メルマガバックナンバー

2004年04月09日

===================================================================






1.チームの目標を達成する              2.リーダーもメンバーの一人
    ためには、リーダーが多                  なのだから、その負担は、
    めに負担するのは当然だ。                は均等であるべきだ。

                                                  
                            
                      あなたはどちらに賛成ですか?          


                              
===================================================================
                        ★ 学習学コラム(12)★
===================================================================


■リーダーシップと学習学
    -全体のために自分ができること-

  リーダーシップの定義は、リーダーシップについて書かれた本の数だけ
あると言っても良いほど様々です。私が企業内研修や講演の際に使うのは

(1)ビジョンをわかりやすく伝え、組織全体にビジョンを共有する
(2)自分で自分の「やる気」を引き出すことができる
(3)その人がいることで、切れていたコミュニケーションの回路がつな
      がる
(4)率先垂範し、Let’s の気持ちでみんなの行動を引き出す
(5)目標が与えられるのを待つのではなく、自ら目標を発見・設定する

など、リーダーシップについて、いろいろな角度から光をあてて、私なり
の解説を試みてきました。

  このメルマガの冒頭に掲げた二者択一の質問は、組織の中でリーダー的
役割を担う人が、毎日の業務の中で、しばしば遭遇する問題ではないかと
考えます。

  正しい答えが一通りに決まっている訳ではないので、どちらに賛成して
もOKなのですが、大切なのは、リーダーが「全体のために自分ができる
こと」を意識して見つけていくことではないでしょうか?

  そのために、自らの業務負担を軽くしておいて緊急事態に対応できるよ
うな体制を敷くことが必要な場合もあれば、リーダーが他の誰よりも大量
のワークロードをこなさなくては組織がまわらないという場面もあるでし
ょう。私と椿景子氏が提唱している「キャプテンシップ」(=現場で実際
に行動するプレーヤーとしてのリーダーシップ)では、後者のケースが多
いようです。

  いずれにしても、その状況の中で、求められている役割を認識して、行
動していくことが不可欠と考えられます。そして、状況は千差万別、万差
億別(松下幸之助の好んだ表現)ですから、教科書的に教えることはでき
ません。しかし、人間は、自ら学んでいくことはできます。

  リーダーシップに関する学習は、学習学の重要な柱の1つなのです。

                                                        本間  正人

===================================================================
5月1、2日  本間正人『 The 学習学ワークショップ』開催!
===================================================================

  組織が発展していくにあたって、欠くことができない各個人の成長。
本間正人のライフワークである『学習学』について、「個人の成長」
と「組織の学習」をつなぐという視点から、プログラムを組み立てま
した。今までの本間正人の講座とは、一味も二味も違います。

詳細はこちらから
http://www.learnology.co.jp/news/WS040501c.pdf

===================================================================
                        ★ Fountain of Wisdom(1)★
===================================================================

    命二つの中にいきたる桜かな
                                          松尾芭蕉


  おじいさんは首を捻り車窓から見える桜並木を見つめていました。
無表情に座っていた彼の口許が、ゆっくりゆるんだ姿は、打ち合わせに
向かう私を暖かい気持ちにさせてくれました。美しいものを美しいと感
じる心、それこそが美しいと想うのです。芭蕉が「命」という語を使っ
たのは、よくよく感動した時だとか。美しく咲き誇る桜の命と、それを
感じ取る人の命。どちらも比較できない美しさがあります。
  あなたは今日、すぐそばにある美しい風景や心に触れましたか?

                                                      かすの ちえ


   ==================================================================

          ■□  人生から学び、人間として成長する □■
          ■□    それが学習学(ラーノロジー)   □■

===================================================================
            
〒101-0051千代田区神田神保町1-7日本文芸社7F   ラーノロジー
    Learnology.  Co. Ltd.     http://www.learnology.co.jp/
      代表  本間 正人               
      編集  粕野 智恵
  
*4月7日からNHK教育テレビ「実践ビジネス英会話」の講師として登板。
  水曜夜23:10-23:30です。再放送は火曜朝6:50- 、と昼12:10- です。

*『The 学習学ワークショップ』開催決定!詳細はこちらから
  http://www.learnology.co.jp/news/WS040501c.pdf

===================================================================
    Learning Harmony ~ Vol.30                       2004.04.09

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
内容についてのご意見やご質問、今後取り上げて欲しいテーマ、
配信停止以外のご連絡はmag@learnology.co.jp  までご返信下さい。

(このメールマガジンは、等幅フォントで最適化されています)
===================================================================
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を
利用して発行しています。
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000127986.htm
===================================================================

↑ページ先頭に戻る