メルマガバックナンバー

2005年09月16日

■■□□===============================================

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  
  ┃      「 LEARNING   AVENUE  」      9月号
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……              

=================================================== □□■■  

【_1_】学習学コラム 『コーチング研修の次に来るもの』
【_2_】秋の公開講座 『グループコーチング』【NEW】
                     『セルフコーチング』【NEW】
【_3_】研修講師養成塾
          応用コース 『メンタルヘルス研修講師』9月9、10日報告
          基本コース 『第6期』9月17~19日(土~月)満員御礼!
【_4_】研修講師養成塾の予定(12月は京都でも開催!)
=================================================== □□■■  

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  【_1_】   学習学コラム  『コーチング研修の次に来るもの』
┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

多くの企業が、管理職を対象とした「コーチング研修」を実施して
きました。傾聴や質問、承認などのスキルが、コンパクトに学べ、
目標管理にも役立つということで、今や定番メニューの一つになっ
た感があります。

企業の方のお話を伺うと、次の課題は「個人の能力向上をいかに企
業の業績改善につなげていくか」、つまり、「組織開発にコーチン
グを活用するプログラム」を求めているというのです。また、「上
司からコーチングを受けるのを待つのではなく、コーチングの発想
とスキルを自分自身に応用することができないか」という声もよく
耳にします。

そこで、『グループコーチング』『セルフコーチング』の2つのプ
ログラムを新開発しました。

『グループコーチング』とは、「企業の管理職が、自分の担当する
部門の業績をあげるために、様々なモードでコーチングのスキルを
活用すること」と定義できます。たとえば、「1対多のコーチング」
は、1人の管理職が、部下を4、5人集め、具体的な課題について、
みんなの前でコーチングし、衆知を集める方法です。このほか、
「ペアコーチング」や「リレーコーチング」など、目的に応じてモ
ードを使い分けるアプローチが有効です。

他方『セルフコーチング』は、問題に遭遇した時に、システマティ
ックに内省し、自ら活路を発見する力を伸ばす方法です。それは、
単に「問題解決能力の向上」にとどまらず、自分自身の意欲を引き
出したり、あるいは、状況そのものを違う角度から見ることができ
る力などを含みます。

1対1で、上司が部下をコーチングすることが、すべての基本です
が、実は、様々な場面でコーチングのスキルの応用が可能です最近、
注目を集めているファシリテーションも、いかに指示を出すかとい
うアウトプット能力だけでなく、いかにメンバーを観察し、話を聴
くか、というインプットの力が重要です。「必ず」とは言いません
が、良いファシリテーターは、高いコーチング能力を持っているこ
とが多いものです。

学習学の基本理念の1つは「個人も組織も学習する存在である」と
いうことです。ですから、個人の強みを引き出すコーチングの手法
を、組織のパワーを引き出す取り組みに活用するのは、当然の展開
と言えるでしょう。                       (本間正人)


===============================
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  【_2_】   秋の公開講座 『グループコーチング』【NEW】
┃                         『セルフコーチング』【NEW】                                        
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

どちらの講座も、コーチングをある程度、学んだことのある方を
対象としますが、まったく初めてという方でも無理なくご参加い
ただけます。企業の人事研修、組織開発、企画戦略、コーチ、講
師、コンサルタントなどはもちろん、幅広い業種、立場の方のご
参考になると思います。遠隔地からご参加の方の便宜を考慮して、
土日に連続開催することにしました。これまでの本間のコーチン
グ公開講座と内容の重複はほとんどありません。「オール新ネタ」
でのぞみたいと思います。

◇    日時  :
『グループコーチング』10月8日(土)   10:00~17:00
『セルフコーチング』  10月9日(日)   10:00~17:00

以下は両プログラム共通です。
◇    講師  :  本間 正人
◇    場所  :  外苑前ラーノロジー・セミナールーム
◇    参加費:  50,000円  (消費税込52,500円)  
◇    お申し込み:ws@learnology.co.jp までメールで御願いします。
        「グループ」「セルフ」「両方」を明記して下さい。
                        
