メルマガバックナンバー

2005年06月15日

■■□□===============================================

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  
  ┃      「 LEARNING   AVENUE  」      Vol. 6
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……              

=============================================== □□■■  

【_1_】   本間正人の学習学コラム  
                「組織活性化のキーワード」
【_2_】   7月9日「AIと学習する組織」1日セミナー  開催決定!       
【_3_】   《連載》  AI (アプリシアティブ・インクワイヤリー)
                ~AIの5つの特徴~  
【_4_】  「強み」を活かすコーチング  セミナー  ★開催迫る★  
【_5_】   研修講師養成塾  第5期  7月16~18日  好評受付中

======================================================
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  【_1_】   本間正人の学習学コラム  
┃                            「組織活性化のキーワード」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

  組織の活性化のために必要な処方箋は、企業ごとに異なるので、一般
論を語るのは、とても難しいのですが、あえて3つのキーワードをあげ
るとすれば、「共有、協力、競争」の3つになると思います。業績の良
い会社は、協力原理と競争原理のバランスがとれているもの。協力ばか
りでは「なれ合い」に陥りますし、競争ばかりでは「ぎすぎす、殺伐」
とした会社になってしまいます。
  さらに何を共有するかと問われれば「ビジョン、成功体験、緊急感」
と私は答えます。どんなに優秀な人材がそろっていても、組織がどこに
向かっているのか、目指すべきビジョンが共有されていなければ、各人、
各セクションの動きはてんでばらばらになってしまいます。ビジョンの
共有には、不断のコミュニケーションの努力が不可欠です。そして、ビ
ジョン構築のプロセスに多くの人々を当事者として巻き込む方法が、今
後ますます重視されていくと考えられます。
  次に、成功体験ですが、うまくいっている人のノウハウが、他のメン
バーにも共有されている組織と、属人的に抱えこまれている組織では、
全体の業績には大きな差が付きます。ところが、成果主義の時代には、
同業他社よりも、自社の自部門の同僚が、最大のライバルになってしま
います。そうすると、自分の成功体験は、同僚にだけは教えたくない、
という心理が働きます。そんな時代だからこそ、成功体験を公開する経
済的・心理的インセンティブを提供することが不可欠なのです。
  
  最後に、緊急感ですが、経営トップが「このままではいけない」と感
じていても、現場までその認識はなかなか伝わらないもの。時には、
「冬のメッセージ」や「ショック療法」などインパクトのある仕掛けを
講じて、重要なメッセージを伝える工夫が必要です。私は、一般的な
「危機感」ではなく、あえて「緊急感」という言葉を使います。「危機」
という言葉は、行動にブレーキをかけてしまうので、私は「緊急感」を
好んでいます。迅速に組織変革に取り組めば、ピンチが実はチャンスで
あったということもよくあるからです。              (本間  正人)

===============================
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【_2_】7月9日(土)「AIと学習する組織」1日セミナー開催!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……
  
  AI(Appreciative Inquiry)は、英国航空・ノキア・BPを初め多く
の企業で確かな業績を上げる最新の組織開発手法で、昨年のASTDで
創始者が特別賞を受賞してから、日本でも一気に注目を集めています。
米国では、ピーター・センゲ博士らが提唱する「学習する組織」の考え
方や取り組みは、広く普及していますが、日本ではまだまだ耳新しい概
念かも知れません。一つの理由は、「学習する組織」の到達点は示され
ていても、それをどう実現するかという移行のシナリオがはっきりして
いなかったことではないでしょうか。
これまで弊社メルマガでご紹介してきたAIは、学習する組織を実現す
る方法論の1つとも言えるものです。組織の持つ可能性や強みを発見し、
共有し、新しいビジョンを構築していくことは、まさに組織の学習その
ものだからです。
  企業の人事・研修ご担当の方はもとより、企画・戦略部門の方にも、
ぜひこの機会にAI組織開発手法の一端に触れていただければ幸いです。

  ◇ 講師    : 松瀬 理保、本間 正人   .
  ◇ 日時    : 7月9日(土)   10:00~17:00
  ◇ 参加費 : 28,000円  (消費税込29,400円)  
  ◇ 定員    : 18名
  ◇ お申込み:ws@learnology.co.jp  までメールで御願いします。
                  「AI」とお書きください。

===============================
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【_3_】《連載》AI(アプリシアティブ・インクワイヤリー)    
┃                   ~AIの5つの特徴~
┃                    松瀬  理保  (http://www.aicj.co.jp/)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

  AIがこれまでの組織変革の試みと、どこが違うのかというご質問を
よく頂戴します。もちろん、AIは従来の取り組みを全面的に否定する
ものではありません。これまでの手法を補完し、さらに大きな成果をあ
げることが可能です。今回は、AIの発想の特徴を5点に集約して紹介
しましょう。

