メルマガバックナンバー

2004年11月11日

======================================================
              ◆  LEARNING HARMONY  号外  ◆
          できる人は一週間を「168時間」で考えている
       http://www.learnology.co.jp/news/index.html
======================================================

■ 中経出版から好評発売中(早くも第3刷決定!!)

    できる人は1週間を「168時間」で考えている
                    --- バランスよく時間を管理する技術

■ 著者(本間 正人)からのメッセージ

  1週間は24×7=168時間です。ところが、この168という
数字を、日頃、意識している人は少ないのではないでしょうか?
  7日間のうち5日働いている円グラフを見ると、重苦しい印象を
持ちますが、168時間のうち40~50時間という労働時間だと
思えば、ずいぶん気持ちが楽になります。
  この本は、168時間に隙間なくぎっしり予定を組もう、という
本ではありません。充実感はあったけれども、ちっとも幸せではな
かったというのでは、あまりにもったいないからです。
  キーワードは「タイムデザイン」。あれもこれもと素材を詰め込
みすぎると、素敵な絵になりません。美しいと思う絵には「余白が
ある」「奥行きが感じられる」「質感が豊か」「タッチがいい」な
どという秘訣があります。
  私自身、根性論は苦手ですから、あまり無理をしないで、長続き
できるような時間活用の工夫を紹介したものです。たとえば「4分
メニュー」「80分メニュー」「Storyの法則」「Wedgeの法則」
そして「未来予想図」などなど。ちょっと視点を変えるだけで、価
値ある時間の使い方が可能になるヒント満載です。
  時間がない、と嘆いている方、本書を通じて、時間とのつきあい
方を見直してみませんか!


=======================================================
              秋から冬の公開講座のご案内

■11月28日(日) AIと学習する組織  1日セミナー【残席わずか】
■1月14日~16日(金土日)Theファシリテーター・講師養成基本講座
=======================================================

■10月23日には、ビジネスコーチングWSが開催され、ご好評を
   いただきました。参加者の方のご感想を一部、ご紹介します。

●コーチングのスキルではなく、「考え方」を体験できる内容が
  素晴らしい。(経営コンサルタント  男性)
●フィナンシャルプランナーとして、顧客のコンサルティングを
  する場で活用できる。説得口調から共同思考パターンになるの
  ではないだろうか。(生保会社  男性)
●1つ1つのエクセサイズの目的の種明かしが抜群だった。
  (金融機関  男性)
●笑いながらあっという間に時間が過ぎた感じです。思い出すと
  きにも楽しめると思いました。(会社員  女性)

今後も、皆様のニーズに合った公開講座を開催してまいりますので、
ぜひ、ご参加下さい。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◆2004年11月28日(日)        【好評第三弾】
            
    「Appreciative Inquiry と 学習する組織」 1日セミナー  
    ~対話をベースにした全員参加型・組織開発の手法~
    
      詳細:http://www.learnology.co.jp/news/1128.pdf
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  9月にマイアミで開催された「AIカンファレンス」の報告
は『JMAM人材教育新年号』に写真入りで掲載される予定です。
AIを導入して組織開発に成功した多くの企業の事例は2月号
で紹介されます。今回のセミナーでは、AIの基本的な考え方
を紹介し、プロトコール(進行手順)に従って、AIのプロセ
スを体験していただくとともに、ピーター・センゲなどの論
客が提唱する「学習する組織」(Learning Organization)
を実現するためのアプローチを検討していきます。

残席わずかとなっております、お早めにお申し込みください。

※  当日はAI創始者クーパーライダー氏出演のビデオ上映
    も予定しております。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◆2005年1月14日~16日  (金・土・日曜日)                        
                
    「本間正人のTheファシリテーター・講師養成」基本講座  

      詳細:http://www.learnology.co.jp/news/0114.pdf
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  対象人数の多い新人研修などでは、社内講師の方が担当する
場合が多いのですが、「あの人は話がうまいから」といった安
直な理由で人選が行なわれ、十分な準備のないまま、前任者の
やり方を踏襲するだけというケースが少なくありません。
  この3日間研修では、「学習学」に基づいた企業内研修のプ
ランニングとファシリテーションのツボを、3日間に凝縮して
公開します。理論的なベースをふまえつつ、実践的に講師とし
ての基本を身につけていただくのが目的です。ある程度、経験
のある方にとっても、ご自身が体験を通じて学び取ってきたこ
とをあらためてふりかえり、磨きをかける機会になることでし
ょう。
  参加者の顔ぶれ・ニーズにより、プログラムは、柔軟に対応
しますが、「インストラクションの仕方」や「答えにくい質問
への対応」など、実地の演習を多数盛り込む予定です。
  なお、参加者の方全員に『本間正人のコーチング』DVD2巻セ
ットを無料で進呈いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※  上記セミナーのお申込みは、ws@learnology.co.jp  
    までメールでお願いします。


=================================================
  ★  『本間  正人のコーチング』  DVD完成  (全2巻)★  
            初版限定価格  2巻20,000円(税込)
            ただし、11月20日申込み分まで!
=================================================

「本間正人のコーチング」DVDは10月の発売開始以来、「研
修所に常備したい」「経営者が集まる勉強会で活用したい」と
いった様々なニーズで、ご購入いただいています。
  内容的には「コーチングとは何か」「傾聴、質問のスキル」
「基本ステップ」など、経営者や管理職、各種リーダーにとっ
て絶対必要なコーチングのエッセンスをDVD2枚に凝縮したも
の。「とてもわかりやすい」「本では伝わりにくいニュアンス
がよくわかった」といった感想が寄せられています。
  初版限定価格  2巻20,000円(税込、送料手数料1000円)
でご提供しましたが、このサービスは11月20日までに、メ
ールでお申込みいただいた分までとさせていただきます。
  それ以降のご注文については、2巻25,000円(税込、送料
手数料1000円)とさせていただきますので、今がご購入いた
だくチャンスです。どうかお見逃しなく。

第1巻
Part I  「コーチングの基本的考え方」
Part II 「目標管理とコーチング」  

第2巻
Part III 「聴くスキル、質問のスキル」
Part IV 「ほめ上手  叱り上手」
Part V  「GROWモデルの活用法」  

※お申込みは dvd@learnology.co.jp までメールで。

===================================================

      ■□  人生から学び、人間として成長する □■
      ■□    それが学習学(ラーノロジー)   □■

===================================================

〒107-0061
東京都港区北青山2-2-5  青山永井ビル3F  
有限会社ラーノロジー
Learnology.  Co. Ltd.    
http://www.learnology.co.jp/
代表  本間  正人           

====================================================
    Learning Harmony ~ 号外        2004.11.11

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
内容についてのご意見やご質問、今後取り上げて欲しい
テーマ、配信停止以外のご連絡はmag@learnology.co.jp
までご返信下さい。
====================================================
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 
http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
配信中止はこちら 
http://www.learnology.co.jp/service/index.html
====================================================

↑ページ先頭に戻る