===============================
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【_3_】  研修講師養成塾
┃          応用コース 『メンタルヘルス研修講師』9月9、10日報告
┃          基本コース 『第6期』  9月17~19日(土~月)満員御礼!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

高原恵子先生が開発した「メンタルヘルス研修」のコンテンツを
2日間で伝授するプログラムも、大好評のうちに修了しました。
アンケートの中からいくつかコメントをご紹介します。

◎メンタルヘルス全般について、かなり詳しい知識・考え方を知
ることができた。ストレスおよびうつ病の知識を社内で徹底する
ことで、ストレス耐性を上げ、疾病の予防ができる。上司は、部
下が健康で働けるようにする責任がある。
(会社役員、男性)

◎ 参加者の意識が高く、他の方の発表からも学ぶことが山のよう
にありました。研修を聞いて、すぐに発表することで、定着度が
上がったと思います。思いきって参加して良かったです。
(専門職、女性)

◎ストレスはコントロールできないものではなく、ストレス耐性
を高められる、ということが印象に残りました。人とかみあわな
い、コミュニケーションがとりくい、苦手だ、などと思うのには、
理由があり、対処できるのだとわかって、よかったです。
(企業管理職、女性)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【_4_】  研修講師養成塾の予定(12月は京都でも開催!)
┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

「JMAM人材教育」誌で「研修ファシリテーター入門講座」を現在、
連載しています。講師の心構えや準備などについては、そちらも
お読みいただくことにして、「研修講師養成塾」基本コース(3
日コース)は、さらに、実践重視・体験型のプログラムへと進化
させていきます。本間正人が培ってきたノウハウを、科学的に体
系化し、凝縮して公開しています。

内容としては「研修の目的の見直し」「インストラクションのツ
ボ」「アイスブレーキングのレパートリー」「答えにくい質問へ
の対応」「研修企画力向上」「発声訓練」「朗読」など、学習学
の理論に基づいて、講師としての基本能力を高めるものです。

社内講師の方、これから講師業に挑戦しようという方、あるいは、
さらにファシリテーションの力量を高めようという方にとって即、
役立つヒントをふんだんに盛り込みます。ぜひ、ご参加下さい。

第7期基本コース
  ◇ 講師    :  本間 正人
  ◇ 日時    :  11月18日(金)、19日(土)、20日(日)
                   各日とも 10:00~17:00
  ◇ 会場    :  北青山  ラーノロジーセミナールーム
  ◇ 参加費  :  160,000円  (税込168,000円)
                  *来年から価格改定の予定です。
  ◇ お申込み:  ws@learnology.co.jpまでメールで御願いします。    
                      件名に「T7」とお書き下さい。

第8期基本コース(初めて関西で開催します!)
  ◇ 講師    :  本間 正人
  ◇ 日時    :  12月16日(金)、17日(土)、18日(日)
                   各日とも 10:00~17:00
  ◇ 会場    :  キャンパスプラザ(JR京都駅前)
  ◇ 参加費  :  160,000円  (税込168,000円)
                  *来年から価格改定の予定です。
  ◇ お申込み:  ws@learnology.co.jpまでメールで御願いします。    
                      件名に「T8」とお書き下さい。


======================================================

      ■□  人生から学び、人間として成長する □■
      ■□    それが学習学(ラーノロジー)   □■

======================================================

         LEARNING   AVENUE   9月号            2005.9.16

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
このメールマガジンは『まぐまぐ!』  
http://www.mag2.com
を利用して発行しています。配信中止はこちら
http://www.learnology.co.jp/service/index.html

発行人:本間正人 (ラーノロジー代表)
編集人:松瀬理保 (AIコンサルティングジャパン代表)

〒107-0061
東京都港区北青山2-2-5  青山永井ビル3F  
有限会社ラーノロジー Learnology.  Co. Ltd.    
http://www.learnology.co.jp

====================================================

↑ページ先頭に戻る