(1)    『問題解決ではなく理想実現』
  これまでの問題解決型の組織変革の取り組みは、ともすれば、組織の
中でうまくいっていない課題に着眼して、その修復をはかる発想でした。
AIでは、組織や個人が本来持っている可能性に注目して、それを引き
出すことにより、理想の未来を実現するというアプローチをとります。
(2)    『上位下達ではなく全員参加』
  組織変革の取り組みが機能する上で、経営トップがコミットすること
が必要です。ただ、首脳部だけで決めたことが、指示命令の形で現場に
伝えられ、一般社員は言われたままにそれをこなすという図式では、真
の変革は困難です。AIでは、ビジョンの構築するプロセスに、末端の
従業員まで参加するので、「自分達の組織」「自分達の改革」という当
事者意識が高まります。
(3)    『変革の方向性とエネルギーの両面作戦』
  何をすべきかはわかっていても、行動に移さなければ「絵に描いた餅」
に終わってしまいます。AIのプロセスは、社員のモーティベーション
を高める心理的な効果もあります。つまり、方向性を示す通常のコンサ
ルティングが「カーナビ」であれば、AIは「エンジン」の機能も果た
すので、前進するパワーが高まるのです。
(4)    『AIはシンプル』
  従来の組織変革の手法は、ともすれば難しいという印象を伴いました
が、AIはきわめてシンプルで楽しいプロセスです。4Dモデルのイン
タビューは、研修や小集団活動に慣れていない会社の社員でも抵抗感な
く参加できます。また、AIのプロトコル(手順)は、それ自体にアイ
スブレーキングの効果が大きいので、熟練したファシリテーターを、毎
回外部から招聘しなくとも、ある程度のトレーニングを受けた社内要員
が実施することも可能です。
(5)    『思わぬ成果が得られることも』
  普通の組織変革の成果は、計画を立案した人の予測の「想定内」のも
のにとどまるでしょう。ところが、AIでは、組織のメンバー一人一人
の自発的な創造性が引き出されるので、誰も予想しえなかったプロジェ
クトチームが誕生したり、驚くほど盛り上がる場合があります。改革の
イニシアティブそのものが、「命」をもち、組織のDNAの一部となり
ます。
                        (AIコンサルタント  松瀬  理保)

===============================
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【_4_】     6月18日(土)  10:00~17:00        
┃        「強み」を活かす  コーチング公開講座  ◆開催迫る◆
┃      http://www.learnology.co.jp/open_lecture/index.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

「強み」を引き出すコーチングを、公開講座として開催します。
コーチや上司が自らの「強み」を再発見し、また、クライアントや部下
の「強み」を引き出し、活かす方法に焦点をあてた1日プログラムです。                    
AIのエッセンスであるポジティブコア(強み・可能性)を個人の内側
から引き出すエクササイズを体験していただきます。是非、ご参加下さ
い。

  ◇ 講師    : 本間  正人   .
  ◇ 日時    : 6月18日(土)   10:00~17:00
  ◇ 参加費  : 28,000円  (消費税込29,400円)  
  ◇ 定員    : 16名
  ◇ お申込み:ws@learnology.co.jp  までメールで御願いします。
              「コーチングセミナー」とお書きください。

※  過去に弊社で開催したコーチング研修と、多少の内容の重複
     がありますので、予めご了解下さい。
===============================

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【_5_】研修講師養成塾 第5期7月16~18日(土~月) 祝開講  
┃                                          ★好評受付中★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

  ◇ 講師    :  本間 正人
  ◇ 日時    :  7月16日(土)、17日(日)、18日(月、祝日)
                   各日とも 10:00~17:00
  ◇ 開場    :  北青山  ラーノロジーセミナールーム
  ◇ 参加費  :  160,000円  (税込168,000円)
  ◇ お申込み:  ws@learnology.co.jpまでメールで御願いします。    
                   件名に「T5」とお書き下さい。

  今年1月から4回開催し、毎回ご好評をいただいている「研修講師養成
塾」基本コース(3日コース)の第5期の募集です。これから講師を目指
す方から、年間100日以上の実績を持つベテランまで、新鮮な気持ちで
学びあい、技を磨きあう修行の時間です。

  内容としては「研修の目的の見直し」「インストラクションの仕方」
「アイスブレーキングのレパートリー拡大」「答えにくい質問への対応」
「プログラミングのツボ」「発声訓練」「朗読」など、学習学の理論に基
づいて、講師としての基本能力を高めるものです。本間正人が培ってきた
ノウハウを、凝縮して公開。内容は参加者のニーズにより柔軟に変化しま
すが、即、役立つヒントをふんだんに盛り込みます。

【応用コース】  (2日/3日コース)
原則として基本コース修了者を対象に、「キャプテンシップ研修」、「マ
ネジャーシップ研修」、「メンタルヘルス研修」「AIファシリテーター」
の講師養成プログラムを8月以降開催していきます。詳細は
http://www.learnology.co.jp/training/index.html
をご参照下さい。

======================================================

      ■□  人生から学び、人間として成長する □■
      ■□    それが学習学(ラーノロジー)   □■

======================================================

      LEARNING   AVENUE   第6号              2005.6.15

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
このメールマガジンは『まぐまぐ!』  
http://www.mag2.com
を利用して発行しています。配信中止はこちら
http://www.learnology.co.jp/service/index.html

発行人:本間正人 (ラーノロジー代表)
編集人:松瀬理保 (AIコンサルティングジャパン代表)

〒107-0061
東京都港区北青山2-2-5  青山永井ビル3F  
有限会社ラーノロジー Learnology.  Co. Ltd.    
http://www.learnology.co.jp

====================================================

↑ページ先頭に戻る