o。. ○o。... 。o○ .。o○ .。o○ .。o○


4月は入学式や入社式等、新しい人を迎える月ですね。
新しい学び、始めてみませんか。
今月の「ら~のろじすと」をお届けします。


>>>>CONTENTS<<<<

1.25年ぶり母校に

2 「研修講師塾」基本コース次回開催のお知らせ
    
3 【NEW】7月に「コンテンツコース」も新登場!

4. 【NEW】二木郷子「いつしか学習の日々」vol.1  
                  ~桜の入学式~

5.  寺子屋ら~のろじすと「知って得するほめ言葉」

6.編集後記


============================================================

■1.25年ぶり母校に

============================================================

今日4月5日は入学式。
私、本間正人は、東大の学際情報学府修士課程に入学します。

また今さら、って感じでもあるのですが、そもそものきっかけは
昨年の4月に、東大キャリアサポート室の主催で「東大生のため
の東大活用術ワークショップ」を担当したことでした。ブレーン
ストーミングをしている中で、気づいたのは、学生であれば、一
定の授業料を払えば、錚々たる先生方の部屋にお邪魔して、貴重
なお話を伺えるということ。

自分が文学部社会学科の学生だった時代には、講義やゼミの内容
を消化するのが精一杯(それもかなりあやしい)で、教授陣を活
用するなんて発想は持ち合わせていませんでした。しかし、研修
講師をしたり、本を書いたりする今になると、もっと知りたいこ
と、教えてほしいことがたくさん出てきます。昨年、オフィスを
本郷に移すと決めた時点では考えていなかったのですが、結果的
には、実に好都合でした。ということで、昨年の夏にTOEFLを受
験したり、筆記試験を受けたり、1対6の面接・口頭試問を経て、
めでたく合格した次第。実は、ちょっと冷や汗でした。

「ピアジェについてどう思いますか?」
「あのー、25年前に読んだんですけれど、ほとんど記憶に残っ
ていませんで。すみません。そのあたりをあらためて勉強したい
と思いますので、よろしくお願いします。」

面接では、こんなやりとりもあったのですが、ジャン・ピアジェ
を読み返してみると、教育と学習の区別など、参考になる知見が
たくさんあって、とても得した気分になりました。これだけでも
受験料の元をとったという感想です。

研究テーマとしては、学習学のベースとなる「基礎情報学」や
「進化論」を学ぶのが目標で、西垣通先生の研究室に入れていた
だくことになっています。私なりにいろいろ検討したのですが、
「情報が介在しない学習は存在しない」
「あらゆる学習には情報が介在する」
と現時点では考えているからです。

当然、私が研究室の最年長かと思いきや、何と博士課程1年はに、
私よりもさらに年上の先輩女性もいらして、生涯学習時代になっ
ていることを実感しました。

母校を卒業して四半世紀。古い建物はそのままの佇まいを残して
いますが、本郷のキャンパスにも新しい建物や、スターバックス、
ローソンも立ち並ぶようになりました。週2日のペースで、若い
学生たちと机を並べながら、学習者としての視点で、学び続けて
いきたいと思っています。

(本間正人)


============================================================

■2.研修講師塾  次回開催期日のお知らせ
      (5月開催コース/8月開催コース)

============================================================

この講座は研修講師の基礎を勉強したい方
すでに講師としてご活躍されていて
  研修参加者ともっと一体感を持った研修をしたい方
  自分らしさを発揮して研修をファシリテーションしたい方
にお勧めです。


●  第4回(F4)
    2007年5月3日(木・祝)~5月5日(土・祝)
    都心のホテルが割引価格になるGW開催日程です。
    残席が少なくなってまいりました。
    ご希望の方は、お早目にお申し込み願います。

●  第5回(F5)
    2007年8月17日(金)~19日(土)
    ご希望の多かったお盆休み後半に開催します。
    こちらはまだ余裕があります。

●  講師:本間正人

●  プログラム詳細:
http://www.learnology.co.jp/training/index.html
こちらをご覧下さい。そして、
参加者の方のご要望を最大限に反映して柔軟に対応します。
「これが知りたい」「こういう力を磨きたい」
というアイディアをあたためてご参加していただくとうれしいです。

●  会場:「らーのろじー」セミナールーム
          (丸ノ内線・大江戸線  本郷三丁目  徒歩4分)
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.42.20.779&el=139.45.47.358
        *B1Fの「チムニー」の看板が目印です。

●  参加費:168,000円(税込み)

●  お申込み:info@learnology.co.jp    宛てに
                1)参加回:F4(5月)またはF5(8月)
                2)お名前
                3)会社名・所属
                4)電子メールアドレス
                5)緊急連絡先        
              を明記の上お申し込みください。
              振込先等をご連絡いたします。

              参加費のお振込みが確認できた時点で
              お席を確保いたします。


============================================================

■3.研修講師塾  コンテンツコース【NEW】7月開催!

