メルマガバックナンバー

2007年01月11日

○o。. ○o。. ○o。. ○o。... 。o○ .。o○ .。o○ .。o○
        
          学びを科学する  ら~のろじすと

    ~~組織と個人の可能性を開くメルマガ~~

  ホームページ:http://www.learnology.co.jp/

○o。. ○o。. ○o。. ○o。... 。o○ .。o○ .。o○ .。o○


寒中お見舞い申し上げます。
昨年は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いします。



>>>>CONTENTS<<<<

1.新年のご挨拶

2.2月10日~12日  「研修講師塾」次回開催のお知らせ

3.寺子屋ら~のろじすと「心のお年玉  ほめる」

4.編集後記


============================================================
■1.新年のご挨拶(本間正人)
============================================================

「政経塾に入って、君たちは何と戦うと思っている?」 

質問の主は、PHPの現社長である江口克彦氏。僕が松下
政経塾に入塾した1982年。恒例の関西研修の一環と
して、塾の参与をつとめていらした江口氏の講話を伺う
機会がありました。 
 
大学を出たばかりの新入塾生は、意表をつく難問に頭を
ひねります。

「権力」
「旧体制」
「既得権益」
「官僚制」
「腐敗」
........ 

 
江口「違うんだ。君たちの戦いは、時間との戦いだ。」 
  
当時の僕には、いまいちピンと来なかったけれど、 
当時の江口さんの年齢を追い越した今「時間との戦い」 
という気持ちはよくわかります。今年を、そして、 
「一週間=168時間」を、大切に生きたいという気持 
ちも強まる一方です。ただ、できれば、時間を敵にま
わす のではなく、「時間を味方につける」生き方を
したいなあと思っています。 

今年は年男。学びと思索を深め、これからの12年の
ビジョンを再構築する1年にしようと思っています。
 
今年もよろしくお願いします。
                                      (本間正人)   


★1月25日の勉強会のご案内★
2007年1月25日(木)19ー21時、本郷のセミナールームで
「シリコンバレーからの視点。  今なぜバイタリジェンスが必要か」
というテーマで、IMAnet, Inc.代表取締役の八木博氏(Ph.D.)の
講演会&勉強会を開催します。ご経歴は下記サイトを御覧下さい。
http://www.imanetinc.com/mng_j.html
人財と技術のコンサルタントとして、日米のパイプ役として活躍され、
日本の大学の最新研究成果を米国に広く紹介し、米大学や企業との提
携を促進するJUNBA(サンフランシスコ・ベイエリア大学間連携
ネットワーク)の創設者でもあります。まだ若干、席がありますので
参加ご希望の方は ws@learnology.co.jp 宛に「八木氏勉強会」
と明記の上、お申し込み下さい。(参加費無料です)


============================================================
■2.研修講師塾  基本コース  開催のお知らせ
      (2007年2月10日~12日)
============================================================

      研修講師塾は、講師自らが学び
      そして、その学びを即実践&ブラッシュアップできる場です。

      2007年度新入社員研修に間に合う
      2月コースをお知らせします。


研修講師塾は
「学びを科学する」本間正人が  現場で培ってきた
 十数年実践したきたネタ・コツを学ぶことのできる講座です。

具体的には
「アイスブレーキングの理論と具体的方法」
「インストラクションのツボ」
「自分らしい教え方、伝え方」等々

  研修講師として必要なスキルのみならず、
  自分のオリジナリティをどのように演出するかが学べます。

  次回下記日程で開催です。
  皆様のご参加お待ちしております。


●  講師:本間正人

●  日時:
    2007年2月10日(土)11日(日)12日(月・祝)
            10:00~17:00

●  会場:「らーのろじー」セミナールーム
            (本郷三丁目  徒歩4分)
  http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.42.20.779&el=139.45.47.358

●  参加費:168,000円(税込み)

●  お申込み:ws@learnology.co.jp    宛てに
                1)お名前
                2)会社名・所属
                3)電子メールアドレス
                4)緊急連絡先        
              を明記の上お申し込みください。
              振込先等をご連絡いたします。

              参加費のお振込みが確認できた時点で
              お席を確保いたします。


皆様とお会いできること楽しみにしております。

============================================================
■3.寺子屋ら~のろじすと    「心のお年玉  ほめる」
============================================================

小さかった頃、お正月になると「お年玉」が楽しみでした。
でも、大人になると、お年玉をあげる役になり、懐が・・・です。
大人同士では現金のお年玉交換はしませんが、
「ほめる」という「心のお年玉」のプレゼントはいかがでしょうか。

「ほめる」は相手の言動を認めることから始まります。

でも、「いいところなんて、そうそう見つからない」
と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回の寺子屋では「ほめるコツ」をお伝えします。

●ほめ方初級(Have)

  ほめかた初級は
  まず、相手の持っているものをほめてみましょう。
  その日の服装や、時計、かばん等持ち物が素敵だなぁと思ったら
  そのまま「今日の服装素敵ですね」
  「その色のシャツ(ネクタイ)お似合いですね」
  
  まずは、思ったことを口に出してみることから始めませんか。

●ほめ方中級(Do)
  
  中級編は、相手の行動をほめる、認めるです。
  一緒の仕事をしてくれたとき、相手がしてくれた具体的なことを
  ほめる、認めることをしてみましょう。
  例えば、
  「この間の資料レイアウト、見易くて良かったよ」等です。

  あまり上手く言えないなぁと思った方は、
  まず、何かしてもらったら「ありがとう」と伝えることから
  始めてみるのはいかがでしょうか。

●ほめかた上級編(Be)

  上級編は、相手の存在をほめる、認めるです。
  これは、相手のBeingについて、フィードバックするので、
  常日頃から、相手とコミュニケーションをとっていることが
  必要です。
  具体的には、
「仕事のときに、いつも丁寧な心遣いありがとう」等です。

  上級編なので、難しそうですが、
  貴方が相手に感じている気持ちを言葉にすることから
  始めてみるといいかもしれません。


毎日一緒に仕事をしている相手に対して、急にほめる・認めるのは
難しいかしいと思うかもしれません。
心のお年玉  として  周りの方に一言声を掛けてみると、
新しい関係が始まるかもしれません。
是非、お試し下さい。
(浅沼真由美)



*本間正人・祐川京子『ほめ言葉ハンドブック』(PHP研究所)
  紫色の新書判!現在、好評発売中です!


============================================================
■4.編集後記
============================================================
皆様、年末年始はいかがお過ごしでしたか。今年のお正月は暖かい日が続きました。
スキーやスノーボードをする方には雪が気になるお正月だったのではないでしょうか。
私は、久しぶりにのんびりと自宅で過ごすお正月でした。

今年は猪年ですね。猪突猛進しつつ、時には立ち止まって周囲を見渡しながら
今年一年を過ごしていきますので、よろしくお願い致します。
(浅沼真由美)

------------------------------------------------------------
■■  最後までお読みいただきありがとうございました。  ■■
------------------------------------------------------------

【お便り募集しています】

・ご質問、ご感想、お悩み事
・取り上げてほしいテーマ

  等ありましたら、お気軽にメールをください。
  メールはこちらまで  ceo@learnology.co.jp  

【発行者】らーのろじー株式会社
            http://www.learnology.co.jp/
【責任者】本間正人
【編集者】天平美人  浅沼真由美
【e-mail】ceo@learnology.co.jp
【mag2ID】0000127986
【登録変更・解除】http://www.mag2.com/m/0000127986.html

↑ページ先頭に戻る