============================================================

「ブラインド・ウォーク」や「ヒーロー・インタビュー」など、
本間正人のコーチング研修の定番エクササイズのインストラクシ
ョンやふりかえりレクチャーのポイントを惜しみなく伝授します。
本間が実施した後、パート別にインストラクションやレクチャー
をご担当いただき、相互にフィードバックしあいます。

ご紹介する主な項目:
  ブラインド・ウォーク
  ヒーロー・インタビュー
  ブレーン・ストーミング「よい上司の条件」(さんま方式)
  やる気グラフ(→「部下のやる気を引き出すために」)
  効果的なほめ方、叱り方
  春夏秋冬(効果的なメッセージの伝え方)
  コーチングのロールプレイ

対象者:原則的に2005年1月以来「研修講師養成塾」「研修講師塾」
        基本コースを修了された方。未修了の方で、講師経験の長い方
        については、後から、基本コースにご参加いただくことを参加
        要件とさせていただきます。また事前に「入門ビジネスコーチ
        ング」(PHP研究所)、「日経文庫コーチング入門」をお読みい
        ただき、十分に内容を消化した上でご参加下さい。

修了者:基本コース、コンテンツコースの両方を修了した方には、修了証
        を発行し、らーのろじー株式会社とライセンス契約を結んでいた
        だきます。

●  2007年7月14日(土)~16日(月・海の日)

●  講師:本間正人

●  会場:「らーのろじー」セミナールーム

●  参加費:210,000円(税込み)

●  特別枠:「キャプテンシップ研修講師養成講座」
            「マネジャーシップ研修講師養成講座」をすでに修了された方につ
            いては、先着順若干名に限り、5万円(税込52,500円)で再参加
            していただけるように枠を確保します。



============================================================

■4.新連載開始
      二木郷子「いつしか学習の日々」vol.1  ~桜の入学式~

============================================================


入学式は、「桜」のイメージと分かちがたく結びついている。
しかし誰しも、小・中・高…と、過去数回経験した入学式の記憶をたどれば、
それぞれの桜のイメージは決して同一ではないことに気づくだろう。

小学校入学時の桜は「希望」に満ちている。
黒板にはかわいらしく桜型に切った色画用紙が貼られ、
新一年生たちは、咲き誇る桜の木の下で記念写真に納まる。

中・高では――校庭に桜の一本や二本は植わっていたろうが、新入生は上の空だ。
不安、自意識過剰、ときには恋心。少年少女は目の前一寸の気持ちに揺れ、
散り初めた花びらは、その上を無関心に舞っている。

そして大学となると、今度は「花吹雪」状態となる。
おびただしいサークルの勧誘に立ち往生し、
夜な夜な花見で酔っぱらう若者たちは、
自由で不可解で、ときに猥雑な生活に巻き込まれていく
(そうでない学生さんもおられるだろうが)。

幼年期の入学の折、希望の象徴として「花開いた」桜は、こうして大きく変質する。
青年期の入学では、惑いつつ激しく「散る」ことに、桜との著しい相似が現れる。

しかし本当の学びは、このようなupsetのあとから始まるのではないだろうか。
嵐が吹き荒れたあとの広野にひとり立つ青年は、おもむろに、
散らばった自分のカケラを再び組み上げていくのではないだろうか。

年々気温の上がる日本の春。桜の花は、もう新入生を待ってはくれない。
この春も、桜の終わった校庭で新入生は入学を迎えるのだろう。
しかし花はなくとも、新緑が彼らを待っている。
彼らは緑の桜木の下で、再び希望を携えて、自分だけの枝を広げていくのだろう。


============================================================

■5.寺子屋ら~のろじすと  「知ってて得するほめ言葉」

============================================================

新入社員が配属になる時期は、先輩社員たちにも緊張感が出てきます。


そんなときに一言。

「面倒見がいいね」(ほめ言葉ハンドブックより)

この時期は、新人のお手本となってもらうよう、先輩社員をうまく育成する絶好の機会です。
タイミングよく、先輩社員をほめることで、成長を加速することが出来るかもしれません。

もっとほめ上手になりたい方には

「やる気を引き出す!ほめ言葉ハンドブック」
本間正人・祐川京子  著
をお勧めします。

アマゾン
http://astore.amazon.co.jp/learnolocojp-22/detail/4569659233/250-0902266-7061852

(浅沼真由美)


============================================================

■6.編集後記

============================================================

4月は年度の初めですね。新学期に併せていろいろな本も発売されています。
「習い事の本は4月5月の売り上げがダントツに良い」と聞いたことがあります。
三日坊主ならぬ、4月坊主?
今年の学びのテーマは何にしようかなぁ・・・と模索中です。
みなさんの学びのテーマは何ですか。
面白いテーマ、らーのろじーで聞いてみたいセミナー等ありましたら
ご意見、ご要望をお寄せ下さい。(浅沼真由美)


天平美人・浅沼真由美さんには、半年間、編集者をお願いしてきましたが、
今回が最終回です。ありがとうございました!
次号からは、らーのろじー(株)コーディネーターの富田愛里が編集を担
当します。また、今号から二木郷子さんの連載がスタートしました。研ぎ
すまされた感性から紡ぎだされるエッセイをぜひご愛読下さい。(本間正人)


------------------------------------------------------------
■■  最後までお読みいただきありがとうございました。  ■■
------------------------------------------------------------

【お便り募集しています】

・ご質問、ご感想、お悩み事
・取り上げてほしいテーマ

  等ありましたら、お気軽にメールをください。
  メールはこちらまで  info@learnology.co.jp  

【発行者】らーのろじー株式会社
            http://www.learnology.co.jp/
【責任者】本間正人
【編集者】天平美人  浅沼真由美
【編集者見習い】  富田愛里
【e-mail】info@learnology.co.jp
【mag2ID】0000127986
【登録変更・解除】http://www.mag2.com/m/0000127986.html

↑ページ先頭に戻る